すっかり秋の味覚として定番となったですが
食べ過ぎると大変ってご存知でしたか?

とても瑞々しいので、想像に難くないかもしれませんが
お腹を下してしまったりすることがあります。

アレルギーについても注意すべき点です。
今回はそんな梨のアレルギーや、
食べ合わせについてもご紹介していこうと思います。

<Sponsored Link>

梨の栄養素

2016-12-10b

の果肉は90%近くが水分で、夏バテに最適な果物です。
中には体内の余分な塩分を排出し、
利尿作用もあるカリウムや栄養ドリンクにも配合されている
アスパラギン酸が含まれており女性の大敵である浮腫みにも効果的です。

また、カリウムは血圧を下げる効果もあります。
解熱作用もあるため、高齢者や体温を下げたい時にオススメです。

整腸作用の高いソルビトールという糖も含まれています。
これは低カロリーで虫歯になりにくいことで知られています。
食物繊維も豊富なので、ダイエットにもいいですね。

梨の食べ過ぎ注意!

梨は食物繊維が豊富で、
ソルビトールという糖が含まれており
解熱作用のあるカリウムを含んでいる優秀な果物ですが
これらが仇になる場合もあります。

便秘などに効果がある食物繊維は、
摂り過ぎると消化不良を起こします。

そして、ソルビトールも摂り過ぎると便が緩くなることが。
何事も適量が良いですが、
敏感な人は1個食べただけでも下痢をしてしまうそうなので
食べるときは誰かとシェアするのが良いと思います。

また、解熱作用によりお腹が冷えてしまい、
下痢に繋がることもあります。

シャーベットのように冷えた梨だと尚更です。
それほどお腹が敏感でない人も、
秋の常温で保存するのがベストかもしれません。

体が冷えると身体機能も低下します。
消化不良で吐き気を催したり、
無事に消化しても太ってしまう可能性もあります。

栄養の偏りやカロリーの摂り過ぎにならなければ
食べる量に制限を設ける必要はありませんが
農林水産省では果実の一日の摂取目標を200gに設定しているそうです。

目安にしてみてはいかがでしょうか。

梨と血糖値

梨はとても甘い果物なので、
血糖値が上がると思われている方も多いでしょう。

血糖値が上昇するスピードは
GI値として計上されますが梨のGI値は32だそうです。

果糖の多いバナナは65なので、
梨を食べても血糖値を気にすることはないようです。

糖尿病食事療法の食品交換表を見てみると、
梨の摂取目安量は半玉だそうです。

一部の研究結果には、果物の摂取そのものが
糖尿病予防に繋がると出ているそうで
一玉食べてしまっても問題はないかと思いますが、
肥満に繋がる可能性もありますので
もう少し欲しいと思う程度で留めておくのが健康的でしょう。

ただし限界は一玉と覚えておきましょう

血糖値についてはこちらの記事でも詳しく説明しています。

梨を食べるときの注意点

様々なアレルギーがありますが、
当然梨にもアレルギー症状が出る場合があります。

唇や舌、喉の奥が痒くなったり
腫れたりする口腔アレルギー症候群
梨などのバラ科の果物に多いそうです。

乳幼児に与える際には注意して様子を見てあげましょう。
最初は果汁や加熱をして与えるのがおススメです。

梨単体を食べてもアレルギー症状が出ない人も
花粉症の場合は連鎖型アレルギーを引き起こすことがありますので、注意しましょう。

ハンノキ白樺の花粉症状があると、
よく連鎖型アレルギーが表れるそうです。
アレルギーは一歩間違えると命に関わるため、
慎重になる必要があります。

梨と牛乳は食べ合わせが悪いという話もあるようですが
給食にも出るメニューのようで、特に問題ないようです。

ただ、体を冷やすので良くないと信じている人はいるようです。
食べ合わせについては梨と相性の悪い物はないようで気にすることはないでしょう。

美味しい梨を見分けよう!

梨の底にある、外側が赤く内側が青い、
この青い部分をリングと呼ぶそうですが
これがハッキリ見えるのが美味しい梨だそうです。

そして、お尻がどっしりとしていて、
肩が張り、やや扁平気味がオススメ。
高さがあるものよりも横に張りがある梨を選びましょう。
ずっしりと重みがあるのも重要な見分けポイントです。

おススメの品種

どの果物もそうですが、梨の品種も次々と新しいものが出ています。

新しい品種か、やっぱり昔ながらの品種か、どちらを選ぶかは自由です。

梨の品種といえば「幸水」と答える人は多いでしょう。
生産量が多く手に入りやすいのが人気の秘訣で、
手軽に食べられる身近な梨です。

豊水」も生産量が多いので、スーパーでよく見かけます。
どちらも手に入りやすい点でオススメです。


市にもよく出店されて販売される秋の味覚、梨。
季節感は大事にしたいですね。

二十世紀梨」というグリーンの梨も
味のバランスが良くて人気があります。
甘みが目立つ梨ですが、
二十世紀梨は程よい酸味で男性も食べやすいようです。


素敵な取り組みもあったようです。

わりと新しい品種の「秋月」も掛け合わせ品種ですが、
いいとこどりで美味しいです。

高い糖度と豊富な水分、
そして上品な香りは新品種ながら人気が高いです。


涼やかな秋の夜長に梨と梅酒。乙な組み合わせですね。

まとめ

Pretty blond girl is sitting on windowsill. She is embracing her leg with hands. The lady is dreaming and smiling. Copy space in left side

美味しいとつい食べ続けてしまいたくなるですが
天高く馬肥える秋、と言われる食欲の秋。

気付いたらこんなところに脂肪が、
という結果にならないよう注意して食したいものです。

優れた健康食品でもある梨のいいところをしっかり吸収して
移りゆく季節を感じ、有難味を味わいましょう。