親知らずは、他の虫歯の治療でレントゲンを撮った時に、
親知らずを指摘されることが多くないですか?
その後は抜歯という事になってしまいます。

虫歯の時でも抜歯はしますけど、あの圧迫感は恐怖ですよね。
麻酔をするときも絶対適当に刺してない?と思うぐらい痛いです。

其の抜歯の痛みがの方が痛いというのは知っていましたか?
そう言われると、上の歯を抜いた時は、痛みも腫れも少なかったような気がしませんか?

下の歯は、抜歯に手間出るので痛みや腫れもでてきやすいそうですよ。
詳しく説明させて頂きます。

<Sponsored Link>

親知らずとは?

2016-09-15b

親知らずは、親不知とも書きます。
奥歯の一番奥の歯、大臼歯です。

人の永久歯は28本ですけど、親知らずはこの中に含まれていません。
20歳前後に生えてくるのが普通です。
昔は寿命が短くて、永久歯が生えてくるころには、
親が亡くなっていたことが多いことから、この名前が付いたと言われています。

ちなみに英語では、wisdom tooth といいます。
物事の分別が付く年齢に生えてくるからだそうです。
日本でも智歯とも言います。

親知らずは抜かなければいけないの?放置するとどうなるの?

歯を抜くのは痛くて、怖くて大変です。
親不知は抜かなければいけないものなのでしょうか?

でも抜かなくてもいい場合があるそうです。
歯磨きができていて変な向きに生えていない、
虫歯になっていない場合は抜かない場合が多いそうです。

最近は、残しておいて後で使えるようにする事も多いそうですよ。
親不知は、奥で歯磨きが十分にでき無きことが多くて、虫歯になるさが確率が多いそうです。

虫歯になったら、治療器具も届かないこともあって、
しっかりと治療ができないことも多いので、抜く場合が多いそうです。
抜くのは次の場合は対象になります。

  • 虫歯になった時
  • 生え方が悪く、手前の健康な歯を押してしまったりするとき
  • 横に向かって生えている。
  • 中途半端に生えていて歯の一部だけ見えている。
  • 骨の中に埋まっていても、レントゲンで観ると問題がある場合。

親不知を放置すると、磨き残しが原因で虫歯や歯周病になってしまいます。
また、変な向きの親知らずが健康な歯を押して、その健康な歯が痛くなります。
かみ合わせも悪くなると、頭痛、肩こり,首こりを引き起こしてしまいます。

抜歯の必要がない場合はそのまま綺麗に保つことが大事。

小さな隙間にも入れる小さなヘッドの歯ブラシを使うと
磨き残しが少なく、虫歯や歯周病になりにくいですよ。

親知らずの抜歯の方法は?下の歯は痛い?腫れや痛みは?

親不知の抜歯の方法は、最初にレントゲンで位置や向きを確認します。
歯や歯茎に麻酔の注射をするする時に痛くないように、歯茎に塗る表面麻酔をします。

麻酔が効いてきたときに麻酔の注射をします。
効いてくると、口の感覚がなくなってきます。
その頃を見計らって抜歯をします。

抜いた後は、消毒をして圧迫止血をするまで
綿花やガーゼを噛んでいてくださいねと言われます。

抗生物質痛み止めの薬が出されて終わりです。
歯茎を切開した場合は、抜いた後に縫合するので1〜2週間後に抜糸です。

腫れは、翌日から3日間がピークで徐々に引いていくみたいです。
痛みは人によって差があります。

歯の抜けた後の穴に血が溜まった状態で良くなっていくそうです。
直後はうがいをしないように言われると思います。

うがいをやり過ぎや何かの原因で、血の塊がとれてしまうと痛みが続くそうです。
上の歯は、骨も柔らかく麻酔も効きやすいので、切開しなくてもすぐに抜けるそうです。

腫れや痛みも少ないことが多いみたいです。
逆に下の歯は、骨が硬く、中に埋もれていたりするので抜くのに、切開したり削ったりと手間がかかります。

すぐ下に太い血管や神経があるために、抜歯は大変で痛みや腫れも多くなるそうです。
https://twitter.com/misonov/status/577238125526667264/

痛くない抜歯方法は?

口の中が汚いと、抜いた後の傷から細菌が侵入すると痛みや治りが悪くなります。
歯茎を引き締めておくと抜歯の時の痛みも少なくなるそうです。

痛くない抜歯の方法で、超音波で親知らずを浮かして抜く方法ピエゾサージュという方法があります。

保険適用外になるので料金は、歯医者さんで確認してください。

まとめ

2016-09-15c

歯を抜くのは嫌ですけど、
親知らずは抜いたほうがよさそうですね。

放置すると、もっと大変なことになっても困ります。
抜歯の日は仕事を休むという人も時々いますね。

歯を抜くと痛みもありますけど、どっと疲れるのは確かです。
抜かなくても歯医者にいくと恐怖と痛みに耐えるのに力を使い果たしてしまいます。

抜く前には体調を整て置くのは大事ですけど、仕事を休む必要はありませんよ。