暑い夏。
夏バテや熱中症になる季節ですね。
健康な人でさえ、夏バテになる季節。
けれど、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんは、それ以上に夏バテになりやすいといわれています。

妊婦さんが夏バテになると、おなかの赤ちゃんにも影響が出るので注意が必要です。
夏バテに効果のあるお食事や栄養補給に気をつけて、夏を乗り切ってくださいね。

妊婦さんの夏バテはお腹の赤ちゃんに影響があるの?

妊婦さんが夏バテ起こしても、おなかの赤ちゃんは平気なんじゃないの?
そう思っていると、大変なことになってしまいますよ?
特に妊婦さんは、熱中症や夏バテになりやすいのですから。

夏になると、夏バテになる人が多いですよね。
ましてやここ数年、最高気温が本当に高くて、猛暑と言われるほどの真夏日が続いています。
健康な人だって夏バテになってしまいます。

ところで、赤ちゃんを妊娠している妊婦さんは、健康な方よりも夏バテになりやすいといわれています。

それは、妊婦さんは、妊娠しているゆえに、普段よりも体が疲れやすく、
新陳代謝が活性化しているので、とてもたくさんの汗をかきます。

汗をかくと、体の中のミネラルも一緒に流出してしまい、身体はミネラル不足になってしまいます。

さらに、つわり等で食欲も減退し、身体は疲れやすい上に脱水して、
とても夏バテしやすい、危険な状態になってしまいます。

妊婦さんが夏バテになりやすいのはこのためだといわれています。


https://twitter.com/M___c51/status/891599069780426752
さて、妊婦さんが夏バテになってしまうと、おなかの赤ちゃんはどうなってしまうと思いますか?

実は、おなかの赤ちゃんにも大きな影響を及ぼすのです。

熱中症になると、まずめまいや立ち眩みになりますが、この症状が現れている時点で、
妊婦さんもおなかの赤ちゃんも、低血糖状態になっています。

低血糖状態とは、血液中の酸素濃度や栄養の量が下がっている状態の事を指します。
血液を使って酸素や栄養を得ているお腹の赤ちゃんにとっては、とても苦しい状態となります。

また、夏のめまいや立ち眩みで湿疹を起こして倒れてしまったりしたら、
倒れたはずみでお腹を打つ、という直接的な影響も及ぼします。

妊婦さんの夏バテや熱中症も、早めに処置すれば、
おなかの赤ちゃんにはそれほど大きな影響は及びませんので、
特に妊婦さんは、夏バテや熱中症の症状が出たら、早めに対策を取ることをおすすめします。

夏バテに効果的な食材は?!

夏バテになると、食欲がわかなくなりますよね。


その気持ち、わかります。

でも、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんは、夏バテで食欲がわかないから、
といって食事を抜いてしまっては、おなかの赤ちゃんがかわいそうです。
少しでもいいから、何か食べた方が良いです。

そこで、夏バテに効果的な食べ物を紹介しますね。

それは、ずばり「夏野菜」なのです。
まず、トマトには食欲を回復させる効果があり、身体にたまった疲労を回復させる働きがあります。

ゴーヤの苦み成分モモルデシンは、胃腸を保護して、食欲を回復させる働きがあります。
また、妊婦さんには欠かせない栄養素「葉酸」も多く含まれています。

そして、オクラには整腸作用があり、胃の消化を助けるムチンが含まれています。
さらに葉酸も入っていて、妊婦さんにはうれしい食材ですね。

他にも、消化を助ける働きがあり、食欲増進や疲労回復、
夏バテ解消の効果が期待できる生姜、
汗で失われてしまうカリウムやマグネシウムが多く含まれているもずくもとても効果的です。

なお、夏バテで「食欲がない」時には、
白米、おかゆやうどんといった食べやすいく消化の良い炭水化物はいかがでしょうか?

これらの食材を上手に使って、夏バテ予防したいですね。

夏バテ対策についてはこちらの記事もご参考に!

ヘパリーゼは夏バテに効くの?

ヘパリーゼってご存知ですか?夏バテにも効くそうですよ。
けれど、ヘパリーゼって何? そう思う方も多いかもしれませんね。

ヘパリーゼは、ゼリア新薬から発売されている栄養剤です。
これは、肝臓や胃腸に働き、滋養強壮効果を発揮する肝臓水解物と、
新陳代謝を活発にする働きのあるビタミンや生薬を配合した栄養剤です。

肝臓水解物とは、天然で新鮮な豚のレバーに消化酵素を加えて分解し、
身体が効率よく栄養として取り入れられるように、アミノ酸やペプチドの形にしたものです。

タンパク質が、胃で吸収されやすくなっているので、
胃が弱っている人でもタンパク質吸収がしやすく、身体の内側からよく効きます。

夏バテで弱ってしまっている胃腸でも、タンパク質を吸収することができるので効果的です。

夏バテになると、身体の様々な機能が低下してしまいます。
この時に、大きな影響を受ける臓器に肝臓があります。
肝臓は、体の中の毒素を分解する働きがあります。

その肝機能が低下すると、体の中の毒素分解のペースが遅れて、
肝臓で分解されるはずの毒素が体の中に長時間とどまってしまい、
さらに身体がだるくなり、食欲が失せ、体力が失われてしまいます。

ヘパリーゼを飲むことによって、弱った胃腸でも栄養補給ができるようになり、
それによって肝機能が弱くなるのを防ぐことができます。

また、ヘパリーゼの効能書きには、
「妊娠授乳期などの場合の栄養補給」ともありますので、妊婦さんにも飲むことができます。

夏バテ中の妊婦さんにも飲むことができるので、
夏バテがひどくて栄養補給ができない妊婦さんにも安心して飲むことができます。

とはいえ、栄養ドリンクの一種です、使用上の注意をよく読んで、正しく飲んでくださいね。

日頃からできる夏バテの予防方法は?

さて、夏バテになってしまうと、倦怠感や食欲不振、
さらには熱中症や、ほかの病気の引き金にもなりかねません。

どうにかして、予防する方法はないのでしょうか?
予防のポイントは…

  • バランスの良い食生活
  • 水分補給
  • 睡眠
  • 適度な運動

この4つです。
どれも基本的な日常生活にかかわっていることですね。

まず、食生活についてです。
熱いから、あるいは食欲がないからと言って食事を抜いたり、軽い食事で済ませてしまう方が多いです。

そんな食事を繰り返していては、どんどん体力がなくなって余計に体を壊してしまいます。

食事は、沢山とらなくても、タンパク質・ビタミン、ミネラルなど、
バランスの良い食事を三食摂ることを心掛けてください。

そして、夏になると汗をたくさんかきます。
汗をかいたままですと、身体の水分が失われたままになり、脱水症状の原因となってしまいます。

また、汗と一緒に体の中にミネラル分も体の外に流出してしまいます。
すると体の中はミネラル不足になってしまいます。
少しずつでもよいので、普段から水分や塩分、ミネラルを補給する事を心掛けてください。

暑くなると寝苦しくなり、睡眠不足になりがちですよね。
1日の疲れは睡眠している間に回復されます。
その睡眠時間が短くなってしまっては身体の疲れは十分に取れず、体調不良の原因となってしまいます。

また、22時から2時の間は、成長ホルモンが大量に分泌されるので、
この時間の間は睡眠して、身体の疲れを取りましょう。

そして、人の身体は、運動することによって、崩れてしまっている自律神経が回復します。
こまめに体を動かしたりウォーキングしたりして、自律神経を調えることを心掛けましょう。

ただし、炎天下での運動は逆効果になってしまいます。
運動やウォーキングをするのであれば、早朝の涼しい時間がおすすめです。

日頃の生活に取り入れて、心掛けてみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • 妊婦さんは夏バテしやすく、おなかの赤ちゃんにも影響を及ぼす
  • トマト、オクラ、ゴーヤなどの夏野菜は妊婦さんの夏バテに効果的
  • 白米、生姜、もずくも、夏バテには効果的
  • ヘパリーゼは、妊婦さんも安心して飲めて夏バテで弱った体にも効果的
  • 夏バテ予防には、バランスの良い食生活と水分補給、睡眠、適度な運動が効果的

普通の人でも、夏バテになったら苦しいですよね。
お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんにとっては、普通の人以上に夏バテは苦しいでしょう。

ちょっとした体調の変化を、”妊娠中だし、いつものこと”と思っていたら、
夏バテや脱水症状になってしまった…という話をよく聞きます。

夏は、特に体調管理を気をつけて、夏バテや熱中症から身体を守ってくださいね。