「N-アセチルグルコサミン」は、名前にグルコサミンと入っているのですが、
一般的なグルコサミンとは大きく違います。
簡単に言うと、N-アセチルグルコサミンはグルコサミンの約3倍の力があると言われています。

でも、副作用もやはり気になるところ・・・
ここでは、N‐アセチルグルコサミンについてとその副作用を紹介していきます!

<Sponsored Link>

N‐アセチルグルコサミンとは?

img_hyaluronic-acid

グルコサミンの種類は数多くあるのですが、その中でも注目したいものが
N‐アセチルグルコサミン」です。

実はこのN‐アセチルグルコサミンは自然界に多く存在しているアミノ糖の一種なのです。

人間の体内にもこのN‐アセチルグルコサミンは存在していて、
軟骨や関節液、皮膚、目、脳などに分布しています。

このN‐アセチルグルコサミンはカニやエビから生成されるグルコサミンとは違って、
酵素分解によって抽出されます。
この酵素分解には時間がかかり、塩酸や硫酸を使用する方が
短時間で簡単にグルコサミンを生成できるので、N‐アセチルグルコサミンではなく、
グルコサミン塩酸塩(硫酸塩)の方が広く使用されています。

ただ、今現在はN‐アセチルグルコサミンへの関心が高まってきています。
なぜかというと、他のグルコサミンに比べて体内での吸収率や浸透率が高いとされているからです。
実際に人間の体内にもN‐アセチルグルコサミンの形でグルコサミンは存在しているので、
吸収率がよいというのも納得することができます。
この吸収率は他の同量のグルコサミンと比べると約3倍とも言われていいるのです。

体内での利用効率も良いとされているN‐アセチルグルコサミンは、
他のグルコサミンは少し苦みがあるのに対して、ほのかな甘みを持っています。
よって、とても飲みやすく、毎日飲んでも苦にならないのです。
また、熱にとても強く安定しているという特性を持っているので、変質する心配はありません。

また、N‐アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の主成分であるということです。

純度が高く、不純物が少ない状態でサプリメントに加工することができるため、
他のグルコサミンよりも吸収率が良いことからも即効性を期待することができるのです。

さらに、N‐アセチルグルコサミンは直接繊維芽細胞に働きかける特性を持っていて、
それによってコラーゲンを生成する働きもあります。
ヒアルロン酸とコラーゲンを作り出すことで、膝などの関節痛に効果があるだけでなく、
肌にハリツヤを与える働きもするので美肌への効果もきたいすることができるのです。

ただし、N‐アセチルグルコサミンに生成するのに手間がかかり、
価格も比較的高めになってしまいます。
日本で最も多く販売されているグルコサミン製品はグルコサミン塩酸塩を使用したものなので、
きちんと成分を確かめるようにしましょう。

N‐アセチルグルコサミンを使用したものは比較的高価なのですが、
グルコサミンの含有量が多く、1日に摂取する量が比較的少ないものもあります。
ちゃんと選ぶことでとても経済的で美肌効果も期待できるので、
関節痛だけでなく肌を労わるという観点からもN‐アセチルグルコサミンは女性におススメなのです。

N-アセチルグルコサミンの気になる副作用とは?

o07240483e1361755730124_1

N-アセチルグルコサミンは関節痛だけではなく美肌にも効果を期待することができるのですが、
やはり気になるのは副作用だと思います。ここではN-アセチルグルコサミン副作用について紹介していきます。

結論から言うと、N-アセチルグルコサミンを摂取することによる副作用は
あまり気にしなくていいぐらいのもので、副作用の報告もほとんどありません

ですから、安心して摂取してもらって大丈夫です。
これは、N-アセチルグルコサミンが化学薬品などは一切使ってなく、
天然由来の成分であるということからもわかると思います。

ただし、注意しなくてはいけないことはあります。
例えば糖尿病の方妊娠中の方が摂取するとごく希ではありのですが、
副作用として消化器系の不快感血糖値の上昇体調不良
などの症状がでてくる可能性があるので、
摂取するときは頭の中にいれておくようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、N-アセチルグルコサミンの副作用については
あまり気にしなくてもよいものみたいです。
N-アセチルグルコサミンは関節痛や美肌などにも効果を発揮するようなので、
普段の生活の中にうまく取り入れて活用してみてはいかがでしょうか。