ボディケアはしっかりやっていて保湿もばっちりという方も意外と見落としがちなハンドケア
手は意外と見られているものなんです。

綺麗は指先から!と覚えておきましょう。
寒い時期は乾燥手荒れが酷くなりやすいです。

しっかりハンドケアをすることで綺麗な手を手に入れることができますよ。
ハンドケアについてまとめてみたのでこの機会に見直してみてください。

ハンドケアに使える身近なものは?

ハンドケアといえば、ハンドクリームを思い浮かべると思いますが、
ハンドケアに使えるものは他にもあります。

今回はソンバーユ椿油乳液ホホバオイルヒルドイドの5つを紹介していきます。
基本的な使い方はどれも同じです。
適量を手に取り広げ、伸ばしてよく馴染ませてください。

ロングセラーのソンバーユ

  • 髪や体、顔など全身に使える
  • 成分は馬油のみという天然オイル
  • ベタベタしない


ハンドクリームだとベタベタしてしまうのが気になる方におすすめです。
使い方は、ハンドクリームの前にソンバーユを塗り込むだけ!

もちろんハンドクリーム代わりに使用してもOK。

椿油

  • 植物性の油
  • ヘアケアに適しているが、全身に使える
  • ベタつきもナシ!

椿油というとヘアケアのイメージが強いですが、全身にも使えます。

乳液

顔のお手入れのついでに手に伸ばしてしまえるのでズボラさんにも嬉しいケア方法ですね。

ホホバオイル


ホホバオイルを手に塗り、ビニール手袋やラップを着けてそのまま寝るだけ!
難しければ10分ほどに短縮してもOK。

コットンを使っても良いですね。

ヒルドイド

皮膚科で保湿剤として処方されるヒルドイド。
伸びはあまり良くありませんが保湿力がばっちり。

もちろんヒルドイドであっても自分に合わない場合もありますが
酷い手荒れに悩んでいるのであれば皮膚科で相談してみましょう。

ハンドケアについてはこちらの記事もご参考に!

即効性のあるハンドケアはどれ?

今回紹介させて頂いた5つのアイテムの中で即効性があるものの確かな情報は見当たりませんでした。
個人差や合う、合わないもありますし誰にでも効果がある!
という魔法のようなアイテムは存在しないのでしょうか…

しかし、できるだけ早く効果が出てほしい!
と望む方は先ほど紹介したようにビニール手袋をつかう方法がおすすめです。
手袋が水分の蒸発を防いでくれるので翌朝にはすべすべの手になれるんです。

100円ショップのものでOK。
手袋が寝ている間に外れないようにしておく必要がありますが輪ゴムは血流が悪くなるのでNG。

しかし、この方法が逆に乾燥を招くという意見もあります。
寝ながら手軽に出来て効果はありますが本来備わっているバリア機能が低下してしまう可能性があり、
過度なケアは逆にトラブルを招くこともあるので注意してください。

また、ハンドケア専用のアイテムを使うことでより効果が期待できますよ。

ハンドケア専用を使うのがイチバン!

身近にあるものを使ったハンドケア方法をお話してきましたが
やはり、ケアするには、それに特化したものを使うのがイチバンですよね。

そんな時にハンドケア専用のジェルを使うと良いですよ(*^^*)

ナールスゲンは、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分です。皮膚環境に着目し、自らの細胞力で、いつまでも若々しい肌を保つ働きがあります。

  • 最先端のエイジングケア成分ナールスゲンとダマスクローズ配合
  • ヒト型セラミド配合でなめらかで柔らかい肌へと導いてくれる
  • ナールスゲンとの相乗効果を発揮するにビタミンC誘導体配合
  • ターンオーバーを正常化をサポートするビタミンE誘導体配合

これらの作用で本格的なケアができるというわけですね。

着色料香料界面活性剤防腐剤は使用していません。
天然のダマスクローズの香りがリラックスさせてくれ、
つけた瞬間はうるおうのに浸透した後はサラッとしていて使い心地が良いのも嬉しいですね。
ハンド専用のものを使うことでより綺麗な手への近道になるでしょう。

まとめ

  • ハンドケアできるものはハンドクリームだけではない
  • ハンドケア専用のナールスロゼなら本格的なケアができる
  • 即効性についての確かな情報はないので鵜呑みにしない
  • 手袋やラップ、コットンなどを使うとすべすべになる

内容をまとめるとこのようになります。
いかがでしたでしょうか?
ハンドケアはハンドクリームでしかできない!
という事はありません。
今あなたがスキンケア用に持っているアイテムの中に、使えるものはあります。

もちろん専用のものを使うことでより効果が期待できます。
即効性のあるアイテムについては確かな情報はないので参考程度に留めておきましょう。
手袋を使った方法は即効性はありますがやり過ぎも良くありません。
適度なケアをして、ツルツルすべすべの手を手に入れてくださいね。