夏だけでなくいつでも発生する可能性のある食中毒
場合によっては重症を招く場合もあるので気をつけたいですよね。

でも一見、そういったこととは無縁そうなぬか漬け
重大な食中毒を引き起こす可能性があることをご存知でしたか?

今回は食中毒の原因や引き起こしやすい食べ物や場面などをご紹介。
みなさんの身体や家族を守るために必要な情報を提供していきたいと思います。

安心そうな食べ物でも要注意!

ぬか漬け食中毒の原因になる可能性があります。
ぬか漬けを作るぬか床は多くの乳酸菌がいるので、
食品を長期間保存しておいても悪い菌から守ってくれているのですが、
全ての細菌から守ってくれているわけではありません。
特に寒い季節は乳酸菌の力が弱まりかねないので、その可能性は高くなります。
この原因となる菌はぬか漬け以外の食品から発生するので、
手をしっかり洗ったり、肉や魚を切ったまな板でぬか漬けを作らなければ食中毒を予防できます。


清潔な環境を保つことが大切なのですね。

また、お米も実は食中毒になる可能性のある食品です。
何となくお米はあまり傷んだりしないイメージがありますが、
実は食中毒を引き起こすセレウス菌が付着している可能性のある食品なのです。

このセレウス菌は90℃60分の加熱にも耐えることができて、
炊飯をしても死滅しない可能性が高いです。

また30℃前後で最も活発になり、冷えている食品と一緒になると急激にその数が増えるそうです。
これって普段私たちがお米を食べる環境に近いですよね。

セレウス菌による食中毒は激しい嘔吐下痢腹痛を長時間引き起こします。
セレウス菌による食中毒を防ぐためには、調理後は常温で保存せず、すばやく冷蔵庫にしまう。

また他の食品と混ぜないことなどが重要です。
お弁当などを持っていく際には保冷剤などを活用して、とにかく食品を常温にしないようにしましょう。

食中毒の原因となるものは他にもある?

お米やぬか漬け以外にも食中毒の原因となるものは身近にたくさんあります。

まず、以前事件にもなったユッケによる食中毒。
この時の原因になったのは、ユッケに付着していた腸管出血性大腸菌でした。

この細菌は腸内で死滅する際にベロ毒素を排出するので、
体中の赤血球血小板を破壊してしまうのです。
最悪の場合、死に至る可能性のある恐ろしい菌です。

これをきっかけに焼肉屋さんでユッケや生レバーが食べられなくなりましたよね。

もまた食中毒の原因になります。
その主な要因は油の酸化です。

油は空気に触れたりしても酸化するのですが、熱によっても酸化します。
そのため、揚げ物などで何度も油を使いまわしていると油が酸化する可能性が高くなるのです。

油が酸化しているかどうかを見分けるのは、
が出ていたり、泡が消えにくいといったところからわかります。

酸化した油で作った料理は食中毒の原因になるので、油を使いまわすことは極力避けた方がいいですね。

食中毒になった時の対策は?

急激な腹痛下痢嘔吐など、食中毒になってしまったらまずどうすればよいのでしょうか。
細菌により潜伏時間は異なりますが、直前に外食やお祭りなど、
人が多く集まる場所などで食事をした場合、食中毒の可能性が高いと考えてよいでしょう。

その場合にはおそらく、近隣の病院に患者多くいるでしょうから、
情報が共有され、どんな食中毒なのか原因がわかっていて早期の対策が取りやすいかもしれません。

もちろん自宅でも食中毒になる可能性はありますから、
重症が疑われる場合には救急車を呼ぶなどして、すぐに病院にかかるようにしましょう。

またすぐに病院に行けない場合や、救急車を待っている時には、
温罨法を行うことも対策の一つになります。
60度の蒸しタオルを作ってお腹を温めましょう。

症状を和らげる効果はあっても根本的な食中毒の治療にはなりませんので、
食中毒だと思われる場合には、適切な診察を早期に受けるようにしましょう。

食中毒についてはこちらの記事もご参考に!

日頃から出来る食中毒の予防法は?

自分でできる食中毒対策は以下のようになります。
家族がいる方は、一家全滅…なんてことにならないように気をつけましょう。

  • 手をしっかり洗う
  • まな板と包丁を肉や野菜、魚で使い分ける
  • 食品は常温で保存せず、冷蔵庫でしっかりと保管
  • 除菌できるキッチン用品を活用し、キッチンやスポンジ、付近をしっかりと除菌する

手をしっかりと洗って細菌が食品に付着するのを防いだ後は、
食品にもともと付着している細菌の繁殖を防止しましょう。

また、普段使うキッチン用品はめんどくさがらずに殺菌することが重要ですね。

安心・安全に殺菌するには?

キッチン周りや身の回りの殺菌が大事だということがわかりました。
でも、殺菌できるものって刺激が強くてお肌に悪そうだし、
小さな子供がいる場合も口に入れるものに使ってもいいのか心配になりますよね。

そんなときは食べものにも使えるくらい安全なスプレーを使いましょう。

こちらのベジセーフは元々、野菜などについた汚れを落とす専用の水です。
なので、食材やキッチン用品にも気にせず使えます。

汚れを落とす水ですが、ウイルス対策にも使えるので身の回りのもの全てに
安心して使用することができます。

医師も認めるほどの有用性なので、しっかり殺菌できそうですよね(*^^*)

まとめ

  • ぬか漬けやお米なども食中毒の原因の可能性がある
  • 酸化している油は食中毒を引き起こす可能性があるので要注意
  • 食中毒だと思ったら、病院へ早期の診断を受けること
  • 持ち込まない、増やさない、きちんと殺菌が食中毒の予防になる

今回の情報をまとめると以上のようになります。

生死にかかわる重症になる場合もある食中毒。
普段からしっかりと対策・予防したいですね。

どんな食品でもそのリスクはぬぐえないので、まずはできることからしっかりやりましょう。