冬の乾燥はお肌の大敵!
かさかさとお肌がつっぱる季節です。
お肌が乾燥していると服が擦れて痛いですし、余計に乾燥が進んでしまいます。

乾燥肌がかゆくなって、ひっかいてしまうと余計悪化して悲惨なことに…!
気持ちよく過ごすためにもお肌に潤いは必須!
ボディケアといえばやっぱりボディオイル

実は濡れたままの肌に直接塗る方が効果的ってご存知でしたか?
この記事では、ボディオイルを効果的に使う方法をご案内します♪
これでもう、タイツでお肌がひっかかる感覚ともおさらばです!

ボディオイルを塗った後のベタベタ、みんなどうしてるの?

ボディケアにボディオイルを使用している人は多いと思いますが、
塗った後に洋服や布団に付くのが気になりませんか?

なんだか身体中ベタベタして、部屋のどこにも触れないなんて不便な気分になることも……。
でも実はこれ、ボディオイルを塗るタイミングを変えるだけで解決します。

タオルドライの後や寝る前にボディオイル塗っていませんか?
それではたしかに、オイル塗りたてのお肌はベタついてしまいます。

なんとお風呂上りのとき、タオルドライの前に塗れた体にオイルを塗り、
そのあと水気をとるとベタベタせずにすむんです!

お風呂上りの濡れた体にボディオイルを塗るメリットとは

ボディオイルは、お風呂上りにすぐ塗るのが効果的なんです。
その理由はズバリ、オイルの伸びがいいからなんです。

お風呂にボディオイルを持ち込んでおき、体を拭く前にオイルをつけると、水と混ざって良く伸びます。
乾いたお肌ではオイルがスムーズに伸びてくれず、とても塗りづらいのです。

塗れたお肌なら滑りも良く、オイルが少ない量ですーっと伸びてコスパがいい♪
しかも、お風呂上りのお肌の乾燥しやすい状態から、お肌を守ってくれる大きなメリットがあると言われています。

お肌に残った水分を逃がさず、しっかり保湿してくれると期待できるんです。

オイルでのについてはこちらの記事もご参考に!ケア

ボディオイルの効果的な塗り方は?

では、実際に風呂の終わりにボディオイルを使用するときの手順です。

  1. 湯船から上がるorシャワーを終えたら、
    タオルは取らずに軽く手足を振って体の水気を落とす
  2. お風呂に持ち込んでおいたボディオイルを手に取り、
    手のひらで十分に伸ばしてから、首や肩、腕や足など、体全体にのばす
  3. 全身にオイルを伸ばし終わったら、
    ここで初めてタオルを取り、肌を押えるようにしながら余分な水気をとる

タオルで体を擦るように拭いてしまうと、せっかく塗ったオイルがとれてしまうので気をつけましょう。

お肌に優しいおすすめのボディオイルは?

お風呂上りのボディケアにおすすめ!
ベタベタしにくく、浸透力のよいオイルをご紹介します!

アルガンラヴェンヌオイル

モロッコ産の100%ピュアオーガニックアルガンオイルが原材料のボディケアオイルです。
日本で精製されているので安全性が高く、デリケートな目元にも利用できます!

お風呂上りに、スキンケアの仕上げに、ワンプッシュを手によく伸ばしてお肌になじませてください。
お顔にも使用できます。
メイクを落とした後のスキンケアに使用しましょう。

  • オイル化粧品はべたつきが気になり苦手でしたが、アルガンラヴェンヌオイルはオイルだけどさらっとしていて使い心地がとても良いです♪よく伸びるので顔だけでなく首やデコルテ、最後は手の甲にも塗っています!特に乾燥の気になる口元などは塗り込んで使ってます。
    毎年冬になるとカサカサになってファンデーションのノリが悪いのですが、
    アルガンオイルを使いだしてからは、ファンデーションもきれいにノリます!
    オーガニックオイルなので乾燥肌の子供にも安心して使っています♪

まとめ

今回は、ボディオイルの効果的な使い方についてご案内しました。
お風呂上りの濡れた肌に使用するほうが良いとは驚きでしたね。

  • ボディオイルはお風呂上りの濡れた肌のほうがよく伸びる
  • ボディオイルの後のタオルドライはかるく押えるだけ
  • ボディケアにはアルガンラヴェンヌオイルがおすすめ♪

いかがでしたでしょうか?
タオルドライの前にボディオイル!
早速今日から実践してみては?