しもやけの治し方として、にんにくは本当に効果があるのでしょうか?
しもやけの原因やニンニクを使った治し方など予防についても紹介していきます!

<Sponsored Link>

しもやけは、
簡単に言うと長い間体が冷たい状態にさらされることによって、
顔や手足などの末端の血流が悪くなってしまうことが原因で引き起こります。

しもやけができやすいのは、気温が4~5℃で昼と夜の温度差が10℃以上ある時期です。

このように温度差があることで毛細血管の調節がうまくできなくなり、
うっ血の状態(循環障害)になってしまうのです。

このうっ血した状態で手や足を濡れたままにしておくと、
水分の蒸発とともに皮膚の表面から熱が奪われてしまいしもやけ冷えになりやすくなるのです。

しもやけになってしまうと、手や足の指先、顔では鼻先、
耳などが赤く腫れてかゆみ痛みを伴います。


たんに赤く腫れただけで数日のうちに治ってしまうこともあるのですが、
赤く腫れ上がって出血したり、水ぶくれになったり、
破れてあかむけになるなど症状が進んで重症化してしまう恐れもあるのです。

しもやけの治し方でにんにくを使うとは、どういうこと?

853171d0556a86126e901825913b4d73

自分に合ったしもやけの治し方を見つけて
早めに症状を改善するようにしましょう。

しもやけの治し方で、市販の塗り薬を使って様子を見たいという場合、
ビタミンEが含まれているユースキンAユベラという塗り薬がおススメです。

ただし、市販薬を塗っても症状が改善されない場合には、
皮膚科へ行って診察してもらうことをおススメします。

しもやけの治し方としては、
まず市販の薬を塗るのが一般的と思うのですが、
しもやけの治し方には市販の薬以外にもにんにくで治す、乾布マッサージなどの方法もあるのです。

しもやけににんにく

この治し方は、にんにくをすり下ろして、
しもやけになっているところに少しつけ、5~15分ぐらいたったら水で洗い流すだけです。

患部の血行が良くなり、熱くてびっくりするぐらいになるのです。
ただし、15分以上は絶対につけないようにしましょう。

この治し方を試した人は、ニンニクを使って
治したあと何十年たった今でもしもやけにならないそうです。

乾布マッサージ

手の指にしもやけができたら手の甲をこするというように、
患部と患部から心臓に近いところのまわりを
乾いた布(タオル地でもOK)で最低10分間マッサージしましょう。

このマッサージが終わったら、患部に市販の薬を塗って温かくしてあげましょう。

病院でのしもやけの治し方は、
血行をよくする働きのあるビタミンEなどを含む軟膏が処方されます。

また、ビタミンEや漢方の内服薬を併用したり、
赤外線、温浴、マッサージなども組み合わせることもあるようです。
しもやけが重症化してしまい「くずれた」場合は、抗生物質軟膏などを使います。

しもやけの予防は、早め早めが大事?

af9920056635m-001

しもやけになりやすいという人は、早めの予防が重要になってきます。
しもやけになってからではやはり治りにくくなるので、
予防は寒さが本格的になる前の早め早めの時期から始めるようにしましょう。

しもやけ予防のポイントとしては、
外出時には手袋をしたり、帽子を着用したりして
直接寒さにさらされないよう注意することが大切になってきます。

湿っていて冷えるのが良くないので、
手袋や靴下を濡れたままの状態にせず、
乾いたものにかえたり、水仕事で手を濡らしたら乾いた布でよく拭くことなども大切です。

また、手足のマッサージは、しもやけの予防としてとても効果的です。

毎日5分ぐらい1日2回ぐらい
マッサージをして血行をよくしておきましょう。

靴用カイロや靴下に貼るカイロ、
冷えない靴下などをうまく活用して冷えるのを防ぐことも良いでしょう。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
靴用カイロ


参照:http://item.rakuten.co.jp/
靴下用カイロ

最後になりますが、
しもやけは大人でも悩まされている人が多いと思うのですが、
特に女性の方に多いのではないでしょうか。

しもやけになってからいろいろと治し方を探すより、
しもやけになる前の予防に力を入れるようにしましょう。