あなたは普段、爪を切ったり長さを整えるときは何を使っていますか?
たぶんほとんどの人は爪きりを使っていると思います。

そして、爪きりの側面や裏側についているやすりを使って、爪の長さを整えていると思います。

私もそうだったのですが、実は爪切りに代わるもっと優秀なアイテムがあります。
名前だけ聞いたことのある人もいるかもしれません。

気になっていたけど、いまさら使い方を聞けない、、、
そんなあなたにそのアイテムをじっくり紹介していきます。

ズバリそのアイテムはエメリーボードです。
どうですか?どんなものか、用途は知っていますか??

エメリーボードって?

エメリーボードについてまずは基本的な情報について紹介していきます。
エメリーボードはブラックボードーとも呼ばれています。
名前の通り、色は黒色です。

主に爪の長さを整えるときに使います。
エメリーボードには80~220Gくらいのグリット数というものが存在します。
グリット数というのは簡単にいうと「粗さ」です。

80が粗く、数字が大きくなれば大きくなるほど細かくなります。

そして、次にエメリーボードを使用するうえで重要なのは「角度」です。
45~90度が一番イイと言われています。


そして、削るときは一方方向に動かすのが基本です。
これを無視してしまうと二枚爪になってしまうかもしれません。
注意が必要です!

詳しい基本的な使い方はこの動画で紹介します☆

エメリーボードについてはこちらの記事もご参考に!

時代は爪やすり!

爪を短くするためには爪切りでも爪やすりでも結果は変わらないんじゃない?
私はそう思っていましたが、実は全く違うんです。

でも爪切りの方が簡単だし、短時間で爪を切ることが出来る!
でも実はそれが落とし穴なのです。

爪切りを使用して爪を切ると、爪にすごい圧力をかけてしまうことになるのです。
爪やすりは順序良く爪を短くしていくことが出来ます。

爪は基本的に三層からできています。
爪切りで圧力をかけてしまうことによて、その層が乱れてしまい二枚爪になる原因になりかねます。

それに加えて、爪切りだと深爪になってしまう確率がグンと上がります。
深爪は痛いですよね、、、でも爪切りだともう気付いた時には深爪になっていますよね、、、笑
私もよくあります。

爪床には実は毛細血管が集中しています。
この部分がむき出しになってしまうととても危ない状況です。

少し手間がかかるかもしれませんが、爪切りではなく爪やすりを一度試してみるのも良いですね♪

エメリーボードのおすすめ

ここからはおすすめのエメリーボードを紹介していきます。
エメリーボードの種類は多種多様です。

金額もぴんからきりまであります。
自分に合ったエメリーボードをぜひ見つけてください。

おすすめも紹介しておきますね(*^^*)

グレースジェル エメリーボード

この商品は人工爪にも使用できるそうです☆
そして、そして口コミ欄がすごい!人気さが伝わってきました。

  • 爪を短くするので、際が削りやすいです。安いので愛用しています。1本1本袋に入っているのも衛生的でいいです
  • 荒すぎず、ちょうどいいげずり具合でたすかってまーす。
  • 思てたよりデカくて分厚かった。そんなに薄いとは思わない。けどかなりよく削れる!私は使えました。

見ていると、エメリーボードだけでなく他のアイテムまで欲しくなります♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
エメリーボード爪やすりというあまり普段は使わないという人にも
少し身近に感じてもらえる記事になったでしようか。

爪は詰め切る出来るのが当たり前。
そんな考え方は吹き飛ぼして、時代はつめやすり、エメリーボードです。

低価格で手に入るエメリーボードもたくさんあるので一度試してみてくださいね☆
ざらざらでもギザギザでもない、綺麗な形の爪を皆でゲットしましょう♪