RSウイルスに感染して中耳炎になってしまうとは、
いったいどういうことなのでしょうか?

<Sponsored Link>

RSウイルス感染症は、RSウイルスの感染によっておこります。
このウイルスは冬から春にかけて流行し、乳幼児気道感染症の重要なウイルスなのです。

RSウイルスのRはRespiratoryの略で
「呼吸の」という意味からもわかるように呼吸器系に感染するウイルスです。

RSウイルスの感染力はとても強く、2歳頃までにほぼ100%の子どもが感染します。

一度感染しても免疫が十分にできないので何度もかかってしまうのですが
感染を繰り返すことで少しずつ免疫ができて行くので、症状は軽くなっていきます。

感染経路としては、飛沫感染接触感染の2つがあります。
飛沫感染では、感染した人の咳やくしゃみで飛散したウイルスを
直接吸い込むことによって感染し、鼻や咽頭の粘膜で増殖します。

また、接触感染も多く、鼻水や痰に含まれるRSウイルスが皮膚や衣服、
おもちゃ、またそれに触れた手指についても
4~7時間は感染する恐れがあるので、
それがまぶたや鼻咽頭の粘膜と接触することでうつってしまうのです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

兄弟がいてまだひとりしかかかっていない状態ならば
感染を防ぐために、こまめに除菌しましょう。
除菌水の詳細はこちら

潜伏期間は、だいたい2~8日。
症状が表れる前でも感染することがあるうえ、
症状がおさまってからも1~3週間は感染する力があると言われています。

RSウイルスの症状とは?

af9930029409l

RSウイルスに感染してしまうと、鼻水、咳、発熱などの
風邪に似た症状が出て、多くの場合1~2週間ぐらいで治ります。

しかしながら、生後1年以内、特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、
循環器系の疾患を持つ幼児では重症化しやすく、
呼吸機能の弱い老人や慢性肺疾患患者、免疫不全患者においても
重症化する恐れがあるので要注意です。

生後2歳までにほとんどの乳幼児が感染してしまうのですが、
初めてかかった乳幼児の場合は鼻水から始まり、その後38~39度の発熱と咳が続きます。

その中の25~40%の乳幼児が
細気管支炎や気管支炎、肺炎を引き起こしてしまうのです。

再感染した幼児の場合、
細気管支炎や肺炎などは減り、上気道炎が増えてきます。
再感染の場合は、一般的に症状は軽いようです。

また、中耳炎を合併することもあるようなのです。

RSウイルスによって中耳炎になるとは?

Eich-ear-infections-photo

あなたは、RSウイルスによって中耳炎が発症することをご存知ですか?

小さい子供、特に1歳未満の場合は、
急性細気管支炎など重症化して入院することがあるのは
よく知られていると思うのですが、
他の感染症と比較したとき、中耳炎を高確率で併発するといったデータがあるのです。

中耳炎を併発する確率としては
2歳未満で約70%、2歳以上では約30%となり、
2歳未満でRSウイルスに感染した場合は、
中耳炎を発症しているかどうかも気にする必要があります。

また、一度中耳炎が治っても再発する確率が高いみたいで、
1か月以内での再発約30%もあるそうです。

中耳炎によって高熱が続く場合もあるので、
RSウイルスに感染したら子供の様子をきちんと観察し、
耳によく手を当てるや機嫌が悪く夜泣きするなどの症状に気付いたら
中耳炎の可能性を疑うようにしましょう。

RSウイルスが原因で中耳炎を発症するのですが、
必ずしもウイルス性の中耳炎かというとそうでもないのです。
中耳炎の主な原因はウイルスではなく、細菌なのです。

RSウイルスが原因で中耳炎になったとしても、
その後に細菌性に移行していく場合もあるのです。
細菌性の中耳炎の治療薬としては抗生物質が効果的です。

しかしながらウイルス性の中耳炎の場合には効果的な薬はありません。
しかも残念なことにウイルス性なのか細菌性なのかは診察だけでは判断することができないのです。

ですから、中耳炎で溜まった膿を検査して細菌がいれば細菌性、
いなければウイルス性と判断することができるのです。

ですが、これも検査には最低でも4日はかかるということなので、
苦しんでいる子供にどちらの中耳炎なのか判断できるまで
薬は出せませんとは言えないと思います。

どちらかわからなくて、ウイルス性に有効な薬がなければ
細菌性の薬を処方しておけばいいのでは?と思うかもしれませんが、
抗生物質を多用してしまうと、逆に耐性をもった細菌が増えてしまうのです。

すると、さらに強力な抗生物質が必要となり
抗生物質と細菌のいたちごっこが始まってしまうのです。

インフルエンザでも
抗生物質のタミフルが効かないウイルスが増えてきていると話題になりましたよね。

ですから、細菌性の可能性が高いと判断された場合以外は
抗生物質の処方はなるべく控えた方がよいとされています。

したがって、中耳炎の治療方法に関しては、決して素人判断はせず、
専門医の判断に任せるのがよいでしょう。

ただし、経過観察だけは絶対に怠らないようにしましょう。