夏バテや夏の暑さが原因で、倦怠感を感じませんか?
眠れなかったり、食欲不振が続くと、倦怠感に襲われます。

その倦怠感、夏の暑さによって、身体が弱っているサインかもしれません。
夏風邪になる前の予兆かもしれませんよ?

この倦怠感をほっとくと、夏風邪にかかってしまうかもしれません。
倦怠感を早めに追っ払って、快適な夏を送りたいですよね。

夏の倦怠感。

原因は風邪ですか?
それはどうでしょう? 一概にそうとも言い切れないかもしれませんね。

夏風邪が原因で倦怠感がでたり、怠くなったりすることはあります。
夏風邪に限らず、普通の風邪でもありますよね。

けれど、夏に倦怠感があるからといって、それがすべて「夏風邪」とは限りません。

例えば、夏バテや熱中症などでも、倦怠感は出ますし、
寝不足や食欲不振による栄養不足、冷房病などでも怠くなります。
むしろ、夏の倦怠感を放置することによって、夏風邪を引き起こす方が多いかもしれませんね。

実際、夏風邪とは、気温が高くなると活性化するウイルスによって引き起きる症状です。
主に、エンテロウイルスとアデノウイルスなどがその代表格のウイルスです。

そしてエンテロウイルスは腸、
アデノウイルスは喉の疾患をもたらし、倦怠感を及ぼすものではありません。
他にも、ヘルパンギーナ、プール熱、手足口病等も夏風邪に数えられますが、
その症状の中には「倦怠感」というのはないのです。

ヘルパンギーナ高熱、のどの痛み、水疱プール熱咽頭炎、結膜炎、高熱手足口病口内炎、手足や口に水ぶくれ

いずれにしても、真夏に高熱と共にのどの痛みや腹痛を起こしたのなら、
”夏風邪”を疑った方が良いかもしれませんね。

さて、夏の倦怠感。
予防することはできるのでしょうか?

そもそも、夏の倦怠感の原因は、寝不足や食欲不振、栄養不足、冷房による体の冷えが挙げられます。
日頃から、バランスよく食事をして、よく睡眠をとり、
冷房の設定温度を27〜28程度に抑える事が、夏の倦怠感を予防するポイントです。

なお、夏の倦怠感を予防することが出来たら、夏バテ防止にもつながります。
是非実行して、倦怠感に襲われない夏が過ごせると良いですね。

この痙攣、夏風邪のせいですか?

夏風邪が悪化すると、痙攣が起きることがあります。

クーラーによって、足を急に冷やすと、下痢や神経痛や筋肉痛などの原因になり、
痙攣を引き起こす場合があります。

特に夏の夜、クーラーの利いた部屋で寝ることは多くなると思いますが、
その時に足は冷やさないように対処しておくことをおすすめします。

また、夏風邪が原因によって起こる痙攣も、すぐに収まる程度の軽度ならば問題はありません。
けれど、何度も、長時間にわたって痙攣が起こるようでしたら、すぐに救急車を呼ぶか、
救急センターに連れてゆくなどの対処が必要です。

痙攣によって暴れることもあるので、
救急車が来るまでの間、患者さんからは目を離さないようにしてあげてください。

夏風邪、学校や会社は休むべき?効果的な市販薬はあるの?

時々、「夏風邪はうつらないから、学校に行っても平気」などという人がいますが、本当なのでしょうか?

いいえ。
実は、夏風邪も人にうつります。

ですので、夏風邪を引いたならば、学校や職場を休むことをおすすめします。
そして、病院で診てもらいましょう。

夏風邪にも、その年によって傾向や流行があります。
かかりつけのお医者さんであれば、適切な処置をしてくれます。

けれど、もしも病院へ行くことができないのであれば、市販の薬で対処できます。
薬は、例えば喉が痛い風邪なのであれば喉の症状に効く薬を、
熱がひどいのであれば熱に効く薬を選んで問題はありません。

また、は、風邪に効く総合風邪薬でも効果があります。

総合風邪薬であれば、ルルアタックEX、引き始めの風邪であれば、
葛根湯なども効果がありますよ。
https://twitter.com/rockxmint/status/892334890531692544
https://twitter.com/akrxcx/status/897308066491768841


ルルアタックEXも葛根湯も、どこの薬局でも取り扱っていますし、
ネットでも購入することができますし、心強いですね。

夏風邪についてはこちらの記事もご参考に!

夏風邪の予防方法は?

かかると長引く、辛い夏風邪。
予防する方法はあるのでしょうか?

予防方法は主に…

  • 外出から帰ったらうがい、手洗い、目薬をさす
  • 部屋の換気をしっかりして、ウイルスの繁殖を防ぐ
  • トイレや洗面所などのタオルの使いまわしはしない
  • 寝不足のときは、15分程度の昼寝を
  • エアコンは長時間つけない
  • エアコンがききすぎる場所では長袖やひざ掛け等の対策を

等が挙げられます。

うがいや手洗いは、冬の風邪の予防方法でも真っ先に挙げられますね。

目薬、というのはあまり知られていない事ですが、夏風邪のウイルスは目から感染する場合もあります。
目薬の種類は何でもよいので、目の表面を洗い流してあげてください。

夏風邪のウイルスは、湿度の高い場所で繁殖します。
部屋はまめに換気をして、部屋の湿気を外に逃がして、湿気がこもるのを防ぎましょう。

夏風邪は、使いまわしたタオルを媒介にうつることも多いです。
他人とのタオルの使いまわしはやめて、まめに取り換えるようにしましょう。

また、夏はその暑さのせいで眠れないことも多いですよね。
睡眠不足が続くと、免疫力が低下して、風邪をひきやすくなります。
寝不足で体調不良なときは、15分ほど、昼寝ができると、それだけで随分体調がよくなります。

そして、暑いからといって、エアコンの利いた部屋で長時間過ごすと、
その寒さから体にストレスがかかり、免疫力が低下して風邪にかかりやすくなります。
エアコンはまめに切りましょう。職場では、長袖やひざ掛けなどを用意して、
身体が冷えるのを予防しましょう。

まとめ

  • 夏の怠さは夏風邪のきっかけ。規則正しい生活をして予防を
  • 夏風邪をひくと、痙攣をおこすことも
  • ひどい痙攣の場合は救急車を呼んで対処を
  • 夏風邪は他の人に感染するため会社や学校は休んで、病院へ
  • 市販の薬を選ぶときは、その時ひどい症状が出ている箇所に効く風邪薬か総合風邪薬で
  • 予防は、うがい手洗いと目薬、部屋の換気、タオルの使いまわしは辞めて、エアコンはまめに消すのがポイント

夏風邪は、長引きやすい上、かかってしまうととても辛いですね。

冬の風邪とは少し違う症状ですが、かかってしまったら早めにかかりつけの病院へ行きましょう。
そして、残り少ない夏、快適に過ごせたら良いですよね。