気になる下腹ぽっこり下半身太り
いくらダイエットをしても改善しなくて、諦めモードになっていませんか?

あるいは、慢性的に腰痛になっていて中々改善しない…など
諦めてしまう前に、姿勢をちょっとチェックしてみてください。

反り腰になっていませんか?
反り腰は、下半身太りや慢性腰痛の原因になるのです。

反り腰って何?

反り腰とは、弓のように腰がそっている状態のことをいいます。
正しい姿勢で立つと、頭から足までが一直線になります。

ところが反り腰になると、それらが一直線にならず、顎が上に上がり、
胸やお腹が前に突き出て、お尻が後ろに引いた状態になります。

姿勢がSの字型と言うとわかりやすいかもしれないですね。
この反り腰は、日頃からハイヒールを履く女性はなりやすいそうです。

ハイヒールを履くと、つま先に重心がかかり、
バランスをとるために腰をそらせてしまい、自然に反り腰になってしまうからです。

そうなってしまうと、姿勢がきれいじゃないですね。
それでは、どうしてこんな姿勢になってしまうんでしょうか?

反り腰の原因で一番に挙げられるのは、運動不足です。
運動不足になると筋力が低下し、姿勢が悪くなったり骨盤のゆがみが出たりします。

それが反り腰の原因になります。

反り腰になると骨盤がゆがむ!

女性に限らず、男性も気になる下腹のぽっこり。
頑張ってダイエットをしても、痩せるのは上半身ばかり…下半身や下腹はなかなか痩せません。

実は、反り腰が下腹のぽっこりや腰痛の原因になるのです。
「どうして?」そう思いますよね?

実は反り腰になると、骨盤がゆがんでしまうのです。

骨盤の上には内臓が乗っかっていて、内臓の受け皿のような働きをしています。
ところが、反り腰になって骨盤がゆがんでしまうと、
普段は閉じているはずの骨盤が開いてしまい、骨盤の中央にスペースが出来てしまいます。

そのスペースに内臓が入ってしまうと、内臓の位置が下がってしまうのです。
内臓の位置が下がると、下腹部を圧迫して膨らんでしまい、ぽっこりなお腹になってしまうのです。

下腹のぽっこりだけではありません!

骨盤のゆがみによってリンパ血流の流れも悪くなり、下半身の血の巡りが悪くなります
そうなると、老廃物が身体の外に出にくくなります。
その結果、下半身のむくみ下半身太りセルライト増加につながってゆくのです。

そして、さらに反り腰は腰が反った状態になっているため、
腰に大きな負担を与え、腰痛の原因にもなります。

もしもあなたが、慢性的な下半身太りや下腹のぽっこり、
あるいは腰痛で悩んでいるのなら、もしかしたら原因は反り腰かもしれません。

腰痛についてはこちらの記事もご参考に!

反り腰や下腹のぽっこりの改善方法は?

反り腰は、日頃から正しい姿勢を維持し続けることがとても大切です。

また、反り腰に効果的なエクササイズがあります。


他にも、もしも家にバランスボールがあるなら、それを使った骨盤矯正のエクササイズがあります。

こちらの動画をご参考に(*^^*)


反り腰が気になる方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

こういった形であれば、コロンと倒れる心配がないので安心ですね。

また、下腹のぽっこりが気になるのであれば、背筋を鍛えることもお勧めします。

背筋が衰えると、猫背になります。
猫背で前屈みになると、お腹に脂肪が集まってしまって、下腹ぽっこりになりやすいですよ。

こちらの背筋トレーニングは、実は私もやっています。
かなり本格的なトレーニングですが、出来るところだけやってみるだけでも効果はあると思いますよ。

普段からできる反り腰の予防方法ってあるの?

予防する方法も、ちゃんとありますよ!

  • ハイヒールを履く頻度を控えめにする
  • 前屈みにならないように、姿勢を修正する
  • 身体の重心がつま先にならないように心がける
  • 日頃から運動をして、筋肉をつけるです

まず、ハイヒールを履いていると、
バランスをとるためにつま先に自然に体重がかかってしまい、反り腰になりやすいです。
ハイヒールを履くのを控えましょう。

前屈みや身体の重心がつま先の方になると、自然にバランスをとるために反り腰になってしまいます。
意識して改善出来ると良いですね。

そして、身体の筋肉が衰えると、正しい姿勢を維持出来ず、
姿勢が悪くなったり、骨盤がゆがみ、反り腰の原因になります。
日頃から運動をして、正しい姿勢を維持出来るようにしましょう。

まとめ

  • 反り腰になると、骨盤がゆがんで下腹のぽっこり下半身太り腰痛の原因になる
  • 反り腰の解消のエクササイズ背筋トレーニングが効果的
  • 日頃から姿勢が前屈みにならないように心がける

また、筋力を付けるのもGood!!

いかがでしたでしょうか?
気になる下腹ぽっこりや下半身太り、慢性的に続いている腰痛は、
もしかしたら反り腰で骨盤がゆがんでいるからかもしれませんね。

反り腰が原因で起こっている下腹ぽっこりや下半身太りは、反り腰が治れば、解消されます。
気になる方は、日頃から姿勢を気にして、反り腰解消してみるのもありかもしれませんね。