あなたは自分のヘアスタイルマンネリ化を感じてはいませんか?
美容院でお願いするほどでも無いけれど、なんとなくヘアスタイルを変えたい…。

そんなときにおすすめなのが、毛先イメチェンです。
毛先のイメチェンはとても手軽なだけでなく、かなりのイメチェンになるはず。
毛先のイメチェンについて気になるあなたは、是非参考にしてみてくださいね。

セルフで毛先のイメチェンをする方法

ヘアスタイルやヘアカラーを自分で変えてイメチェンしてみたいけれど…
まずはちょっとしたところからイメチェンをしてみたい。
あなたはそう思ってはいませんか?

美容院で美容師さんに毛先のイメチェンをお願いしても良いのですが、
自分でやることによって達成感を味わえるだけでなく、
イメージ通りのヘアスタイルにすることができそうですよね。

セルフで毛先のイメチェンをするには、
色を変えたり、毛先の形を変えたりなどの2通りの方法があります。
どちらも簡単に手に入るアイテムを使ってできる毛先のイメチェン方法ですので、不器用なあなたでも簡単にできるはずですよ。

まずはそれぞれ、どのように毛先のイメチェンを施すのかみていきましょう。

色を変える

まずは、毛先の色を変えるイメチェン方法をみていきましょう。
ここでは、セルフで簡単に髪の色を変えることができるヘアカラー、
「マニパニ」こと「マニックパニック」を使ったイメチェン方法についてご紹介します。

マニックパニックは、発色の良さとツヤ感を売りにしていて、
初心者でも簡単に染めることができる優秀なヘアカラーです。
カラーは全48色と、満足のいくバリエーション!

2つのカラーを混ぜ合わせて、自分好みのカラーを作っても良いですね。

こちらはヴァンパイアレッド
思っていた以上に発色が良く、満足している声をたくさん見つけることができました。
ライブなどのイベントで、この日だけ染めたい!という場合にピッタリですね。

もちろん、ブリーチをすればもっと色の持ちは良くなるようですので、
TPOに合わせて使い方を変えても良いのかもしれません。

  • 結果大満足でした!ほんのりニュアンス程度、でも色が付いてる!と分かる染まり具合が理想だったのでまさにそんな感じになり嬉しいです。バイト先があまり派手な髪色だとだめなのでピンクすぎということもなくこれなら問題なさそうです。
  • 少量つけて伸ばしても色がつくところは最初につけたところ?だけで、伸ばしてつけたところはほとんど色が入ってませんでしたので、ケチらずたっぷり髪の毛につけてコームなどでムラが出来ないように伸ばすことをオススメします。上記の分だけ見るとマイナスかと思われるかもしれませんが、全くそんなことはなく、一回使用してみればすぐになれると思います。個人的には染めるほど色はつけたくなくて、イベントがある一時期でよかったよで、とても助かりました。
  • 発色がいいです。ブリーチをしたあとに入れてるからか、持ちがいいです。あと何週間か経てば落ちると思いますけど意外と長持ちします。

マニックパニックを使って毛先の色を変える場合、他に用意するものは4つ。

  • ゴム手袋
  • コーム
  • サランラップ
  • ケープ

この4つのアイテムを準備しましょう。

【やり方】

  1. シャンプー後、しっかりとタオルドライをする
  2. ケープを首周りに巻き、ゴム手袋をはめた手で毛先にマニックパニックを馴染ませる
  3. コームを使って髪をしっかりと梳かす
  4. 毛先をラップでくるんで20分〜30分程放置する
  5. 床に近い位置でマニックパニックを流し、シャンプーをする

こちらの動画を参考にしながらカラーしてみてくださいね(*^^*)

ヘアケアについてはこちらの記事もご参考に!

形を変える

次に、毛先の形を変えるイメチェン方法です。
これは髪の毛先の色を変えるよりも至って簡単な行程で、毎日違ったヘアアレンジ方法を楽しむことができます。

まず、毛先を内巻きにする方法。

使用するアイテムは、32mmヘアアイロンです。

  1. 髪を5束ほどに分けブロッキングをする

  2. 髪の中間あたりをヘアアイロンで挟み、滑らせるようにカールさせる

    手首を内側に返しながらくるんとカールさせると、綺麗な内巻きができる

  3. 全ての毛束を内側に巻いたら完成!

内巻きを持続させたいというあなたは、髪を巻く前に巻き髪ウォーターを噴射したり、
巻き終わった後に、ヘアワックスを髪全体にクシュクシュと馴染ませると良いでしょう。

次に、毛先にゆるいパーマをあてる方法。
これも、髪を内巻きにする場合と同様に、ヘアアイロンを使用します。
ここで気をつけてほしい点が、ロングヘアの人は32mmのヘアアイロン、
ショートヘアの人は19mm26mmのヘアアイロンを使うことです。

髪の長さに合った太さのヘアアイロンを使わないと、イメージと違ったパーマのようになってしまいます。

  1. 髪を5束ほどに分けブロッキングをする
  2. 髪の中間あたりをヘアアイロンで挟み、毛先まで滑らせる
  3. ヘアアイロンが毛先を挟んだら、クルクルと毛束をヘアアイロンに巻きつける
  4. 数秒固定し、巻きを固定したままヘアアイロンをはなす
  5. 髪の熱が完全に乾くまではその毛束は触らず、他の毛束も同じように巻いていく
  6. 全体が巻き終わったら、髪をほぐし自然なパーマになるようにする

こちらは髪の毛先を内巻きにする場合よりも難易度は高くなりますが、
マスターしてしまえば数分でセットが完了します。

最後に、毛先をストレートにする方法です。
天然パーマや寝癖がついてしまった毛先は、あまり綺麗には見えないかもしれません。
そんな場合は、ストレートアイロンを使って、まっすぐの毛先をつくりましょう。

  1. 髪を5束ほどに分けブロッキングをする
  2. 根本より少し下のあたりをヘアアイロンで挟み、毛先まで滑らせる
  3. 中間あたりから毛先までもう一度同じ毛束をヘアアイロンで滑らせる
  4. 同じ工程を他の毛束も繰り返す

また、髪のツヤ感をUPさせたいというあなたは、
ヘアアイロンの後に、髪全体にヘアオイルを軽くつけると良いでしょう。
ツヤ感がUPするだけでなく、アホ毛がまとまって綺麗なストレートヘアになります。

まとめ

いかがでしょうか。
髪の毛先を少しイメチェンするだけでも、大きく雰囲気が変わって、いつもと違った自分が楽しめるはずですよ。

まずはあなたができそうなイメチェンから始めてみては?