みなさんが避けている紫外線
私も相当気にしています!!
そんな中でも夏なら海に行きたいしバーベキューとか水着ではしゃぎたい!

でも日光にさらされる時間が長くなればなるほど肌は焼けるし、乾燥もひどくなってしまう…
そんな避けては通れない紫外線への影響和らげる方法をこの記事では紹介したいと思います。

<Sponsored Link>

紫外線とは?

紫外線は私たちが通常見えるとされる七色の光の外にある光のことです。
私たちに見える光(可視光)の七色の光の中で、最も短い波長を持っているのが紫色です。

紫外線は、その紫色の光よりも短い光のことなんですね。
ちなみに、赤外線はその逆です。

紫外線はビタミンDの合成や滅菌作用がある一方で
その強い作用からもわかるように
皮膚のコラーゲン繊維および弾性繊維ダメージを与えて皮膚を加齢させてしまいます。

恐ろしいことに皮膚の弾性繊維は再生しないのです。
また、紫外線の中でも波長の長いものはDNAを傷つける恐れがあり
それによって皮膚がんを発生させる可能性があるのです。

しかし、先ほど示したように紫外線にはビタミンDの合成に貢献しているので
全く浴びなかったりすれば大腸がん乳がんの発生のリスクを上げることになります。

実際、地理的に日照時間が少ない国ではそれらの病気の発生率が高いことが知られています。

日焼け後の対処法は?

このように、適度に浴びることは必要ですが近年はオゾン層が薄くなってきたりしていることから
以前よりもたくさんの紫外線を浴びることになっているわけです。

その上、アウトドアなどで一日中紫外線を浴びていれば肌の加齢が進んでしまいますよね。
もし、あなたが「今日は日焼けしちゃったなあ」と思ったなら是非やってもらいたいことがあります。

まず、日焼け後はすぐに冷やしてください!
というのも、日焼けイコール皮膚の炎症ですからその炎症反応を抑えるために冷やすことが重要なのです。

みなさんも、熱が出た時には頭を冷やしますよね。

日焼けケアについてはこちらの記事もご参考に!

ワセリンの効果は?

十分に冷やした後には保湿が重要です。

日焼けをした肌は、乾燥しています。
この乾燥は肌が再生する大きな妨げになります。
ほてりや赤みが無い場合には普段使っている化粧水乳液をたくさんつけましょう。