できればなるべく感じたくない胸焼けなのですが、
ふと気がつくと胸がムカムカとして何だか焼けるような
あのイヤな胸焼けの症状を感じているものです。

そこで、ここでは胸焼けの治し方について紹介します。
イヤな胸焼けの症状を感じたときには、ぜひ参考にしてみてください。

胸焼けの簡単な治し方とは?

140327_kamakura0333_480_360

食べ過ぎや飲み過ぎによって起こる胸焼け・・・


胸やけを感じたら、すぐに水分を取り、胃液を洗い流すようにしましょう。
ただし、電車などで胸焼けを感じた場合など、手元に水分がない場合もあると思います。
そんなときに胸焼けの簡単な治し方として、唾液があります。

実は唾液は胸焼けを治すだけではなく、その他消化を助ける働き
口臭を除去する働きなど多くの効能を持っている万能薬なのです。
したがって、唾液を出すポイントを知っておくことで
日常生活の中で困ったときには唾液を出して、
胸焼けはもちろんいろいろな症状を解消するようにしましょう。

胃液を洗い流すために十分な唾液が口の中にない場合、
簡単に唾液を出す方法というのがあります。
それは、内側の歯と歯茎のあいだを舌を使って舐めるという方法です。
実際にやってみると、唾液が分泌されているのがわかると思います。

こうして分泌された唾液を飲み込むことで胃液を洗い流し、
イヤな胸焼けの原因となっている胃液の高まりを解消してくれるのです。

また、唾液を分泌することで胸焼けを簡単に予防することもできるのです。
一般的に食後30分間は消化作用のため胃液が多く分泌される時間帯なのです。
よって、この30分間の間にガムなどを噛むなどして
唾液を多く分泌してあげることで胸焼けを予防できるのです。

胸焼けを感じたときの対処法とは?

上では簡単にすぐできる胸焼けの治し方を紹介したので、
ここでは胸焼けに最も効果的な対処法について紹介していきます。
胸焼けの最も効果的な対処法としては、もちろん日々の生活習慣(食生活)の改善です。

しかしながら、今もうすでに起こっている胸焼けに対して何らかの対処をしたい場合、
上半身を高くして寝ることをおススメします。
胸焼けを感じている場合、ただ横になるのも辛いことがあります。
そんなときは、枕や布団を上手く活用して上半身を高くするようにしましょう。
こうすることで、胃酸や食べ物の逆流を防いでくれるのです。

また、胸焼けを感じるときはとにかく何も食べずに
胃の中を空っぽにするという方もいるのですが、
胃にとって1番良い方法は消化に良い食べ物をきちんと摂ることなのです。

ですから、うどんやおかゆなどの消化に良い食べ物をきちんと摂るようにしましょう。

胸焼けの最も効果的な対処法である普段の生活習慣(食生活)の改善としては、
暴飲暴食をしないお酒を飲みすぎないことはもちろん、
夜遅くの飲食カフェインの摂りすぎ香辛料の摂りすぎなどにも注意するようにしましょう。

そして、胸焼けは原因が胃腸の炎症によるものである一方、
ストレスが原因で起こることもあります。
したがって、ストレスを感じないような生活を心がけることも大切になってきます。

そうは言われても、やはり日常生活のどこかではストレスは自然に感じてしまうものです。
そんなときこそ、自分なりのストレス発散方法をきちんと見つけておくことが大事になってきます。

胸焼けを解消するために効果的な飲み物は?

d749b31543ed2adc52efe8da1a1c099d

胸焼けを対処するためには食生活の見直しや改善が最も効果的なのですが、
やはり食生活を見直したり改善するとなると、大変だと思ってしまいがちなのが本心だと思います。

そこで、飲み物だけを見直して改善してみてはいかがでしょうか。
胃酸が多いことが原因で起こる胸焼けを解消するために、効果的な飲み物を紹介していきます。

胸焼けを解消するために最も効果的な飲み物は、牛乳です。
牛乳を飲むことで胃の中に膜をつくることができるので、この膜が胃の粘膜を守ってくれるのです。
よって、胸焼けだけではなく胃もたれや胃が痛いときなど、
胃の調子が悪いときには牛乳を飲むことをおススメします。

ただし、牛乳を飲むとお腹をこわして下痢をしてしまうという方は、
牛乳を冷たいままの状態で飲まずに人肌に温めてから
少しずつお腹を冷やさないように注意しながら飲むようにしましょう。
胸焼けを解消するために飲んだ牛乳で下痢をしてしまっては意味がありません。

牛乳は苦手という方におススメなのが、牛乳の効能と同じように
胃の粘膜を守ってくれる効果が期待できるチーズヨーグルトなどの乳製品です。

特にヨーグルトには胃酸の分泌を抑えてくれる働きがあるため、
胸焼けをしたときには飲むタイプのヨーグルトを飲むこともおススメです。

また同じく、胃酸の分泌を抑えてくれる飲み物としてジャスミンティーもあります。

ジャスミンティーには、興奮した交感神経を落ち着かせてくれる働きがあるので、
胃酸の分泌を抑えてくれるのです。

まとめ

最後になりますが、ふと胸焼けを感じたときはとりあえず唾液や牛乳で対処するようにして、
もちろんそれだけでは根本的な対策にはならないので、
日々の食生活をきちんと見直すようにして、少しでも早くイヤな胸焼けから解放されるようにしましょう。