内臓が冷える冷え性は、「内蔵型冷え性」と言われていて、
手足は温かく、お腹(内臓)が冷えるという症状が起こるのです。
内臓の冷えは便秘や下痢を起こしやすくなってしまうようなので、早く解消したいものです。

ここでは内臓の冷えを解消するための方法と内蔵型冷え性の症状とチェック方法について詳しく紹介していきます!

内蔵の冷えを解消するための方法とは?

58699_749_cae02549_fc9e9f9c

内臓の冷えを解消するためには内臓を外側から温める「外側からのケア」と、
食事や運動などをして内側から温める「内側からのケア」を心がけるようにしましょう。

食事に気をつける

内臓の冷えを解消するために、体を冷やす食べ物はなるべく避けるようして、
積極的に体が温まる食べ物を食べる
ことをおススメします。

体を冷やす食べ物は、ビール、さしみ、すし、生野菜、
冷菓子などでこれらは胃に入ると体の熱を奪ってしまうので、内臓が冷えます。
また、夏野菜は温かくして食べても体を冷やす食べ物なので避けましょう。
トマト、キュウリ、そして柿、梨、イチゴなどの果物は避けるようして、体を冷やさないようにしましょう。

体を温める食べ物は、かぼちゃ、かぶ、しょうが、ねぎ、にんにく、
ピーマン、牛肉、鶏肉、レバー類、いわし、酢、みそなどでこれらの食材を積極的に食べるようにしましょう。

また、香辛料は体を温める作用があるので、生姜、唐辛子、
コショウなどをうまく活用して調理してみましょう。

運動をする

運動不足は、内臓の冷えだけではなく、冷え性の原因になってしまいます。
なので、日常的に身体を動かす習慣をつけていくようにしましょう。
運動して筋肉を動かすことで、身体をあたためることがポイントになってきます。

体を保温する

内臓の冷えを解消するために、腹巻きや靴下、重ね着などをして体をきちんと保温することも大切なります。

また、寝ている間は新陳代謝が低下してしまい体が冷えやすいので、
寝るときはきちんと温かくして寝ることも内蔵の冷えを解消するためには重要になります。
夏場にはクーラーのつけっ放しで寝ることは避けるようにしましょう。

そして、お風呂も体を温めるためには効果があります。
ぬるめのお湯に浸かり、下半身をじっくりと温めることで内臓が温まりやすくなるので、おススメです。

リンパマッサージ

体の中心に温かさを取り戻して内臓の冷えを解消するためには、リンパマッサージもおススメです。

リンパとは、血液から栄養分を受け取って細胞に引渡し、
細胞から老廃物を引きとって血液に戻す働きをしています。
このリンパの流れが滞ってしまうと、細胞から老廃物や水分が引き取られなくなり、
むくみや冷えを起こしてしまうのです。

特にお腹まわりは、脂肪がつきやすくリンパの流れも滞りがちなので、
リンパを刺激して、体の血行を良くして、内臓の冷えを解消しましょう。

リンパマッサージ方法

  • 左右の鎖骨、首まわりを優しくほぐす
  • 両脇の下、腕の関節、指先の順で優しく刺激する
  • 指を食い込ませるようにおへそまわりを刺激する
  • 太もものつけねをしっかりと揉みほぐす
  • 膝の裏や足首を優しく揉みほぐし、最後に右の鎖骨をマッサージする

このリンパマッサージはお風呂上りやむくみや冷えが気になるときに行うことで、
滞ったリンパの流れが解消されて体の血行が改善されるので、
体の中(内臓)がぽかぽかと温かくなるのを実感することができると思います。

リンパマッサージで温めた後は内臓を冷やさないように
腹巻を巻くなどして保温をし、熱が逃げないようにしましょう。

ポケットにカイロを入れるとポカポカ暖かいですね(*^^*)

内臓が冷える「内蔵型冷え性」の症状やチェック方法は?

gf1420277872l

内臓が冷える「内臓型冷え性」は、手や足は温かいにも関わらず、
お腹(内臓)が冷えた状態
になることをいいます。

手や足などが冷たいというような自覚症状がないので、
内臓が冷えていることに気が付きにくく、そのまま放置していると、
冷え性が重症化したり、冷えが原因で病気になってしまう恐れもあるようなので注意しましょう。

内蔵型冷え性の症状

  • お腹(内臓)が冷える
  • 厚着をしても身体が冷える
  • 風邪を何回も引いてしまう
  • 体全身のだるさ
  • 冷えがひどく、動けなくなる

内蔵型冷え性のチェック方法

内蔵型冷え性のチェック方法として、体温計で10分間ぐらい脇の下で体温を測り、
36.3度以下のときは、内蔵型冷え性の可能性があるそうです。
体温計で脇の下を10分間測ることで、内臓の温度に近づくといわれています。

また、お腹(内臓)が冷えると下痢便秘になる人もいるようなので、
自分が内臓型冷え症ではないかどうかチェックするようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、内臓の冷える「内蔵型冷え性」は、内臓の代謝を悪くしてしまうようです。

内臓が冷えていると、体温が低くなり、35度台になっている人が多いようです。
体温が35度台になると、抵抗力が弱くなり、病気になりやすくなってしまうのです。

また、内臓の冷えによって内臓の温度が1度低下してしまうと、
本来の代謝率が12%~15%も下がってしまうようで、
内蔵機能が低下して膀胱炎や機能性胃腸障害などを起こしやすくなるので要注意なのです。

ですから、ここで紹介した内臓の冷えを解消する方法をぜひ試していただき、早めに冷えを解消するようにしましょう。