いちご鼻の原因となる憎き角栓
シートパックで取り去ったり、地道に洗顔料で洗い落とすしか方法は無いのでしょうか。

今では、超音波洗浄をして角栓を除去するという画期的な方法があるそうです。

今回は、超音波洗浄を中心とした角栓を取る方法についてご説明します。

角栓の超音波洗浄と口コミ

2016-07-31b

超音波で角栓を除去するといいますが、
一体どんな仕組みで角栓が取れるのでしょう。

これは単純に言うと、超音波による細かい振動を鼻の皮膚に与え、
毛穴から角栓を浮かせることで、取れやすくするというメカニズムです。

強い圧力や洗浄剤を使わなくても角栓除去ができる、お肌に優しい方法なのです。
お肌が弱い人や、除去することで更に毛穴が開くことが気になるという人には、
画期的な方法と言えるでしょう。

こちらはエステサロンでの施術ですが、
ホームケア用の機器も今では何種類も発売されているようです。

この超音波洗浄機は各メーカーが発売していますが、
特に人気があるのは「KOIZUMI ビジョーナ」です。

安心の大手家電メーカー製ということとも人気の理由の一つですね。

  • 使い始めて3カ月。すっかり習慣になってしまいました。
    気になっていた小鼻の周りががツルツルになり、毎日何枚も使用していたあぶらとり紙が不要になりました!

クレンジング剤やサプリのおすすめは?

なかなか魅力的な超音波洗浄機ですが、
それより洗顔方法を工夫して何とかしたい!
という人には、オイルタイプのクレンジング剤が良いですね。


スチーマーとの併用で効果upを狙えます。

ヴェレダなどのお肌に優しい系のミルククレンジングは、
角栓が取れるほどの洗浄力は無いようです。
油分が少ない乾燥肌や、敏感肌向けということですね。

では、内側から角栓を退治するという考え方から、
サプリでどうにかする方法はあるのでしょうか。
結論から言うと、サプリの力では角栓を除去することはできません。

ただ、脂漏性皮膚炎によって鼻に角栓ができるタイプの人には、
「ビオチン」というサプリメントが効くという噂があります。

ビオチンは脂漏性皮膚炎だけではなく、
アトピーなどにも効果を発揮する美肌成分。
食品からだけでは不足しやすいので、サプリで摂取するのが良いでしょう。

メイクで開いた毛穴を目立たなくする方法もある

地道な角栓除去はしていられないけれど、
とりあえず、明日だけでも毛穴レスのきれいなお肌で過ごしたい!という人なら、
やはりメイクで隠すしか方法は無いでしょう。

今では、毛穴を隠す機能が優れているファンデもたくさん出ています。

その中でも、大手口コミサイトで高評価なのが
「エスティローダーダブルウェアステイインプレイスメークアップ」。

とっても長い名前ですが、さすが有名化粧品ブランド、口コミの評価も素晴らしいです。

  • 毛穴が目立つ私ですが、これを塗ってからエスティーローダーのスポンジで
    トントン叩いていくと肌が綺麗に見えます。

  • カバー力のあるファンデーションならこれです。
    毛穴、吹き出物、コンシーラーなんかなくても全部カバーしてくれます。
    マットな仕上がりです。

上手に付けるにはコツが要るようですが、
それさえマスターできればきれいなお肌に見せられます。

角質培養で角栓が大きくなる?

巷では「肌断食」や「角質培養」というものが流行していますが、
この副作用として角栓が大きくなってしまうこともあるようです。
あまりお手入れをしない生活をするわけですから、皮脂が溜まりやすくなるのは当然ですね。


これはあくまで、薄くなった角質を元に戻すことが目的のため、
角栓が無くなる効果はそれほど期待できないようです。

ただ、乾燥肌気味で固い角栓が出るタイプの人は、
ターンオーバーが正常化すると角栓ができにくくなることもあります。

角質培養で美肌になれるかどうかは、個人差があります。
自分に合った方法かどうかを見極めてから行いましょう。

まとめ

2016-07-31c

角栓除去方法あれこれについてのお話でした。

超音波洗浄は、眼鏡屋さんの前にあるような洗浄機の原理と同じものなのだそうです。
薬品を使わずに美肌を手に入れられるのは、嬉しいですよね。

角栓を除去する方法はたくさんありますが、
それよりも大切なのは角栓を作らないようにすることです。

そのために、必要なのは肌の余分な皮脂をきちんと洗うこと、
そして皮脂の分泌を抑える食生活を心がけること。
そして何より、適切なスキンケアを行うことが大切です。

皮脂を取り去りすぎてもいけませんし、残しすぎてもいけません。
皮脂は角栓の元になりますが、お肌を保護する大事な成分でもあるのです。

自分の肌質に合ったスキンケアを見つけて、なめらかなお肌を目指しましょう。