「生理が近づくとなんだかイライラ…」
そういうことよくありますよね(/_;)

生理前ホルモンバランスが崩れている可能性が…
月経前症候群(PMS)」というものかもしれません!
最近よく耳にしますよね(*’▽’)

ここでは月経前症候群の症状や対処法について紹介したいと思います。

月経前症候群って?

2015-04-01b

「そういえば詳しく知らないかも(; ・`д・´)」

月経がはじまる約1〜2週間前に起こる様々な不快症状です。
月経前症候群の症状には体と心に現れる症状があります。

体に現れる主な症状
頭痛・腹痛・眠気・不眠・乳房の痛み・下痢
便秘・むくみ・肌荒れ・食欲増進など

心に現れる主な症状
イライラする・憂鬱になる・不安になる
無気力になる・落ち込むなど精神的不安定になる

月経前症候群の原因

「毎月毎月、ほんとに嫌になっちゃう!なんでこうなるの?( ;∀;)」

黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加
はっきりしたことはまだわかっていませんが、
排卵後に分泌される黄体ホルモンが神経伝達物質などに
影響を及ぼし体調が崩れやすくなると考えられています。

黄体ホルモンは基礎体温を上げる働きがあるので
不眠浅い眠りといった症状につながります。

また食欲を増進させる働きもあり、
体が妊娠に備えるようになるので痩せにくくなります。
生理前は太りやすいってこういう事だったんですね…;つД`)

卵胞ホルモン(エストロゲンの減少)
卵胞ホルモンは女性らしさをつくるホルモンで、
月経の終わりごろから排卵前に多く分泌されます。

自律神経や感情の動きに大きく関わりのあるホルモンです。
卵胞ホルモンは体やお肌を整える働きがあるので、
卵胞ホルモンが減るとお肌も調子が悪くなってしまうのです。

食事内容
月経前症候群の症状が食品によってひどくなる場合があるそうです。

代表的にはカフェインがあります。
カフェインは神経を緊張させてしまい心が不安定になるとされています。

また甘いものは血糖値を急激に上昇させ、
すぐに降下するので低血糖の状態にさせてしまいます。

生理前はチョコレートが無性に食べたくなることありますよね!
とてもわかります!
チョコレートに含まれるカカオは精神を安定させるために体が欲するみたいですね。

ストレス
最近仕事等が忙しくないですか?
月経前症候群は女性の現代病といわれるようになりました。

これは社会への女性進出が増えてきたことが要因とされます。
一昔と比べストレスを受けやすい環境にいることで
月経前症候群を発症しやすくなっているんですね。

まずは食生活の見直し!

月経前症候群は食生活を見直すことが効果的とされます。
積極的に取りたい食品は、あなたもご存じ大豆です!
大豆は卵胞ホルモン(エストロゲン)に似た働きをするので
月経前症候群の症状が軽くしてくれます。

また野菜や海草類など、
ビタミンミネラルを取ることもオススメします。

そして避けたい食品はカフェインや砂糖、塩分などです。
甘いものを食べたくなりがちですがこれはビタミンや
ミネラルを無駄に消費してしまい、ますます症状が悪化してしまいます (/_;)

軽い運動やストレッチをやってみる(*’▽’)
週に何回か運動をすると症状が軽くなるそうです!
ストレスにならない程度に好きなスポーツを始めてみてはいかがでしょうか?

運動が苦手なら気分転換もかねて散歩に出かけるといいですね。
「時間がなくて運動する時間なんてないんだけど…」というあなた!
自宅でのストレッチがオススメです!

骨盤の歪みを直すことで
明らかに症状が軽くなることがあるので是非やってみてください。

最近よくストレッチの本が出ていますよね。
また本格的に体の歪みを直したいというならヨガがいいですよ。

ヨガに通う方は温厚な方が多いように思います。
本当にリラックスできているのでしょうね( *´艸`)

ストレスをためないように!
月経前症候群は心的要因が強く結びついています。
落ち込むことが多くなるとは思いますが、
その落ち込みに流されずに気分転換をしましょう!

気分がのらない時でも体をまず動かしてみると
しだいに体もついてきてくれます。病は気から、その逆も然りです!

また、症状が出ている期間は体もツラい場合があるので
仕事等で無理をしないことが一番です。

休息をとることが大事ですね。
日ごろから生活リズムを整え、きちんと休息をとる生活を心がけましょう。
ストレス発散に趣味に没頭する時間を作ってみてはどうでしょうか。

薬での治療
まだあまり浸透していませんが、
月経前症候群に効く薬が薬局で買えるようになりました。

今まで月経前症候群緩和のために用いられてきた低用量ピルは
個人によって強い副作用が出てしまうなど服用できない場合がありました。

産婦人科に足を運べない、時間がないというあなたでも
薬局でしたら行きやすいですよね。

健康食品ではなく医療品なんです!
要指導医薬品ですので薬剤師さんから処方されます。

価格も比較的に安価で良心的な価格です。
症状に効くのはチェストベリーというハーブだそう。

チェストベリーなどのハーブが配合された
月経前症候群(PMS)向けのサプリがあります。

ハーブは昔から薬草として利用され、副作用も少ないということで安心できますね。
続けて服用することで症状が改善し、
さらに服用をやめて症状が戻ったとしても
以前より軽くなっているそうで、体質が改善されていますね。

比較的安価で安全性が高い!
私も是非試してみたいです(*^▽^*)


まとめ

2015-04-01c

いかがだったでしょうか?
月経前症候群に悩むのはあなただけではありません!

人によって個人差が大きいとは思いますが、
少なからず誰しもが何らかの症状が出ているのです。

男性の中でも生理中は大変だと理解している方はいらっしゃいますが、
まさか生理前までも大変であることは理解されていないと思います。

また、月経前症候群について誤解されている方も意外に多くいます。
精神面に影響が出やすいため自分の性格などを攻めてしまったり、
友達に相談しても理解してもらえなかったりします。

自分が悪いというわけではないこと、
個人差があることを十分に知っておくことが大切です。

薬に頼らないのが一番ですが、
本当につらくなったら薬を服用するのを考えましょう。