つい寝すぎてしまい起きたら、顔がむくみでパンパンになっている経験はないでしょうか。
もしその日がデートなどの大切な日だったら、気分は最悪ですよね。
寝すぎで顔にむくみが出るのには理由があります。

ここでは寝すぎによる顔のむくみの原因と解消するための方法について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

寝すぎによって顔にむくみが出るのはなぜ?

SONY DSC

むくみは、身体を動かさずにいることによってリンパの流れが滞ってしまうことが原因で起こり、
むくみは重力と深く関係しているのです。
リンパの流れが滞ってしまうことで身体の上のほうに上手くリンパが流れていかなくなり、
下のほうに溜まってしまうのです。夕方になると脚がむくんでしまうのはそのためです。

寝ているときは横になっている状態なので、起きているときに比べて顔の位置が下がります。
寝返りなどによって手足は寝ている間でもある程度は動いているのですが、
顔や頭はあまり動きませんあまり動かないことによってリンパが顔に溜まってしまうのです。

よって、朝起きたときに顔がむくんでいると感じる人が多いのです。
位置が下がれば下がるほどむくみは強くでるので、
うつぶせで寝る癖のある人は仰向けで寝る人に比べてむくみを強く感じる傾向にあります。

さらに寝すぎてしまうことで、いつもより長い間顔の位置が下にあり、
動かない状態が長く続いてしまうことによっていつもより顔のむくみを酷く感じるのです。
したがって、寝起きはほとんどの場合むくんでいる状態であり、
寝すぎだからといってむくんでるわけではないのです。

寝すぎによる顔のむくみの解消方法とは?

1d5m-084

寝すぎによって血液やリンパの流れが悪くなったしまうのでやはり顔はむくみやすいので、
お風呂に入って浴槽につかり血行を良くするようにしましょう。
化粧水や乳液の後にクリームや美容液などで顔や首をマッサージするとより効果的です。

そして、食事にも気をつけるようにしましょう。
夕食や夜食に塩分の多いものを食べると顔などがむくんでしまう原因になるので、
できるだけ薄味のものを食べて、麺類はつゆを全部飲まないようにしましょう。
寝る前にアルコールを飲んでしまうと、腎臓や肝臓に負担がかかり
体内の水分処理がうまくできなくなってしまうので控えるようにしましょう。

それから、寝るときの姿勢もむくみと関係があります。
うつ伏せで寝ると顔や腕やお腹に水分が流れやすくむくんでしまうので、
仰向けに寝て頭を枕などで高くして寝るように心がけましょう。

また、水分の摂りすぎもむくみの原因になります。
夜寝る前に水分を大量に取ってしまうと、余分な水分が血液から
皮膚などに流れ出てむくんでしまいます。

血行を良くすることでむくみにくくなるので、
適度な運動やストレッチをして体をほぐすようにしましょう。

入浴中や寝る前に、顔や首のリンパマッサージをするのも
寝すぎによる顔のむくみを解消するのに効果的です。
リンパマッサージするときは、鎖骨から始めて首をして顔をすると上手くリンパが流れます。

寝すぎによる顔のむくみを即効で解消する方法とは?

顔がむくんでいるとメイクがきれいにできないですし、
デートがある日にむくんでしまうと最悪ですよね。
顔のむくみは少しでも早く解消したいものです。
顔のむくみを即効で解消できる方法は、リンパマッサージです。

顔のむくみを解消するためのリンパマッサージ

  • 指のすべりがよくなるようにマッサージクリームをつける
  • 鎖骨を外側から内側へさする
  • 口角から鼻の横を通って目の下を通り、耳の横から首を通り鎖骨までさする
  • 頬を目頭から顎までさする
  • 眉間からおでこを通り耳の横をから首を通り鎖骨までさする
  • 目尻から目頭を通って瞼を通り耳の横を通り、首を通り鎖骨までさする
  • 最後に鎖骨をさする

以上のことを3回ぐらい繰り返します。
ただし、体調の悪いときや食後や飲酒後はリンパマッサージをしないようにしましょう。

リンパマッサージができないときは、ホットパックでも
即効で顔のむくみを解消することができます。
ホットパックの作り方としては、ハンドタオルを水にぬらして軽く絞り、
電子レンジで約1分ぐらい加熱します。

あら熱をとって顔にあて、ハンドタオルの上から軽く目を押さえることで
顔の血行が良くなってむくみが解消します。

また、リンパマッサージをした後にホットパックをしても効果をえることができます。

リンパマッサージの本がたくさんありますので参考にリンパマッサージをするといいですよ。

写真付きでとてもわかりやすいので初めてでも安心です(*^^*)

まとめ

最後になりますが、寝すぎによる顔のむくみの原因を
きちんと理解することでむくまないように予防することも大切になってきます。

それでも寝すぎで顔にむくみが出てしまった場合は、
リンパマッサージで解消するようにしましょう。