インフルエンザが全国的に警報レベル・・・さらに拡大する恐れも懸念されています。
そんなインフルエンザの治療薬であるリレンザの副作用として、
蕁麻疹や腹痛に頭痛を起こして可能性があるようなのです・・・

ここではリレンザについてや長所や短所、副作用の蕁麻疹や腹痛、頭痛について紹介していきます!

<Sponsored Link>

リレンザとはいったいどんな薬?

relenza_fr_lt_l

リレンザはインフルエンザ治療薬の1つであり、
タミフルと同じ時期に日本では保険適用になっています。
リレンザというと、タミフルよりも後に出てきた薬というイメージがあるのですが、
実際に開発されたのはリレンザのほうが先なのです。

ただし、リレンザは経口薬ではなく吸入薬であるため、
簡単に服用することができるタミフルの方が人気となったので、
保険が適用された当初はあまり処方されることはありませんでした。

しかしながら、タミフルによる異常行動が問題になったり、
タミフルに耐性を持つウイルスがあらわれたことで、
リレンザも注目を浴びるようになったのです。
リレンザはタミフルと同じくA型とB型の両方のインフルエンザに効果があります。

リレンザは吸入するタイプの薬で、使い方としては「ディスクへラー」
という専用の吸入器が必要で、1回2吸入を1日2回、5日間続けなくてはいけません。

リレンザにもインフルザウイルスの増殖を抑える作用があるので、
発症後48時間以内に服用を始めないとほとんど効果はなく、
できるだけ早い段階で服用しなければあまり意味がないのです。

インフルエンザ治療薬のタミフル・リレンザの長所と短所とは?

タミフルとリレンザは、A型・B型のインフルエンザ両方ともに効果があり、
それぞれ長所と短所があるので、タミフルとリレンザの長所・短所について紹介していきます。

まずタミフルの長所は、内服薬であるので、子供や高齢者でも簡単に服用できるということです。
また、保険適用外となるのですが、インフルエンザの予防としても服用することができるのです。
タミフルの短所は、その因果関係ははっきりとわからないのですが、
未成年に異常行動が見られることや消化器症状の副作用を起こしやすく、
タミフルに耐性を持つウイルスが確認されていることです。

タミフルの副作用によって大人はめまいや吐き気がよく見られる?

一方のリレンザの長所は、吸入薬であるため体内への吸収が緩やかで、
副作用が出にくいことや現時点ではリレンザに耐性を持つウイルスは存在しないということです。
リレンザの短所は、吸入薬であるため子供や高齢者の服用が少し難しいことと
呼吸器系の疾患がある人は、逆に呼吸器系の症状が悪化してしまう恐れがあるということです。

リレンザによる副作用は蕁麻疹や腹痛に頭痛?

inicio-menstruação

上でリレンザの長所として副作用は出にくいと紹介したのですが、
出にくいというだけで全く出ないというわけではないのです。

リレンザの長所は、予想される副作用の小ささなのです。

リレンザの副作用として、鼻の炎症 、鼻血、下痢、頭痛、腹痛、
発疹、悪心、嘔吐、嗅覚障害、かすれ声などがあり、
この他にもショックや失神などの副作用の症状が報告されているようです。

免疫力が低下している人、過敏症、慢性の代謝性疾患をもつ人、
気管支喘息、肺気腫などの呼吸器疾患のある人の場合は、
リレンザの安全性は確かめられていないのです。
そして、妊婦、乳幼児、高齢者に対する安全性も保証されていません。

リレンザの副作用はまだまだ確認されていないものもあるのですが、
リレンザの副作用はタミフルよりも少ないと報告されていることも事実なのです。

リレンザ重大な副作用

リレンザの吸入によって、もし以下のような重大な副作用があらわれたときは
特に注意するようにしましょう。ショック、アナフィラキシー反応症状があらわれることがあり、
リレンザ服用後は十分に観察するようにして、かゆみやむくみ、
蕁麻疹、発疹、顔面・喉頭浮腫、蕁麻疹、呼吸困難、
血圧の低下などがあらわれた場合には服用をやめて、
すぐに医師に相談するようにしましょう。

リレンザを服用するときの注意点

特に幼児や未成年者においては、インフルエンザの発症後、
リレンザの服用の有無を問わず、異常行動などの精神・神経症状
あらわれることが知られています。

自宅で療養する場合、異常行動による転落事故などを防ぐため、
インフルエンザ治療を始めてから少なくても2日間ぐらいは
寝ている間も含め幼児や未成年者が1人きりの状態にならないように気を付けましょう。

異常行動など主な精神・神経症状

  • とっぴな普段とは違う行動をする
  • うわ言を言ったり、いきなり興奮したりする
  • 幻覚が見えたり、 妄想をする
  • 意識がぼんやりしたり、なくなる、または混濁する
  • けいれんが起きる

タミフルもそうですが、リレンザなどは異常行動などの副作用が起こり、
稀にニュースでも取り上げられることもあり心配ですよね。
漢方を飲んで治す方法を取り入れている病院もあるみたいです。


参照:楽天市場

昔からインフルエンザの治療法として漢方が使われていたそうですし
そもそもインフルエンザは自然治癒できる風邪だそうです。
この麻黄湯はタミフルと同等の効果があるという臨床結果も出ています。
インフルエンザ患者に麻黄湯を処方する病院もあるようですし、
タミフルやリレンザを処方されて心配な方は、こちらを使用してみてくださいね。

麻黄湯のお探しはこちら

まとめ

最後になりますが、リレンザには副作用として
蕁麻疹や腹痛に頭痛などが起こる可能性があるようです。
もし服用して副作用を起こしてしまった場合は、決して自己判断せず、
焦らずすぐに病院へ行って医師に相談するようにしましょう。