咳が止まらないけれど、熱はない・・・いったい何が原因?
大人の方や子供で、このような疑問を抱いたことはありませんか?

熱はないけれど、咳が止まらないというのは本当につらいものです。

ここでは咳が止まらないけれど熱はない、
大人や子供で考えらえる原因とつらい咳を止める方法について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

咳が止まらないけれど熱はない、大人や子供の原因とは?

咳 アロマ 女性

咳が止まらないけれど、熱はない場合にまず原因として考えられるのは、花粉症などのアレルギー症状によるものです。

あとは「咳喘息」という気温差や精神的なストレス、ハウスダストなどによる
アレルギー物質によって引き起こされる病気の可能性もあります。

咳喘息は、一般的な喘息と同じく気道が狭くなってしまい刺激対して敏感になることで咳が出て、
1ヶ月以上乾いた咳が続くことも多く、夜中~明け方にかけて咳がとまらない
という状態になってしまうこともあります。

熱はなく、エックス線や血液検査をしても異常が発見できず、内科や呼吸器科、
耳鼻咽喉科での治療の効果もあまり感じられないような場合には、
過度の精神的なストレスが原因の可能性があります。

特徴としては、昼間は喘息のように乾いた咳が止まらないことがあるけれども、
夜くつろいでいる時間や眠りについてからは咳が出ないということがあげられます。
このような場合は、心療内科や精神科へいて相談することをおススメします。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

抗不安薬や抗うつ剤などを処方されるので、
薬を服用することで咳がとまらないという症状が改善することがあります。

咳止め薬や飴の一覧はこちら

熱が出て咳が止まらないという場合は何が原因?

e2777389799e5a5dd036604bb97c4e98

咳が止まらないということ以外に鼻水や頭痛、
体のだるさが伴い熱が出ている場合、風邪である可能性が最も高いです。
インフルエンザに感染してしまっている場合にも、
咳が止まらないなど咳込みがひどくなり、高熱が出るので、風邪と勘違いしないようにしましょう。

喘息の場合にも咳が止まらないなどひどい咳と一緒に熱が出ることもあるのですが、
この場合は背中や胸に耳を当ててみるとヒューヒューという喘鳴が聞こえるので、
風邪の咳との違いはわかりやすく、夜中~明け方にひどくなることが多いです。

それから、肺炎を引き起こしているときにも熱が出ると一緒に乾いた咳が止まらないという症状があらわれます。
マイコプラズマ病原体による感染症である「マイコプラズマ肺炎」の症状としては、
乾いた咳がとまらないという状態が3週間以上続きます。

また、これらの他にも熱が出て体の疲労以外に2週間以上咳が続き、
血の混ざった痰が出る場合には、気管支結核の恐れもあるので、
早めに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

咳が止まらないときにつらい咳を止める方法

咳が止まらない状態というのは、夜になって横になると昼間よりもひどくなって止まらないという人が多いと思います。

夜に咳が止まらないというような状態になるメカニズムとしては、
自律神経で体をリラックス状態にして、体の回復を助ける働きをしている
副交感神経が活発に働くことで気管や気道がせまくなってしまい、
過敏になるからだと言われています。

そこで、このようなときにつらい咳を止める簡単な方法を紹介します。

マスクをして横向きに寝る

鼻水が出たり鼻がつまってしまうと、どうしても口を開けて寝てしまい、
喉が乾燥して咳が出ることが多いのです。

ですから、こんなときはマスクをして自分の息を循環することで、
部屋の中で加湿器を使っているのと同じような効果があり、
さらにウイルスやハウスダストなども遮断することができるので、
喉を刺激する要因を減らすことができるのです。

さらに、横を向いてに寝ることで、副交感神経の働きで狭くなってしまった気管が広がりやすくなるので、
咳を出にくくする効果があります。

温かい飲み物を飲む

冷たい飲み物は、気管を刺激してしまい収縮させてしまうので咳には逆効果なのですが、
温かい飲み物をゆっくり飲むことで湯気が喉を潤すことができ、
体も温まるので咳が止まりやすくなるのです。

そこで、効果的でおススメしたいのが「はちみつ」です。
はちみつは、アメリカでの研究によると、子供用咳止めシロップと同じか、
それ以上の効果があると発表されているので、
温かい飲み物にはちみつを入れて飲むとさらに効果を期待することができるでしょう。

ツボを指圧する

咳を止めることができるツボを指圧することで、つらい咳の症状を抑えることもできます。

天突(てんとつ)

このツボは、左右の鎖骨の間のへこみの部分であり、
下に向けて鎖骨の裏側を押すような感じで指圧すると効果があります。

尺沢(しゃくたく)

このツボは、ひじの内側の横じわの上で中央よりやや親指側にあり、
押すと指が入る感覚があり、少し痛みを感じるくらいの強さで小さな円を描くように押すと効果的です。

孔最(こうさい)

このツボは、尺沢から指4本分下のところにあり、
尺沢と同じように少し痛みを感じるくらいの強さで、
小さな円を描くように押すと効果的です。

また、背中の肩甲骨の間には咳や風邪に効くツボがあるので、
背中を温めたりマッサージすることでも咳を止める効果を期待することができます。
マッサージの方法としては、肩甲骨の内側を強めにさするようにすると効果的です。

ここで紹介した咳が止まらないときにつらい咳を止める方法は、
夜間で病院へ行くことができないときにでも、自宅で簡単にできる咳を止める方法です。

ですが、これらを行っても咳が止まる気配がない場合は、早めに病院へ行くことをおススメします。

風邪が原因医よる咳の場合、1週間ぐらいで治まってくることがほとんどなのですが、
1週間以上咳が続くようなときは何か別の病気の可能性もあるので、
そのまま放置せず医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

まとめ

最後になりますが、咳が止まらないけれど熱はないという大人や子供の場合の原因としては、
花粉症などのアレルギー症状、咳喘息、過度な精神的なストレスが考えられるようです。

このような状態で咳がとまらないというときには、
ぜひ一度ここで紹介したつらい咳を止める方法を試してみてください。