ノロウイルスに罹った時に
重要になるのが感染経路です。

どこの何から感染したかを知ることで
感染拡大を防げ原因を排除することができます。

韓国産のキムチが問題になったこともありましたが、
他の国でも感染の可能性はあるのでしょうか?

海外旅行に行った時に気をつけることと感染した場合の海外での対策方法も考えてみましょう。

<Sponsored Link>

ノロウイルスの感染経路

Woman sitting on edge of bathtub holding stomach

ノロウイルスは3つの感染経路があります。

  • 汚染された食品・便・嘔吐物による接触感染
  • 飛沫となったウイルスからの飛沫感染
  • 便や嘔吐物の処理後に空気中に残った空気感染

この三つが原因となり、感染が拡大します。

生牡蠣や貝類がノロウイルスに汚染されているのに、
加熱を充分にしないで食べたことによる感染や
ノロウイルスに感染している人が
手にウイルスをつけたまま調理することで
食品にウイルスがついてしまった食べ物を食べたことによる感染。

ノロウイルスに罹っている人の便や嘔吐物を処理した時に
手にウイルスがついてしまいそれを十分に落とせていないために感染してしまうことがあります。

感染が直接汚染された物を食べるだけでなく、
その後も感染が広がるため充分な注意が必要なウイルスです。

韓国産キムチからの検出!韓国旅行は大丈夫?

ノロウイルスに汚染されたキムチから
ウイルスが検出されたという記事も出たことがあります。

ノロウイルスは寒さに強く、加熱しないといけません。
キムチなどにつくとそのまま食べる場合が多いので
一度ついてしまうと感染拡大に繋がります。

それはキムチだけでなく加熱していない食品に関しては
流行っている時期には全ての食品での注意が必要です。

韓国旅行に行ってなるのではなく、
ウイルスによって汚染された食品から感染が広がるので
海外では生物を食べるときには充分注意をするか避けることで感染を防ぐことになります。

海外旅行でノロウイルス感染をしないように気をつけることとは!

海外旅行では日頃食べ慣れていないものや
衛生上問題のありそうなお店は避けるなど基本的な予防はもちろん必要になります。

ノロウイルスの場合、食べ物から直接感染することを防ぐには
十分に加熱されていることを確認することと、生物の場合はなるべく避けます。

もしも、食べる場合自分がとても元気である時に
新鮮で清潔な衛生状態の良いお店を選ぶとしてもリスクがあることを考えたほうが良さそうです。

そして、直接食べなくても感染するので
トイレの後は十分過ぎるほど手洗いをするか
携帯用の消毒薬なども使えるように準備します。
食事の前など口に物をいれる場合も手洗いをするほうが安全です。

容器に触れずに、ハンドソープが出てくるタイプは
共同で使用する場合にも衛生面で安心できますね(*^^*)

正しい手洗い方法はこちらの動画を参考にしてみてください♪

ノロウイルスの感染する可能性のある国とは?感染を見分ける方法

厚生労働省の資料によるとノロウイルスの人への感染が報告されているのは
アメリカ、イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、フランス、スペイン、
オランダ、アイルランド、スイスなどで世界中で感染する可能性があるようです。

潜伏期間1〜2日後嘔吐下痢が起きますが
発熱は軽度で1〜2日で治ります。
感染しても発症しない場合もあり、
他の下痢の症状と見分けるには病院で検査するしかありません。


海外で感染するケースは、とっても多いようですね(*_*)

海外で感染した場合の対応

海外で感染してしまった場合、症状の度合いにもよりますが、
軽い下痢だけの場合は治るまで水分補給をしながら回復を待ちます。

整腸剤などは使えますが
下痢止めはウイルスを外に出すことを妨げるのでなるべく使わないほうがいいです。

2日以上たっても症状が治まらなかったり、
水分も摂れない状態の場合はすぐに医療機関で診察してもらうことが必要になります。

ノロウイルスについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

旅行前にできる対策方法

衛生状態の悪い国を訪問する際は
抗菌薬を予防に使う場合がありますが、
これは医師に相談して十分に注意しながら行いましょう。

乳酸菌製剤も旅行中に予防効果があると言われていますが、
日頃から腸内環境を整えておくことも対策になります。

まとめ

2016-09-29c

せっかくの楽しい旅行を感染症で
大変な思い出になってしまわないように、
日頃の生活の時よりもより慎重に手の清潔を保って防げるなら防いで楽しい思い出にしたいですね。

でももし感染してしまったら海外で不安にならないように
予め診てもらえる病院などを調べておくと安心かもしれません。