コスメはつい何本買いすぎて集めてしまいますよね。
特に唇は色を変えるだけで大きくイメージが変わるので、似たような色の口紅をまた買ってしまった!
という経験もあるのでは?

使用期限も決まっているのに使いきれなくてたまっていく一方。
でも口紅を集めることはやめられない!

多くの女性がトリコになる口紅。
コレクターとして知っておきたい疑問や塗り直し方などをまとめてみました。

口紅何本ぐらい持ってる?買いすぎちゃうコスメは?

他の人は何本ぐらい口紅を持っているのか気になりませんか?
多くの女性は、3本~10本くらい持っているようです。
お気に入りのブランドがあったり、収集ぐせがあると30本以上!という方もいます。


限定品や新色が出ると気になってしまいますよね。
少し見るだけのつもりで店に行ったのについ買ってしまった!

なんてこともあるように、
カラーバリエーション豊富なアイシャドウなども買いすぎてしまうコスメのひとつです。

マスカラは早めに使い切った方が良いこともあり、
ロングタイプやカールタイプなど機能別に集めたり、特にプチプラコスメを色違いで買う方が多いようです。

使い切れなくてもかわいいパッケージを眺めるだけで幸せ!
その思いからどんどん増えていってしまうんですね。

女性は口紅を食べていた!

女性は人生で10本の口紅を食べていると聞いたことはありませんか?

もちろん人によって口紅の使用頻度も変わりますが
多くの女性は数十本分の口紅を食べてしまっているようです。
いくら成分が安全なものでも何度も塗り直し、知らないうちに食べてしまっているのは怖いことです。

とはいってもおしゃれは辞めたくなかったり仕事上、メイクしなければならなかったりすると思います。
口紅の成分に気をつけたいですね。

タール色素が使われていないノンケミカルの口紅も注目されています。

優しい成分で作られているので通常の口紅よりも安心です。

リップケアについてはこちらの記事もご参考に!

口紅も汗をかく!?

口紅の表面に水滴がついていた!
これって大丈夫?と心配になりますよね。

なぜこのような状態になるかというと
夏など高温多湿な環境では油分が表面ににじみ出てしまうからです。

品質に問題はないとされています。
ただ、古い口紅に起こりやすいようなのでこまめに手持ちの口紅を見直すといいですね。

これでもう前歯に口紅はつかない!?

口紅が前歯についてしまった!
一度は経験があるのでは?
以下のポイントを抑えることでかなり防げるようになりますよ。

  • 塗りすぎない
  • 塗ったあとティッシュオフ
  • 口の中を乾燥させない
  • 落ちにくい口紅を使う
  • リップコートを使う

このようにつきにくい工夫をしましょう。
どれも難しいものではなく、ひと手間かけるだけです。


暗いところでメイクしていると塗りすぎてしまい前歯につく原因になってしまいます。
十分明るいところでメイクしましょう。

出先でお直しするときに綺麗に塗り直す方法も簡単なんですよ。

まず、すでに塗っている口紅を落とします。
リップクリームなとで保湿してから口紅を塗ります。

最後にテイッシュオフするだけ!
ほんのひと手間で仕上がりに差がつくので、ぜひやってみてくださいね。

まとめ

  • 口紅やアイシャドウはつい買いすぎてしまう
  • 女性は数十本の口紅を食べていた
  • 口紅の水滴はにじみ出た脂で品質には問題なし!
  • 口紅はテイッシュオフ

今回の内容をまとめるとこのようになります。

ついコスメを集めてしまうのは女性の悩みです。
やはり色モノや限定、新色に目がいってしまう方も多いようですね。

女性は生涯で数十本もの口紅を食べているんだとか。
十分安全に配慮してあるといっても不安になってしまいますよね。

日頃から使うコスメの成分について知るために勉強してみるのもいいかもしれませんね。
口紅の水滴はにじみ出た油なので基本的に使用しても大丈夫なようです。

コレクションするのは楽しいですがたまには手持ちを見直すことも大切です。
古くなったものなどは使わないようにしましょう。

口紅が前歯につかないようにしたり、綺麗に塗り直したいときにテイッシュオフは大活躍しますよ。