冬場の髪の静電気はイライラの原因になりますよね。
髪をとかす時に静電気が起こると痛い事もあるし、
髪がなかなか収まらないのが困りものです。

そんな静電気除去に活躍するのがトリートメントです。
元々トリートメントは髪に潤いを与えるのが役割ですが、
静電気は乾燥が原因で起きるのでトリートメントが効果的なのです。

静電気はどうして起こるのか

2015-08-17b

静電気とは実は冬だけに特別発生する物ではありません。
物と物の間に摩擦が起こると電気が発生し、物が離れる事で帯電し、
再び接触する事で放電します。

冬以外の季節にこの現象があまり起こらないのは、
他の季節には乾燥が少ないので摩擦自体が穏やかな事と、
空中の水分によって自然な放電が行われている為です。

この摩擦の大きさは抵抗の強さと比例します。
簡単に言うと、濡れた雑巾で床を拭くと良く滑りますが、
乾いた雑巾だと引っかかりますよね。

乾燥状態によって摩擦が大きくなると帯電量も増える上に
空気も乾燥していて自然放電も起きず、結果として静電気が溜まり続けます。

その溜まった静電気に他の何かが接触すると
一度に大量の電気が放電される為あの嫌なバチバチという静電気が起こるのです。

その為、冬場には静電気によって引き起こされる放電現象が目立つという事なのです。

静電気除去に必要な事

静電気がどうして起こるのかが分かれば、
後はそれを起こさないようにするだけですね。

まず大切なのは摩擦が起こりにくい状態にしておく事です。
髪を洗った後のトリートメントは、そもそも潤い成分を補給して
髪の乾燥を防ぐ役割があります。

つまり普通にトリートメントをするだけでもある程度は
静電気対策になっているという事です。

ただし、トリートメントもきちんと行わないと効果が長続きしないのです。
シャンプーの後、コンデショナーを付けてすぐに洗い流していませんか?

理容師さんの提唱する静電気防止の為の
トリートメントの上手な方法があるので、それを説明しておきます。

まず、コンデショナーを髪にまんべんなく馴染ませて、数分そのままにしておきます。

その後、洗面器にぬるま湯を溜めて、
髪のコンデショナーを更にそのお湯の中で揉み込んで馴染ませます。

そうやって十分に髪に馴染ませてからシャワーで流してください。
このように丁寧にトリートメントする事によって髪の潤いが保たれて、
静電気除去が容易い髪の状態を維持する事が出来ます。


その他の静電気除去の工夫

トリートメント以外で生活の中で出来る静電気除去の工夫があります。
その1つがブラシやクシの材質です。

ご存知のようにプラスチックや合成樹脂の素材は
静電気を溜め込みやすい性質をしています。

そんな素材のブラシやクシを使えば、
それは髪にわざわざ電気を溜め込もうとしているのと同じ事、
自分から積極的に静電気を発生させているとも言えます。

静電気が気になる人はクシを木製の物にしましょう。

ツイートの豆知識でもこういう物がありました。
https://twitter.com/8s39lmq7xrpe/status/628167586614636545
また、変わった所ではこういう静電気除去の方法があるようです。


これはなかなか面白い着眼点ですね。
ハンドクリームを髪に使うというのは面白いです。

ただ、静電気除去には良いのですが、
髪にハンドクリーム成分は吸収されないので
これをやると髪に埃をくっつけてしまうかもしれません。
急場を凌ぐ場合には便利で有効な方法ですね。

髪だけじゃない本当は怖い静電気

2015-08-17c

現代の人間の生活は静電気を溜めやすい物となっています。
電気製品からプラスのイオンが常に放出されているので、
私達は知らずにそれを取り込む事となっているのです。

本来はプラスとマイナスのバランスが取れた状態が理想ですが、
静電気を溜め込む事によって体の中では
血液が流れにくくドロドロになったり、爪が割れやすくなったりします。

本来、人間の体の表面は弱酸性で
マイナスイオンを引き寄せやすいようになっています。

しかし、健康状態が悪かったり、ストレスが溜まっていたりすると
それがアルカリ化してしまいマイナスイオンを引き寄せない体になってしまうのです。

つまり静電気体質の人は、
どこか体が健康ではないという可能性が高いのです。

たかが静電気と思わずに、他人より静電気体質だと感じたら
体質改善を考えた方が良いかもしれません。