子どもはよく汗をかきます。体重は少なくて小さくても汗腺の数は大人と変わらないそうです。

その為に汗を掻きやすいようにみえるのです。
子供が寝ているときに汗を掻いていると、
眠っているのを起こしてしまいそうで着替えも躊躇してしまいます。
でも、そのままにしていると風邪の原因になってしまいます。

<Sponsored Link>

子供の寝汗の原因

2016-09-21b

子どもは、新陳代謝が良く、体温も大人に比べると高くなっています。
人間の身体は、寝ているときは身体の活動を抑えて眠り易いように働きます。
体温も下がる方向に調節しており、そのために汗をだしています。

また、熱くても大人のように自分で布団を調節したり、
脱いだりすることをしないので、汗をかいて体温を調節しています。
逆に汗をかいていないと体温調節ができずに熱中症の状態になって危険です。

病気

寝汗が多く、顔が赤くなっていて機嫌が悪いときは熱が出ているかもしれません。

その時は体調を確認して、汗を拭いて体温を測ってみてください。
幼児性多汗症という病気の可能性もあります。

この場合は、寝ているとき以外にも汗が多く出ています。
手や足の裏が、いつも汗で湿っています。
原因は環境の変化やストレス、体質など遺伝的要因が大きいと言われています。

小学校では、ノートや紙などが汗で濡れてしまうので
イジメの原因になってしまうこともあるようです。
多汗症は大人でも悩んでいる人は多く、
緊張すると汗が噴き出したり、手や足の裏に汗をかきやすくなります。
他の病気では、甲状腺の病気でも汗が多く出ることがあります。

大人の寝汗に関してはこちらの記事をチェックしてみてください。

寝汗が酷いと起こる病気と対策

寝汗は、そのままにしておくと汗が冷えて病気の原因になります。
よく寝冷えと言われる症状です。

私の子供の頃は、よく腹巻をさせられていましたよね。
体が冷えて免疫力が下がると
腹痛、下痢、鼻水、喉の痛み、咳などの風邪の症状を起こします。

寝汗が酷いときは、汗を拭いて着替えをするのが一番です。
子供を起こさなくてもいいように、予め肌と下着の間にタオルやガーゼを挟んでおきます。
そうすると汗をかいた時には、タオルを抜くだけでいいので起こさずに済みますよ。

そして、また新しいタオルをそっと挟んでおきましょう。
頭に一番寝汗をかくので、枕の上にタオルを敷くといいですね。
汗で湿ったままだと寝心地も悪く、衛生上もよくありません。
起きたら、お日様に当てて乾かすようにしてください。

布団のかけすぎや、厚着はしないように。
寝かせるときは、薄着で十分なのです。
直接、風が当たらないように注意しながらエアコンを上手に使って適温に調節してあげましょう。

温度の下げすぎもNGです。
手足が冷たくなっているときは、身体が冷えすぎているかもしれません。
お腹だけは冷えないように腹巻をしてあげるといいですね。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

お手頃価格でいろいろな種類があるので
一晩で数回取り替えれるように揃えておくといいでしょう。

腹巻のお求めはこちら

まとめ

2016-09-21c

子どもの寝汗は、体温調節をしているので問題のない場合が多いようです。
衣類や布団を調節してあげて、汗が冷えないようにケアしてあげれば大丈夫です。

起きているときは、水分を十分に摂らせて脱水を起こさないようにしてください。
お母さんが、気になる時は、受診して医師に相談してくださいね。