しもやけの症状が進行してしまうと、水ぶくれができてしまいます。
しもやけが水ぶくれにならないようにするには、どのようにすればよいのでしょうか?

しもやけの原因や症状、治療や予防について紹介していきます。

しもやけの原因と症状とは?

simoyake

まずはじめに、しもやけとはいったいどのようなものなのでしょうか?

しもやけは、正式には凍瘡(とうそう)と言います。
一般的にはにしもやけの症状が現れるのですが、
耳たぶなども寒い環境に長い間いることによって
血液の循環が悪くなり、しもやけになってしまいます。

しもやけは遺伝的な部分もあり、生まれつきなりやすい人もいるのです。
真冬よりも初冬初春に多く発症することが多いです。

しもやけは、遺伝的になりやすい人が初冬、終冬のような
1日の温度差が大きい時に発症してしまいます。

手足などの露出したところの皮膚血管は、
気温が高いと拡張し、気温が低いと収縮します。

遺伝的にしもやけになりやすい人は、この調節がうまくできないため、
皮膚の血行障害を起こし、皮膚に鬱血(うっけつ)を生じて、しもやけになってしまうのです。

しもやけになりやすい体質的には、貧血気味低血圧やせ型の人に多く
手足の多汗症のある人もなりやすいといわれています。

年齢的には子供に多く、性別では子供の頃はあまり関係ないのですが、
大人になると女性に多くなる傾向があります。

また、高齢者の場合は動脈硬化のある人にしもやけが発症しやすい傾向があります。

しもやけのできやすい場所は、
主に寒い外気にさらされやすい手足や耳、頬(ほお)などで
手に比べればの方が重症化しやすいのです。

これはなぜかというと、足は常に靴で圧迫されているため、
さらに血行が悪くなってしまうことが原因だと考えられています。

しもやけの症状としては、赤く腫れて、かゆみ痛みが出ます。
重症化してしまうと、水ぶくれ腫瘍ができることがあるので気をつけるようにしましょう。

重症化してしまったときは、すぐ病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

しもやけになってしまった場合、どうすればよいの?

02cdb79d1b20fa0a20051b0c3ad1bd60
しもやけの治療として、
「しもやけになったな」と感じたら37℃のお湯に患部を浸しましょう。

時間的には、できるだけ長い時間浸すことをおススメします。
お湯の温度が熱すぎるとさらにかゆくなり、
ぬるすぎるとあまり効果がないので、37℃を維持するようにしましょう。

しもやけの患部に塗る軟膏は「サンクロン軟膏」という薬が
痛んだ皮膚組織をすぐに修復してくれるのでおススメです。

この他にも「しもやけ」の塗り薬はあるのですが、この薬がもっとも効果があるようです。

しもやけの予防法としては当たり前のことなのですが、
手足を冷やさない、濡らしたらすぐにふき取る、
軽い全身運動をして手足の血行の促進することなどがあります。

しもやけを予防する食事は、「生姜」を使うと良いでしょう。
唐辛子よりも生姜のほうが効果があるようです。
女性で冷え性の場合は、効果的な漢方薬もあります。
これは男性が応用することもできます。

足が冷え、上半身がのぼせる感じで、鼻が乾いて、場合によっては
鼻血がでたり目がかゆくなる体質の人は血液が上半身に偏って集まっているのです。

このような体質の人には「桂枝ぶくりょうカ丸」(けいしぶくりょうがん)
という漢方薬をおススメします。

色白で手足が冷たく体力が無く、食べ物の消化力が弱い、
血の気が少ない感じの人の場合は「当帰芍薬散」や
当帰四逆加ゴシュユ生姜湯」という漢方薬をおススメします。

また、つま先の血行を良くするためのツボもあります。
両足の内くるぶしの下、3cmくらいのところに「照海」、「水泉」というツボが並んであります。

そのツボを軽く押すことでつま先の血行が良くなりますので一度試してみてください。

しもやけを予防するための方法

1

しもやけの症状で水ぶくれにならないために
しもやけの予防についてもう少し詳しく紹介していきます。

当たり前のことなのですが、寒い時は絶対に冷やさないようにしましょう。
足には靴下、手には手袋、耳には耳あてなどを着けるようにしましょう。

手足の血液の循環が良くなるよう、
お風呂に入った時は軽くマッサージをしてあげると効果的です。

洗った後は良く拭き取り、水気を残さないようにしましょう。
また、温水と冷水に交互に入ることも推奨されています。

まとめ

最後になりますが、しもやけの症状で
水ぶくれができてしまってからは遅いので、
きちんと予防してしもやけにならないようにしましょう。