お子さんがプールに入った後に熱を出してしまうことは今までにありませんでしたか?

あるウイルスに感染し高熱を出してなかなか下がらない人もいるというプール熱

今回は、プール熱がうつってしまったときの経過や対処の仕方などを紹介します。
いざうつってしまっても落ち着いて対応してくださいね。

<Sponsored Link>

「プール熱」はなぜ「プール熱」と呼ぶのか

2016-04-29b

まず、「プール熱」そのものについてお話します。
プール熱は、医学用語で「咽頭結膜熱」と呼ばれています。
その原因は、。「アデノウイルス」という微生物。

この微生物が接触感染により人の体に入り込み、
ノドの痛みや、結膜炎、そして高熱を引き起こします。

詳しくはこちらの動画を見てみてください。

アデノウイルスは、アデノイドの組織より発見されたウイルスで現在特効薬というものはありません。

そしてこのウイルスはプールに入ることによって
感染してしまった例が多いことから「プール熱」と呼ばれているのです。

プール熱がうつってしまった…症状と経過

プール熱の潜伏期間は5〜7日です。

潜伏期間の間は体外に放出されるウイルスはごく少数で、
うつってしまう確率は低いと言えますが、

完全に症状が出てしまった場合かなりのウイルスが放出されるので外出などは避けましょう。


プール熱の症状についてですがまず「高熱」が出ます。
38〜40度の熱が4〜7日ほど続くので少し心配になりますが、日にちが経てば元気を取り戻します。

次に「喉の痛み」が挙げられます。
4〜5日間は喉が赤くはれ、咳が止まらなくなってしまいます。

そして「結膜炎」の症状も出ます。
目が赤く充血して、痛みを伴ったり目やにが出たりして、目を開けるのが辛くなってしまいます。

1週間ほどですべての症状が回復しますが
熱が下がっても翌2日間は安静にしていることが大切です。

病院に行くべき?自分でできるケアってあるの?

特に子どものプール熱感染は重症になりかねないので必ず病院に行くようにしてください。

しかし、アデノウイルスに対する特効薬は現在ないので
目薬やトローチ、解熱剤を処方される程度ですが
医師のアドバイスをもらうためにも病院には行きましょうね。


家でできることとしては「高熱」に対しては脱水症状に気を付けます。
こまめに水分を取り、少しでも早く熱を下げることが大切です。

「喉の痛み」に対しては喉への刺激が少ないもの
(プリンやゼリー、野菜ジュースや冷ましたおかゆ)を少しずつ与えるようにしてください。

「目の痛み」に対しては病院で処方された目薬を使うのが1番です。
できるだけ目をこすらず、涙をふくときは毎回新しいティッシュを使うようにします。

高熱が続く「プール熱」を普段から予防しましょう

夏に感染しやすい「プール熱」。
アデノウイルスからお子さんや自分の身を守るために
普段から気を付けたいことをまとめてみました。

・プールに入る時は
アデノウイルスは目や口から体の中に侵入します。
プールに入る時は必ずゴーグルをしましょう。
そして水を飲みこんでしまわないように気を付けます。
もしゴーグルをしたとしてもプールから出る時は目を洗ってくださいね。

・プールから出たら
目をよく洗い、うがいをします。


参照:楽天市場

この時、自分で目薬ができるように、おうちで特訓しましょう。
シャワーでプールの水を良く流します。
ロート こどもソフトのお求めはこちら

・家族との接触
プールに入った日は、家に帰ってからも予防をします。
家族とのタオルの共用は避けましょう。
お風呂に入る時もまずはシャワーで身体や髪を洗い流すことが大切です。

まとめ

2016-04-29c

いかがでしたか?
夏のお子さんたちの楽しみといえば「プール」ですよね。
楽しいプールも、アデノウイルスに感染してしまったら1週間は寝込んでいなくてはなりません。

そうならないように、プールの時期は徹底的に予防をしましょう。
感染源を対処するためには「洗い流す」ことが1番大切なので
プールから上がったときの予防が重要になってきます。

お子さんにもきちんと指導することはもちろんですが、
子どもだけでなく大人でも感染してしまうことがある病気なので、
例えばお子さんを連れてプールへ遊びに行くときなどはご自身の予防も忘れずにしましょうね。

もしかかってしまったら、
症状が軽いうちに病院へ行きお医者さんのアドバイスをもらうようにしましょう。