心筋梗塞はよくにする病名なのですが、いったいどのような状態になる病気なのでしょうか?
そして、心筋梗塞の前兆として歯の痛みなどの症状があらわれるのでしょうか?

ここでは心筋梗塞の前兆の症状と心筋梗塞を予防する食事について紹介していきます!

<Sponsored Link>

心筋梗塞の前兆として歯の痛みなどの症状があらわれる?

心筋梗塞とは、冠動脈血栓(血の塊)が詰まってしまい血流を塞いでしまう病気で、
生命を一瞬にして落としてしまう恐ろしい病気です。
心筋梗塞と聞くといきなり発症するというイメージがあるのですが、
前兆の症状、つまり前触れに注意することで生命の危険を避けることができます。

心筋梗塞は冠動脈が詰まってからの時間が短いほど助かる確率が高いので、
前兆の症状を見逃さないことが大切ですし、適切な医療施設に収容されると9割以上が助かります

心筋梗塞は自覚症状が出にくく、前兆に気づくことはとても難しいと言われているのですが、
ちょっとしたサインも決して見逃さないようにしなくてはいけません。

心筋梗塞が起こる前兆として、最も多いのが狭心症ということになのですが、
他にも以下のような症状が見られた場合、すぐに病院へ行って相談することをおススメします。

心筋梗塞の前兆として考えられる症状

  • 歯の痛み
  • 胸の痛み
  • 吐き気やむかつき
  • 冷や汗、のどをゼーゼー鳴らす
  • 左手小指の痛み
  • 左肩や背中の痛み

心筋梗塞の前兆として最も多い狭心症とは?

心筋梗塞の患者の90%以上に共通していることが、
発症する前に狭心症という前触れの発作を経験していることです。

狭心症は、心臓の筋肉が酸素や栄養を取り込む冠動脈の病気で、
冠状動脈が一時的に狭くなったり詰まったりすることで、
必要な血液が心筋に届かなくなってしまい、心筋が酸素不足を起こしてしまうのです。
一時的にこの状態が起こり、痛みを感じる場合を狭心症といいます。

狭心症は、階段を登ったり、走ったりしたときに起こる
労作性狭心症と寝ている間など安静にしているときに起こる安静時狭心症があるのですが、
狭心症は胸に痛みを感じます。

狭心症は、特に歯の痛みや肩の痛みが見られることがあるので、
歯科を受診したりすることもあるようなのですが、
心筋梗塞は急に胸が絞り込まれるような痛みや胸を叩かれたような症状があり、
30分ぐらいその症状が続いて冷や汗を伴ったりします。

以上のように心筋梗塞の症状は一瞬の出来事としていきなりやってくるのですが、
病気が起こるプロセスは少しずつ進行していきます。

歯の痛みなどに関する症状についてはこちらの記事もご参考に!

心筋梗塞を予防するための方法とは?

心筋梗塞を予防するための方法として、ここでは食事による方法を紹介していきます。

魚を毎日食べることで心筋梗塞を回避

を週に8食食べる人と1食しか食べない人とでは、
心筋梗塞のリスクに大きな差が出ることが厚生労働省による大規模な調査でわかっています。

週に8食魚を食べる人は1食しか食べない人と比べて、
心筋梗塞を発症するリスクはは実に60%も低くなるようです。
このような「食事と心筋梗塞」の研究は2006年に西欧でも行われていて、
魚を週に1~2回食べると心筋梗塞のリスクが減ると報告されています

どんな魚でも効果があるの?

上でも紹介したように心筋梗塞は動脈がつまってしまい、心筋が壊死した状態になる病気です。

イワシ、アジ、サンマ、サバ、といったいわゆる青魚には
EPA(エイコクペタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸が多く含まれていて、
この脂肪酸を体内に取り入れることで血管を詰まりにくくするといわれているのです。
つまり、脂肪酸を多く含んだ青魚を食べることが心筋梗塞を予防するのに効果的といえるでしょう。
ある研究では魚を毎日180g食べる人はより大きな効果が得られたそうです。

しかしながら、180gと言われても実際はどれぐらいの量を食べればいいのかわからないと思います。
180gは刺身で言うと1切れ15gなので12切れ、魚の切り身が1切れ80gなので2切れと少しぐらいになので、
こう見ると1食で180gを食べるのは難しそうです。

ですが、たった2gで1日に必要なEPA、DHAを摂取することができる魔法の油があります。
計量スプーンの小さじが3gですので、かなり少量です。

それは、えごま油です。
熱に弱いのでドレッシングに混ぜたり、納豆に入れたり
お椀によそった味噌汁に入れたり(直接火にかけない熱なら大丈夫なんだとか)。

ですから、1日に魚料理を大量に食べるより
毎日の食事に小さじ1弱入れるだけでいいので負担なく摂取できますね。

魚以外の心筋梗塞になりにくい食事とは?

魚以外にも血液を作るといわれる葉酸を含んだ食品の緑黄色野菜、
ビタミンB6を多く含んだ魚やレバー、ビタミンB12を多く含んだ魚や
貝類も心筋梗塞になりにくい食べ物といわれています。

心筋梗塞の予防によい食事まとめ

  •  和食中心の食事
  •  青魚を毎日1食以上とる
  •  積極的に緑黄色野菜を取る
  •  大豆を含んだ豆料理を取る
  •  塩分に気をつける

まとめ

最後になりますが、心筋梗塞は前兆となる歯の痛みなどの症状を見逃さないことがとても大切になります。
そして、心筋梗塞は食事を見直すだけでも予防することができるので、
一度ご自身の食生活を見直してみるようにしましょう。