リウマチ熱という病気、ご存知ですか?

リウマチというと、関節リウマチが有名ですが、それとは全く別物の病気。
発熱、多関節炎といった症状が見られ、ペニシリンやアスピリンといった薬が治療に用いられます。

日本での発症率はとても低い病気ですが、だからといって、注意は怠れません。
自分がかかった時や、身の回りに発症患者さんが現れた場合、
適切に処置できるよう、リウマチ熱について学んでおきましょう!

リウマチ熱とは

2016-05-21b

リウマチ熱は、溶血性連鎖球菌に感染することで
咽頭炎や扁桃炎が起こり、その治療が不十分だった場合、
症状の治まってから2〜3週間後に突然高熱を出す病気です。

その約70%に、強い関節痛を伴うことも特徴です。
心炎の症状を起こすことも多く、適切な治療を施さないと、
心弁膜症を発症し、その後、後遺症を残すこともあるので注意が必要です。

好発年齢は、5〜15歳の小児。
既に原因が究明され、治療法も確立されている病気なので、
日本での発症患者さんはあまり見られません。

しかし、発展途上国では未だ猛威を振るっている病気です。

リウマチ熱の症状

リウマチ熱による症状の特徴は、
39℃前後の高熱と、高確率で現れる強い関節痛です。

この関節痛は、肘や膝、足首、肩等に炎症を起こし、
まるで関節痛が移動しているように、

痛む関節があちこち変わります。
その特徴から、移動性多関節炎と呼ばれています。

発症患者さんの半数が起こす心炎は、
初期のうちは無症状ですが、心炎が進み、心臓の弁を障害されるにつれて、
次第にむくみ、倦怠感といった症状が現れ、
頻脈等の、心不全症状が見られるようになります。

稀に、輪状の紅斑や皮下のしこりといった
皮膚症状の現れることもありますが、痛みや痒み等の症状はありません。

熱の収まった後、不随意運動と呼ばれる、
手や足が意思に反して勝手に動く症状が現れることがあります。

踊っているように見えることから舞踏病と呼ばれ、
情緒不安定になったり、言動が乱暴になる等といった
異常行動が見られるケースもあります

リウマチ熱の治療方法

では、リウマチ熱はどのように治療するのでしょうか?


まずは、原因となっている溶血性連鎖球菌に対し、
ペニシリン系抗生物質を使います。

リウマチ熱に一度罹ってしまうと、
その後も溶血性連鎖球菌に感染しやすいため、
長年にわたる、ペニシリンの予防内服薬治療が行われることになります。

発熱、多関節炎の症状にはアスピリン、
心炎、舞踏病にはステロイドがそれぞれ使用されます。

発熱時の対処方法

まずは解熱剤のアスピリンを服用して安静にし、
熱を逃がすことと、こまめな水分補給を心がけましょう。

発熱時に冷却シートを用いる方も多いかと思われますが、
実は、冷却シートは、熱を冷ます効果が低いんです。
熱のある時に、おでこを冷やすと気持ちの良いものですが、
おでこを冷やしても、原因の熱を下げることはできないんです。

発熱時に冷やすべきなのは、太い血管の通っている脇の下や太ももの内側。
太い血管を冷やすことで、その先に冷たい血液が流れ、熱を奪ってくれるんです。

首の周辺も、冷やすべきポイント。
首の周辺は、沢山の血管があるので、
そこを冷やすと、頭の熱を下げて気持ちよく眠れます。
水枕等を使って、冷やしてください。

発熱時には、冷却シートよりも氷枕がオススメです。

柔らかい素材のものを使えば、ゴツゴツして痛くなる心配もありません。

まとめ

2016-05-21c

高熱と、多関節炎に苦しめられるリウマチ熱。
適切な治療を怠ると、後遺症を残すこともあるなんて、恐ろしい病気ですよね。

リウマチ熱は、成人にはないので、
病気に気が付いたら、お近くの小児化専門医を受診してください。
日本では患者さんの少なくなった病気なので、
2〜3週前に溶連菌感染症のあったことを医師にきちんと説明しないと、
病気を見落とされてしまう可能性もあります。

放置してしまうと、重大な病気を引き起こしかねないリウマチ熱。
日頃から、子供の様子をよく観察して、速やかに適切な治療を施せるようにしましょう!