家庭にノロウイルス感染者が出た時は、掃除に気を遣うものです。

消毒が万全ではない雑巾を使ったり、
掃除機を使うとウイルスが広がってしまうという噂もありますね。

そんなお悩み解消のために、
ノロウイルスの消毒を行ってくれる業者があるそうです。

今回はノロウイルスと掃除のお話を中心にお伝えします。

ノロウイルス感染者が出た時の掃除の基本

Cute red-haired woman cleaning the floor while kneeling

ノロウイルスは、アルコール消毒では除菌できないウイルスです。


こんなふうに、
未だに間違った知識が広がっているところもありますが、
そろそろ正しい知識も定着しつつあるはずです。

ノロウイルス感染者が家族に出た場合は、
ハイターなどの塩素系漂白剤を薄めた消毒液で拭き掃除するのが基本です。

塩素系漂白剤を使った消毒液の作り方は、
1リットルの水に
塩素系漂白剤(次亜塩素酸濃度が5%のもの)を20ml入れて混ぜるだけ。

この消毒液を浸した雑巾を使って、
感染者の生活スペースやトイレ、ドアノブなどを拭き掃除しましょう。

テーブルなども、清潔な布巾やペーパータオルに
消毒液を染み込ませて拭き取るようにして下さい。

テーブル拭き用には、あらかじめ、
別のスプレー容器に入れた消毒液を用意しておくと便利です。

掃除機が感染拡大の原因になるって本当?

ここでお気付きでしょうか、
ノロウイルス感染拡大予防のための掃除には、
掃除機」という単語が見当たりません。

そう、ノロウイルス感染者が出た時は、
掃除機を使うべきではないのです。

なぜなら、
掃除機でウイルスが付いた塵や埃を吸って集めるため、
タンクの中にはウイルスも大量に集まっていることになるからです。

この塵の塊を処理するときにうっかり吸い込んで感染したり、
少量こぼれた塵に触れた家族が感染したりなどの例が多いそうです。

ノロウイルスが付いた塵は、
0.1ミリグラムでも感染の原因になると言われています。

ノロウイルスはほんの数十個でも
感染するくらいの強力なウイルスですから、
目に見えないくらいの塵が体内に入っただけでも
危ないということは納得が行きますよね。

ノロウイルスの感染者が出てから
嘔吐下痢がおさまるまでの間は掃除機の使用を控え、
それ以降もウイルスの排出が続いている恐れがあるので、
その後一ヶ月くらいは掃除機のゴミ処理を野外で行う、
マスクや手袋を着用する、ゴミを密閉して捨てるなどを守るようにしましょう。

ノロウイルスについてはこちらの記事もご参考に♪

消毒業者は何をしてくれるの?

最近よく目に付くのが、ノロウイルス消毒業者という言葉。
飲食店や病院、福祉施設などで
このような業者に消毒してもらうのはよく知られていますが、
実は、業者によっては一般家庭の消毒もしてくれるのです。

次亜塩素酸系の消毒液による消毒がメインですが、
ウイルスが溜まりやすい汚れた箇所の掃除や、
ご家庭では見落としがちなところまで隅々掃除してくれるので安心です。
(業者によって内容は変わってくるようです。)

料金は1回2万円~と、手が届かない金額ではありません。
これを高いと取るか、安いと取るかは、
ノロウイルスに対する意識の違いなどによっても変わって来るでしょう。

自分で業者並みの消毒を行いたい人は、
このような次亜塩素酸の除菌スプレーや
最初に紹介した塩素系漂白剤などで
家の隅々まで拭き取る、
汚れの溜まりやすいところを見逃さないなどの手間が必要になります。

かなりの掃除好きでないと難しくなりますが、
お金をかけられない人は、業者並みの完成度を目指してみるのも良いかもしれません。

まとめ

2016-12-05c

ノロウイルス対策としての掃除方法などについてご説明しました。

秋冬に猛威を振るうノロウイルスは、
お子さんや高齢者がいる家庭、
そして、飲食関係に勤めている人にとっては、敏感にならざるを得ません。

勤め先によっては、家族にノロウイルス感染者が出たら
即出勤停止という厳しいところもあるようです。

私にはレストランで働いている友人がいるのですが、
お子さんが保育園からもらってきたノロウイルスに感染し、
3カ月もの間、出勤停止になったそうです。
これでは、家計へのダメージも甚大ですよね。

このように、ただでは済まないノロウイルスですから、
家族に感染者が出た場合は
被害を最小限に抑えるための手間と工夫を惜しまないようにしたいですね。