あなたはrsウイルスを知っていますか?
ウイルスと聞くとゾッとしていまいますよね。

そのrsウイルスに感染すると
風邪に似た症状も現れると言われているようなので軽視してしまいがちかも。

今回はそうならないようrsウイルスを知り、
正しく対応出来るようにしておく為に詳しく説明したいと思います!

そもそもrsウイルスって?

2015-10-03b

ウイルスという単語は頻繁に耳にすると思いますが、
そもそもウイルスとは何か正しく認識できていますか?

生きた細胞に感染し増殖するのがウイルスです。
じゃあrsウイルスってなにか…

rsウイルスのrsとは呼吸を意味する単語を略したものです。
つまり、rsウイルスは呼吸器に感染するウイルスのようです。
そして主に秋や冬の寒い時期に流行をみせるようです。

主に見られる症状は…

  • 鼻水
  • 発熱(38度~)

など、風邪の症状によく似ていますよね。

感染力は強く免疫力の弱い
小さい子供(乳幼児)のうちから感染するといわれています。

そして乳幼児の多くは幼いうちに非常に高い割合で感染し、
その後も何度も感染を繰り返しながら免疫力を高めていくようです。

何がコワいのかというと、大人にも感染はしますが
大人になるまでに免疫力が高まり重症化しにくい体が出来上がれば少しは安心です。

免疫力の弱い幼い子供が感染し重症化した場合、
気管支炎や肺炎、呼吸困難なども引き起こし兼ねないからです。

感染経路は?運動会や秋冬イベントでの感染が心配

幼い子供が多い保育所などでの感染、すごく心配ですよね。

主な感染経路はというと…
rsウイルスに感染している人の咳や
会話中に口からの唾液などがが飛散することにより
直接的に感染するもの。

感染者の鼻水や淡などが付着したものに接触してしまい
間接的に感染してしまうもの。

と、二通りあるようですね。

rsウイルスが流行する時期
運動会やイベント時など大勢の人が集まる場所では当然
感染の確率が高まりますが、どう予防したら良いか。

密接な空間を共有する事を避けるのは当然ですが
場合によっては、どうしても避けられない事もありますよね。

運動会の競技などでお子さん同士で手を繋ぐことや
同じおもちゃを共有して遊ぶことだってありますよね。

予防する方法

乳幼児など小さな赤ちゃんなどに感染するのはコワいですよね。
では、どうしたら予防できるのか。

調べてみるとrsウイルスは、消毒剤に弱い傾向があるようです。

石鹸も効果があるので石鹸などで手洗いをし出来たら手洗いの後消毒。
そして、きちんとうがい!(うがい薬を使うと尚良いかもしれません)

それから、触れるものもアルコール消毒などをする。
子供が触るおもちゃなどはもちろん、大人が触るドアノブや
引き出しの触れる部分など頻繁に触れる部分は日常的に
気を付けるようにすると良いと思います。

RSウイルス以外にもインフルエンザやノロウイルスにも対応した
消毒用のスプレーも今は薬局で手軽に購入できるので一本常備しておいても良いかもしれません。
ノロウイルスはインフルエンザやRSウイルスと違いアルコールが効かないのですが
両方使えるなんて便利なものもありますね。

こうした些細な気配りがあなたのお子さんへの感染を予防する事につながるのです。

もし感染の疑いがある場合

あれ?風邪かな?鼻水が出る、咳が出る発熱しているなどの
症状が現れ感染が疑わしい場合は
感染者の咳や鼻水などの付着が広がらないよう注意する事が大事です。

上で予防する方法を紹介しましたが、
そのような事に気を配りながら速やかに
医療機関で受診することをおすすめします。

ただの風邪だろうと自己判断をし重症化させてしまうこともあるので
医者の診断をきちんと受けると良いかもしれません。

免疫力を持った大人とまだ免疫力の弱い小さな子供とでは
抱えるリスクは大きく異なるのです。

子供の健康を大人が守る

2015-10-03c

いかがでしたか?
ただの風邪だと軽く見てしまい、
結果、症状を悪化させ重症化させてしまうなどとてもコワいですよね。

そうならないよう、小さな子供に感染する前に
どう大人が行動をしどう予防するべきか
きちんと学んでおく事が大事なのかもしれませんね。