夏はただでさえ暑い気温に負けて食欲がなくなり夏バテしたり、
エアコンとの温度差で体調を崩しがちですが
その症状、ただの夏風邪ではなく溶連菌感染症かもしれません。

夏風邪は、安静にしておくことが大事ですが、
溶連菌感染症は放っておくと合併症を発症することもある危険な症状ですので、早期対策が肝心です。

症状が似ていても、対策法はまるで違いますので
今回はその見分け方と対策をご紹介します。

夏風邪と溶連菌感染症、原因と症状

2015-05-21b

夏風邪の場合

夏風邪は、冬の風邪や溶連菌感染症と同様に、
ウィルスによって引き起こされますが、
特に夏バテやエアコンの効きすぎた部屋にいることで
暑い外の気温との気温差で免疫力が低下してしまうことや、
食欲不振になることによって、夏風邪になります。

夏風邪の主な症状としては、38度程度の微熱が続き身体がだるく感じられます。
また、喉の痛み激しい咳頭痛などが起こります。

夏風邪に特徴的なのは腹痛下痢など、
胃腸系に影響をきたしやすいことも挙げられます。

冬の風邪と違い鼻水や鼻づまりの症状はあまり出ません。

溶連菌感染症の場合

溶連菌感染症の原因もウィルスによるものです。
大人よりは圧倒的に子供に起こりやすい病気ですので、
子どもを介して大人に感染することがあります。

溶連菌感染症は風邪に似た症状を起こしますが、
一定の潜伏期間を経て発熱・咽頭痛で発症します。

吐き気や腹痛をともなう場合もあります。
ここまでの症状は風邪とほとんど区別がつかないのでわかりにくいですが、
溶連菌感染症の方がやや高熱が出やすいかもしれません。

その後、赤く細かい発疹が全身にでてきて
典型的な溶連菌感染症の症状がみられるようになります。

そして全身の皮、特に指先の皮が薄く細かくむけてきます。
しかし、これらが発生する前に抗生物質などで治療する人が殆どです。

溶連菌感染症の注意と対策

溶連菌感染症は、早期に適切な治療をすれば問題なく治すことが出来ますが、
まれに治りにくい合併症を起こしてしまうことがあります。

例えば、治ったかなと思ったのもつかの間、その後すぐに血尿が出たり、
顔や脚がむくんだりする急性糸球体腎炎と呼ばれる症状が考えられます。

これには入院が必要になり、最悪の場合は命に関わる場合もあります。
この他にも、中耳炎副鼻腔炎肺炎などがありますので、
溶連菌かなと思ったらすぐに医者で診察してもらうようにしましょう。

病院では、簡単にその場で診断できます。

溶連菌感染症にかかったら

溶連菌感染症だと診断されたら、
処方された薬(抗生物質)を処方されたとおりに服薬します。

だいたい抗生物質は10日分処方されることが多いですので、
最後まで飲み切るようにします。

抗生物質を飲むと数日で熱も引き、日常生活に支障がなくなってきますが、
そこで安心して抗生物質を飲むことをやめてしまうと、
溶連菌感染症が再発するだけでなく、
上述のような合併症を引き起こす可能性が出てきますので、最後まで抗生物質は飲みましょう。

仕事や学校などは、熱が引いて症状が軽くなれば行っても大丈夫です。

まとめ

2015-05-21c

夏風邪溶連菌感染症は、発症の原因は違えど、症状がとてもよく似ていますので、
しっかり見極めることと、早めに病院へ行って診断してもらうことが大切だということがわかりました。

特に溶連菌感染症は対処が遅れると大変ですので、
ただの風邪だからと自分で症状を軽く判断しないように気を付けましょう。

また、どちらの症状にしても免疫力の低下によってかかりやすくなりますので、
夏でもしっかり栄養のある食事を心がけ、
帰宅時は必ず手洗いうがいを。消毒もして徹底的に予防しましょう。
暑いからといってお腹や身体を冷やしすぎないようにしましょう。