朝、起きた時に口の中がネバネバしていたり、
歯磨きの時に出血したりすることはないですか?

そんな症状がある人は、歯周病になっている可能性があります。
最近、口臭が気になる、硬いものが噛みにくいなども症状の一つです。

歯周病は口の中の細菌が増殖して、炎症を起こしています。
その歯周病は、口だけでなく体全体に悪さをします。

その歯周病が体にどんな、影響を起こすのか説明します。

歯周病が原因で起きる体調不良や病気

2016-09-13b

口の中には300〜500細菌がいると言われます。
その細菌が、口の中の汚れで増殖して歯周病をおこします。

歯周病になるとうまく噛めなくなって、
片方で噛むことが多くなり、かみ合わせも悪くなり、
肩こり、頭痛、眩暈などの症状がでてきます。

心筋梗塞、脳梗塞にも歯周病が関係しているといいます。
歯周病の原因菌の刺激が、動脈硬化を誘発する物質をだしているというのです。

その結果、血管にプラークができて、血管が細くなり血流がわるくなります。
また、プラークが飛んで心臓へ行く血管で詰まると心筋梗塞、脳へ行く途中の血管で詰まると脳梗塞になります。

血糖値にも関係していて、
歯周病が作り出す毒素が肝臓や脂肪細胞に影響して、血糖値が高くなるといいます。

呑み込みが悪くなった高齢の人が歯周病の場合は、
口の中の菌で肺に炎症を起こし誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。

歯周病が抜け毛の原因にもなる?

歯周病が抜け毛の原因になると最近では言われています。
これは、動脈硬化を起し血流が悪くなるため、
末梢血管の隅々まで行き届かなくなるからです。

頭皮にも十分な栄養がいかなくなるので脱げ毛が多くなります。
他にも歯周病の菌が、身体全体に悪影響を及ぼしているため、身体が健康な状態とはいえません。
その状態では髪も健康な状態ではないからです。


歯周病になるとリンパが腫れる?

歯周病になると頸の横が痛くなるという人がいます。
リンパ節という場所です。

ここはフィルターの様な役目をしています。
細菌を撃退するために白血球も集まっている場所です。
細菌が増殖して口の中に炎症がひどいとリンパまで炎症が広がって腫れてしまいます。

ティーツリーは歯周病の効果は?

ティーツリーはオーストラリアの湿原地帯に生息している木です。
この木の葉からとれるオイルは、昔から原住民のアボリジニの人々は薬として使ってきました。

このオイルには、殺菌、抗炎症作用、去痰作用、気管支炎の緩和、感染予防など
いろいろな効能があるといわれています。

その殺菌作用から歯周病の予防や改善に効果があると言われます。
歯磨きの時に、歯磨き粉の上にオイルを1滴落として磨くだけで効果があります。

ただ、注意しないといけないのは、オイルの原液の状態を飲んでしまうと、
錯乱、歩行困難などの神経症状をおこしてしまいます。
歯磨きやうがいの時に口に残るぐらいの量なら問題ないそうです。

子供さんが間違って飲まないように保管場所には注意してください。
こんなティーツリー入りの歯磨き粉もあります。

  • 歯茎の膿とはれが気になり、試しに買ってみました。
    少し磨いただけでは、特に何の変化もみられませんでした。
    1週間経過する頃、次第にはれが治まりだしました。
    今では、ほとんどはれも治まっている感じですが、要観察です。
    味は、少し甘めという気がします。
    また、ほのかにユーカリのような香りが後からしてきますが、
    気にならないほどの香りで、市販の歯磨き粉のような爽快感が残ります。
    ユーカリと同じフトモモ科の植物だけあって、殺菌力があるみたいですね。
    今後も愛用していきたいです

  • 歯医者でも褒められるくらいには磨き方がいいほうだったんですが、
    口臭が全くないと褒められました。
    口臭が気になる方、是非オススメです。
    なた豆(以前試しました)より効果有りです!


まとめ

2016-09-13c

歯周病が、これだけ体に悪さをするとは驚きです。
歯磨きは、頑張ってやるのは大事ですね。
眠たいときや急いでいるときなど、つい適当にしてしまいます。

でも、眩暈、頭痛、心筋梗塞、脳梗塞など恐ろしい病気を起こさないように、歯磨きは大事ですね。
効果があるティーツリーも試してみてもいいと思います。