毎年のように夏の暑さで体調を崩す人も多いですよね。
その状態を夏負けというのをご存知でしょうか?

夏負けについて詳しくご紹介します。
また、夏負けに効果的な漢方についても併せてご紹介していきます。

夏負けとは?

2016-07-04b

夏バテという言葉を知っている人は多いと思いますが、
夏負けという言葉は夏バテほど使われないことがほとんどです。

では、夏負けとは一体どういうものなのでしょうか?
夏負けとは、夏の暑さが原因で体調を崩してしまうことを指します。

つまり、私たちがよく知っている夏バテは夏負けの一種なのです。
また、それ以外にも、熱中症や夏風邪などもこの夏負けのひとつだといえるのです。

また、夏はその暑さから体力が低下して、
免疫力も低下して体が弱ってしまっていくような状態のことも夏負けというのです。

夏負けの予防方法

夏負けというものがどういうことを指しているのかというのがわかると、
誰しもが経験したことがあるのが夏負け。

では、夏負けにならないためにはどのような予防方法が考えられるのでしょうか?
夏負けはつまり夏の暑さに体が負けないように対策することがポイントになります。

水分補給はもちろんのこと、
水分補給ではミネラル分なども同時に摂取することが大切です。
夏場の水分補給はほかの季節に比べると、
少し過剰になってしまうぐらいがポイントです。

さらに、炎天下の中に長時間いることも体調を崩す原因となってしまうので
運動をしているわけでなくても炎天下の中に長時間いることを避けたり、
外出した時などに暑くなった体をこまめにクールダウンさせることも夏負けの予防となります。

夏負けにならないための漢方薬は?

夏負けの対策として、漢方薬を効果的に取り入れることもできます。
漢方は、その体の不調に対して効果的な生薬を組み合わせて作ります。

もちろんこの漢方は夏負けにも効果的なものがあるのです。
中医学でも夏負けは『苦夏』とされていて、食欲不振や体のだるさ、
下痢など夏バテなどに多い症状が『苦夏』の症状とされています。

そういった『苦夏』に効果的だとされている漢方薬は、芳香醒脾です。

芳香醒脾には、脾胃から湿熱をとるという効果があります。
中医学では、『苦夏』は夏の暑さや湿度に対する適応が
できなくなってしまうという考えがあるために、夏負けの時には芳香醒脾が効果があるとされています。

ですが芳香醒脾は手軽に買えるものではなさそうなので、
代わりとして夏バテに良い六君子湯を紹介しておきます。

食欲がない、疲れやすいなど夏に出やすい症状に効果があります(*^^*)

夏負けしたときの対処法は?

とはいえ、夏の暑さに体調を崩してしまうことはどうしても起きてしまうものです。

その時にはどのような対処法をすればいいのでしょうか?

夏負け対処法1 食べるものを工夫する
夏負けの症状のひとつが食欲不振です。
ですが、食べないことによって
ただでさえ低くなっている免疫力がさらに低くなってしまうため、
量は少なくてもしっかりと「食べる」ことが大切です。

また、食べるものも工夫して、
免疫機能を高めてくれる夏野菜は効果的。
トマトやピーマン、ゴーヤなどがおすすめです。

さらにレモンや梅干しなどを使って味に酸味をもたせることで
食欲不振中でも食べやすくなりますよ。

夏負けの対処法2 睡眠
夏負けになった場合、疲労がたまりやすい状態になっています。
そのため、疲労回復のために睡眠を十分にとることも大切です。
普段よりも睡眠時間を多めにとったり、
ぐっすりと眠りやすいような環境を作ったりすることがポイントです。

夏場はエアコンを使ってしまいがちですが、
エアコンの多用は夏負けの症状を悪化させる原因になるため、
どうしても寝付けない場合にはタイマー設定などを使用して
一晩中つけっぱなしということは避けるようにしましょう。

まとめ

2016-07-04c

夏負けは、男女問わずどんな世代でも起きやすいものです。
若い人でも近年はスマホのやりすぎで
睡眠時間が減って夏負けになりやすい体になっていることも多いです。

だからこそ普段から夏負けしないようにしておくことが大切ですよ。