ここ最近、ずっと胸焼けが続いていて憂鬱…。
今このページを見ているあなたは、そのように胸焼けに悩まされているのでは?

胸焼けの原因も分からないし、胃薬などを飲んで試しても治まってくれない…。
今回はそんなあなたの為に胸焼けが起こる原因や
対処法などについてお話したいと思います!

胸焼けが起こる原因

2015-09-30b

胸焼けが起こる原因は色々あるといわれていますが、
一番多いのはなんらかの原因により、
胃液、胃酸の分泌量が多くなったり濃度が濃くなり、
その濃くなった胃酸が食道などを刺激する事から胸焼けが生じるのだといわれています。

  • 脂っこいものの食べ過ぎ
  • 飲酒
  • ストレス
  • 腹部の圧迫

など、原因は色々ありますが、
殆どはその原因が解消されれば胸焼けは改善されるはずですよね?

では、胸焼けが治まらない時は何が原因?

胸焼けが治まらない原因

大体は胸焼けを起こしても、
数日で改善されると思いますが、数日経っても改善されない場合…
不安になりますよね。

胃酸によって食道を刺激させてしまうことが慢性的になってしまっていたり
胃周辺の粘膜を傷めてしまっているなど。
色々と考えられますが…

その原因のひとつ、逆流性食道炎の可能性も考えられるかも。
他にも原因はあるかもしれませんが、
私自身も体験した逆流性食道炎の可能性も少なからずあるかもしれません。

私も以前、食後の後は決まって必ず胸焼けがして食事が憂鬱になる程でした。
乳製品が良いと聞けば牛乳などを積極的に飲むようにしたり
大根おろしが良いと聞けば大根おろしを積極的に食べ…
胃薬なども試しましたが結局改善されず。

病院で胃カメラ検査を受けたところ、「逆流性食道炎」と診断されました。

それに合った薬を処方してもらってからは、
それまでの胸焼けが嘘のように治まりました。

そこで、本当に逆流性食道炎だったのか…と実感させられましたね(汗)

ですので、何を試しても胸焼けが治まらないという場合は
やはり何らかの異常が体内で起こっているという事なので、
素人判断せず専門のお医者さんに相談してみる事は大事だと思いますね。

日頃の食事や嗜好品、体型も関係している

そうなの?って思われるかもしれませんが、
アルコールはもちろんタバコや体型などが原因で
胸焼けが慢性化している場合もあるんです。

日頃の食事…

脂っこいものや消化の悪いものを食べ続けていると、
胃に負担が掛かるのはなんとなく想像できますよね。
日頃の食事も食材選びは結構重要ということですね。

嗜好品のお酒やタバコ…

お酒も胃に負担を掛けます。
アルコールが胃の粘膜を刺激し
継続して飲酒すれば当然、胃が荒れたりします。
飲酒にも注意が必要です。

タバコも胃に良くないと言われています。
そもそもタバコ自体、体に良いものではありませんから、
体が拒否反応を示し吐き気や胸焼けを起こすなど、
タバコの煙が唾液に混じり、それが胃に流れる事で
悪影響を及ぼすなど、色んな説があるようです。

体型によるもの

お腹周辺に脂肪が付いてしまっていると、腹部を圧迫します。
それが胃を圧迫する事にも繋がり胃酸を逆流させてしまい
胃周辺に刺激を与えてしまうということですね。

このように、胸焼けの原因は色々とあるようです。

健康な体づくりが胸焼け解消に繋がる

2015-09-30c

ここまで、胸焼けが治まらない原因などについてお話してきましたが
改善方法や胸焼け防止には日頃から健康な体づくりが大事なのかもしれませんね。

脂っこくない和食中心の食事や消化の良いものを選ぶよう意識する事や
腹部の圧迫を防ぐ為には、日々適度に体を動かす事を習慣付ける。
お料理をされる場合は胸焼けしにくいオリーブオイルやこめ油のような油に代えてみる事なども効果的です。

お酒やタバコは、少量だったら害はそれ程無いのかもしれませんが
控える事で胸焼け改善に少しでも繋がる。

いずれも、健康な体づくりの要素ですよね♪

胸焼けの不快感で憂鬱になるのは苦痛でしかないので、
その苦痛を排除し快適な生活をおくりたいものですね。