そばかすクマ、小鼻の赤みニキビ跡など…
そんなお肌悩みを無かった事にしてくれるコンシーラーは必需品!

でも、「うまくのばせない」「よれてしまう…」そんなお悩みを抱えている方はきっと多いですよね。

今回は、コンシーラーの上手な使い方伸ばし方をはじめ
おすすめのコンシーラーや代用!?アイテムなどを、たっぷりとご紹介いたします。

どんな役割があるの?コンシーラーの事をちょっとだけおさらい!

部分用ファンデーションとも呼ばれるコンシーラー。
そもそもどんな役割があるのでしょうか。

コンシーラーとは、
ファンデーションでは隠し切れない部分的なお肌悩みをカバーする事ができるアイテムです。

主に、リキッドタイプスティック筆ペンクリームタイプなどがあり、
お悩みに合わせて好きなテクスチャーのアイテムを選ぶ事が可能です。

コンシーラーの上手な塗り方!こうすればムラ・ヨレを防げる

ベースメイクには欠かせないコンシーラーですが
「塗るときにムラになる!」「上手く隠せない」そんなお悩みを持つ方も多いと思います。
どのような塗り方が効果的なのでしょうか?
さっそく、お肌のお悩み別・コンシーラーの上手な塗り方についてご紹介いたします!

クマ

暗い印象に映ったり、疲れ顔の原因を作ってしまうクマ。
ここはしっかりとカバーしておきたい、重要な場所ですよね。

目の下は比較的薄い皮膚でできているため、なるべくテクスチャーの柔らかいリキッド、
筆ペンタイプのコンシーラーを使うと、ヨレ・ムラを防げるためオススメです。

目の下に適量のコンシーラーを置いたら、
こすらずにポンポンと指先で叩くように馴染ませていきましょう。
縦方向ではなく、目の下のラインに沿って指を動かします。
一度に多く塗らず、足りないようなら頬にかけてグラデーションになるように塗り足して行きましょう。

シミ、そばかす、ニキビ跡

色素沈着によるお悩みには、一段暗めのコンシーラーを使用するのがオススメです。
スティックタイプ等のしっかりとした硬めのコンシーラーを使用し、
指ではなくブラシなどを使って伸ばす事でピンポイントにカバーする事ができます。

コンシーラーを手に取ったら、お悩みの場所に馴染ませていきます。
シミやそばかすなどには「塗る」という感覚よりも
色をすこし厚めに「のせる」ような感覚で馴染ませていくと効果的です。

また、ニキビ跡のカバーには、綿棒の使用がオススメです。
適量のコンシーラーを綿棒に取ったら、ブラシと同じようにトントンと色をのせていきましょう。
ヨレないように、フェイスパウダーをのせたら完成です。

小鼻の赤み

小鼻の赤みには、カバー力のあるやや硬めのテクスチャーのタイプを選びましょう。
頑固な赤味には、指先かスポンジを使って少し強めに、
ぎゅっぎゅっと押し込むように赤味を消して行くと
効果的なため柔らかいものよりも少しかためのコンシーラーが伸ばしやすくなります。

また、明るめの色を使用すると、小鼻周りの影がなくなり鼻を小さく、
細く見せる効果もあるためオススメです。

ほうれい線

影のできやすい口まわりは、ご自身の肌色よりも明るいコンシーラーを使用するのがオススメです。

口元は大変ヨレやすいため、テクスチャーの柔らかいコンシーラーを使用し、
できるだけ「薄く」のせていく事がヨレを防ぐポイントです。

範囲が広いため、スポンジを使用して薄く塗りひろげていくと、
先に塗ったファンデーションともうまく馴染みキレイに口元をトーンアップさせる事ができますよ。

こちらの動画も参考にしてみてください!

人気の4アイテム!それぞれの特徴をご紹介

効果的なコンシーラーの使い方はわかったけど…どんな商品がおすすめなの?
そう思った方のために、口コミで人気の4アイテムをご紹介します!

M.A.C プロ ロングウェアコンシーラー(本体価格¥2,400)

人気のデパコスM.A.Cからリキッドタイプのコンシーラーです。
ロングウェアリング効果でヨレにくく、高いカバー力が人気のようですよ。

  • ハイカバー、コスパの良さ◎、崩れや乾燥なし!私の頑固なクマには持ってこいでした。
  • かなりカバー力高いです。ニキビ、くま、赤みなど万能に使えるコンシーラーだと思います。
  • ワンプッシュださないくらいで、私は毎回足ります。のびがいいです。
  • 乾燥・普通肌向き、オイリー肌に不向きな気がします。

頑固なクマ赤みニキビ跡
マルチな悩みをこれ一本でカバーしてくれる!という口コミが多くありました。
伸びは良いようですが、その分オイリー肌の方には不向きかも、という意見も。
https://twitter.com/halto002/status/620246331286618113

ゲラン プレシャス ライト(本体価格¥6,500)

ハイライトタイプの筆ペンコンシーラー。
光の効果でお悩みをカバーするためほうれい線などの表情ジワにも効果的なんだとか。

  • 小鼻口元の赤みくすみ、法令線に使いました。
    軽くて滑らかで肌へのフィットも抜群。時間が経っても浮きません。
    • 厚塗り感なくキレイに重ねられて、乾燥も気になりません。
    • 目の下のくま隠しですが、使いやすいです。
    • 肌が明るくなりますが、私の頑固な茶クマは消えませんでした

    気になる場所にピンポイントで使用できるのが特徴のため
    細かい場所へはとても使用しやすいようです。
    目の下のトーンアップが目的の方や、
    クマが薄い方には適していますがカバー力自体ははあまり無いため、
    頑固なお色味を消したい方には少し物足りないという意見もありました。

    ベアミネラル コンシーラー M(本体価格¥3,200)

    こちらは珍しい粉タイプのコンシーラー!
    ミネラル100%でお肌に優しく、自然に馴染むのが人気のようです。

    • カバー力もありクマもちゃんと消え顔を明るく見せてくれます!
    • 顔全体のシミとそばかすに悩んでいますがこのコンシーラーはうれしいくらいカバーしてくれてます。
    • ファンデーションの前でも後でもOKとの事なので、使い勝手がとても良いです。
    • 少し粉感が残ります。

    カバー力が高く、そばかすやシミなどの悩みもしっかりカバーしてくれるようです。
    肌色が明るく見えるという口コミもありました。
    ただ、ルースパウダーのような使用方法になるためコンシーラーにしては
    少し粉っぽさが残るという口コミもありました。

    NOV コンシーラー(本体価格¥1,500)

    敏感肌にも優しい処方のコンシーラーです。
    肌に優しいのに、しっかりカバー力があるのが嬉しい特徴です。

    • つけ心地はかるいのに、気になるくまは違和感なくカバーされマットすぎないつやのある仕上がりに。
    • 広範囲には向いてないですが薄めのシミやピンポイント使いに向いていると思います。
    • 指でとるタイプで、こってりしたテクスチャーですが伸びがかなり良いです。
    • 色が一色しかなく、濃いめなのでわたしの肌色にはあいませんでした。

    柔らかいテクスチャーのため、伸ばしやすい!という口コミが多く見受けられました。
    ただ、カラーが2色しかないため、色白肌の方には少し使いづらいという意見もあるようです。

    コンシーラーが無い時は…これで代用!

    コンシーラーを忘れちゃった!そんな時に活躍するお役立ちアイテムがある事、ご存知ですか?
    そのアイテム・方法がこちら!

    コントロールカラーを使う

    カバーしたい場所に、コントロールカラーを使用するという方法です。
    ニキビ跡などの赤味が目立つ場所にはグリーンのコントロールカラーを使用したり
    シミやそばかすなどにはイエローのコントロールカラーを使用すると目立たなくなるという方法があります。

    目元のクマに…クリームチーク?

    コンシーラーが無いけれど、目元のクマをキレイに隠したい!
    そんな時は、赤のクリームチークを使いましょう!

    もちろん、赤の口紅でも構いません。
    ネットで一時期話題になった方法ですが青クマなどには特に効果があるようです。

    下地を塗った段階で目の下にクリームチークを塗ったら
    その上からリキッドファンデーションを重ねるだけ。
    とっても簡単です。

    一段暗めのファンデーションで代用

    自分の肌色よりも暗いファンデーションを使用すると小顔効果や、カバー力をUPさせる事ができます。
    もし、お持ちの方はこれらで代用していきましょう。

    お直しにも!筆ペンタイプのコンシーラーは大活躍!

    朝のメイクしたてのような状態をキープしたいけれど皮脂などの分泌が原因で、
    時間が経つとどうしても崩れてしまうベースメイク。
    そんなお直しの時にも役立つのが、この“コンシーラー”なんです。

    ピンポイントで崩れた箇所をお直ししたい!
    そんな時にオススメなのが筆ペンタイプのコンシーラー。
    ヨレてしまった場所、お直ししたい箇所をピンポイントでカバー出来るため、
    うっかり塗り過ぎちゃった、なんていうミスも防ぎます。
    筆先で細かいところまで塗れるのも、嬉しいですよね。

    直したい箇所に適量のコンシーラーをのせたら指で少しずつ馴染ませ、
    仕上げにパウダーをふんわり重ねます。

    お直しした部分は、どうしても他の場所との境目が出来てしまうため、
    ラメやパールの入ったハイライトを少しのせておくと、
    光の反射効果でお直し部分をキレイに見せてくれますよ。

    まとめ

    • コンシーラーはファンデーションでは隠し切れない部分的なお肌悩みをカバー
    • お悩み箇所によって、効果的な塗り方やオススメのアイテムが異なる
    • コントロールカラー”“クリームチーク”“一段暗めのファンデ”で代用可能!
    • 化粧直しには、筆ペンタイプのコンシーラーが大活躍!

    いかがでしたでしょうか?

    様々なタイプのあるコンシーラー。
    ご自身の肌質や、お悩み別に、色々と使い分けてみると良いですね。
    お気に入りのコンシーラーを見つければ、もっともっとベースメイクが楽しくなるはず!