普段引く風邪を普通に風邪というのに対して、
夏に引いてしまう風邪を夏風邪と呼びます。

夏の風邪も冬の風邪同様にウイルスで発症してしまいます。
しかし、冬の風邪に比べて夏の風邪が治りにくい理由は何なのでしょうか。

夏風邪をひいてしまった時はどのようにしたらよいのでしょうか。

<Sponsored Link>

夏風邪のウイルス

2015-06-12b

たくさんある風邪のウイルスのうち、
夏の暑さと湿気を好むウイルスが活躍してしまうのが夏風邪といわれています。

アデノウイルスやエコーウイルスがその一般的な例になります。
アデノウイルスはプールなどを通じて感染を広げてしまうため、
プール熱とも言われています。

小さい子がかかってしまうと高熱を出してしまうことがあるので、
気を付ける必要があります。

ヘルパンギーナも夏風邪に数えられます。
喉が腫れて炎症を起こし、口腔内に水疱ができてしまうのが特徴です。

ものを飲み込むときに違和感を感じてしまうために、
水を飲むのも一苦労になってしまいます。

腹痛や下痢の症状もあらわれる場合もあります。

夏風邪が治りにくい理由とは?

夏の暑さは室内に入るとクーラーなどにより緩和されます。
しかし、体に感じる温度が暑かったり寒かったりすることにより、
自律神経が乱れて免疫力が低下してしまうのです。

また暑さのために体がばててしまっている場合にも、
夏風邪を引き起こしやすい状態になっているのです。

水分は夏であるがために普通の風邪をひいた時よりも
さらに多く摂らなければならないのですが、
同時に胃腸を冷やしてしまう可能性もあります。

夏風邪は胃腸にも影響が出る場合が多いので、
あまり冷やしたくないのが本音です。

ほとんどの夏風邪には特効薬はありません。
病院へ行っても自然に治癒することを待つしかないのです。

大体1週間くらい、早くても3日は治るまでにかかるでしょう。

夏風邪を予防するためには

夏風邪はその温度と湿度を好んで活発になるために、
冬の風邪と違って多湿にしても意味がありません。

むしろ除湿の方が効果があります。
しかし、喉に来る風邪がほとんどなので、
あまり乾燥させるとのどの痛みが増してしまいます。

夏風邪の予防には自分自身の免疫力を上げるのが効果的といえます。
まずはかからないようにする、それが一番の夏風邪予防といえます。

極端な暑さやクーラによる寒さで、
体の自律神経が参ってしまうと夏風邪にかかりやすくなってしまい、
更には治りにくくなってしまいます。

バランスの良い睡眠や食事など、
夏の暑さに負けない規則正しい生活が夏風邪を予防することになるのです。

熱帯夜による寝不足や夏バテ食欲不振、
冷たいものの取りすぎで胃腸を弱らせてしまうなど、
夏には隠された生活バランスを壊すものが存在しています。

自分自身の生活を健康的にすることこそが、
夏風邪をひかない体を作ることになるのです。

治りにくい夏風邪をひかなくするには

2015-06-12c

夏風邪はほとんどがウイルスによるものです。
冬のウイルスとは違い高温多湿で活躍します。

ですから一度かかってしまうと過失による予防などが効かなくなり、
自然の治癒に任せなくてはなりません。

治りにくい夏風邪を予防するためには、
自分の免疫力を高める必要があるのです。

部屋に入るとクーラーで涼しい、
建物から出ると暑いといった生活を繰り返すため、
自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

クーラーのある部屋にいてもあまり体を冷やさないように、
ひざ掛けなどを利用して工夫しましょう。

快適な睡眠をとるようにし、夏バテによる食欲不振を解消し、
生活自体もバランスの取れたものにすることが大切になります。

除菌スプレーはこのような次亜塩素酸のものでないと
夏風邪のウイルスを除菌することができないので注意してください。
小さなお子様がいる家庭でも安心して使える成分でできているので
気兼ねなく、除菌ができて夏風邪対策ができますよ。

夏風邪は1週間くらいで自然に治りますが、
あまり長引くようでしたら他の病気を併発している場合もありますので、
病院へ行くことをオススメします。