年が明ける頃になると、スギ花粉についての報道が多くなります。

2月くらいから飛散が始まると言われているスギ花粉ですが、
ピークはいつでしょうか。

また、2017年の予想は
どうなっているのかも気になりますよね。

今回は、スギ花粉のピークや過去のデータ、対策などについてお伝えします。

<Sponsored Link>

スギ花粉のピークは例年いつくらい?

2016-12-04b

まず、スギ花粉の飛散ピークっていったいいつなの?
という人のために、飛散ピーク時期をお伝えしますね。

北から順に、東北地方では2月下旬~4月中旬
関東地方では2月初旬~4月末くらい、
関西地方は2月下旬~3月末
九州地方は2月中旬~3月中旬と、
西に行くにつれてピークの終息が早い傾向にあります。

でも、これは例年の状況から見た、平均的なピーク。
気候によってはピークが例年よりもずれることがあるそうです。

これは、毎年の花粉飛散予測などを
こまめにチェックして、早めに対策するほかありません。

過去三年のピークは

ちなみに、過去3年(2014~2016年)のピークは、
九州地方のみ2月下旬から3月中頃
東京、大阪、名古屋については3月上旬から下旬と、
年によって大きな違いはありませんでした。

飛散時期については、
2014年は1週間ほどシーズン開始が遅れましたが、
終息は例年並みだったそうです。

2015年は1月が寒く飛散開始が遅れ、
終息は早まったため例年よりも3週間ほど短い花粉シーズンだったとのこと。

2016年、今年は1月から
早めの花粉の飛散が始まっていたものの、
花粉数が少なかったため、
花粉症が気になったという人は例年よりも少なかったようです。

ただ、今年の秋は夏の異常気象のせいか、
全国的に秋口から体感できるほどの花粉の飛散がありました。
これが、2017年にどうつながるかは気になりますよね。

2017年のスギ花粉予想!

来年、2017年スギ花粉はどうなると予想されているのでしょうか。

あくまで予想の範囲ではありますが、
できることなら前もって備えておきたいですよね。

これはとても興味深い結果が出ていて、
西日本では前年の二倍以上
花粉が飛散するという予想が立てられているのに対し、
東日本では新潟や千葉などを除いては例年の半分以下と出ています。

全国平均で言うと、
例年の1.2倍程度の花粉の飛散量になると予想されています。
でも、花粉が極端に少なかった今年と比べると、なんと4.3倍にもなるのだとか。

これは西日本に集中する予想値なので、
東日本にお住いの人はそれほど警戒しなくても良さそうですが、
西日本の人は注意が必要ですね。

スギ花粉についてはこちらの記事もご参考に(*^^*)

今からするべき対策は

まだ花粉症対策は早いのでは……
というのんきなことは言っていられません。
敏感な人は既に花粉症の兆候が見え始めているようです。


花粉症が深刻な人は、今から対策しておきましょう!

まず、おすすめしたいのは、

アレグラなどの花粉症薬を今から飲んでおくこと。
花粉の飛散がピークになってから飲むよりも、
事前に飲んでおいた方が効果を実感できます。

そして、アレルギーに負けないために免疫力を付けておくこと。
免疫力を向上させるためにできることはたくさんありますが、
手軽なものとしては
花粉症の季節が来る前からヨーグルトを食べ、
腸内細菌を活発にしておく方法があります。

それも、ただのヨーグルトではなく、
「LG21」「R-1」などと名付けられた、
免疫力の向上が期待できる特定の乳酸菌が入ったものが良いようです。

ただ、ヨーグルトは食べてすぐに効果が出るわけではありません。
少なくとも花粉のピークを迎える1カ月前くらいから
毎日食べる習慣を付けた方が良いとされています。


俳優の窪田正孝さんもヨーグルトで花粉症を乗り切ったとか!

まとめ

2016-12-04c

花粉症は命に関わる病気ではありませんが、
毎年必ず襲われるものですし、
何より目や鼻の症状が厄介すぎて困りますよね。

花粉症は日本にしかない病気と言われているため、
いっそ海外、それができなければ
スギの植樹がされなかった北海道や沖縄に移住したい!
という人もきっと多いと思います。

でも、そう簡単には引っ越せないという人が大半ですよね。
そうは言ってもずっと花粉症を我慢し続けるのは辛いことです。

花粉が飛散する地域に住んでいても平気なくらい
免疫力を付けて、花粉症に負けない身体を作るのが一番の方法ではないでしょうか。

本文中でお伝えしたヨーグルトの他にも、
亜麻仁油甜茶など、アレルギーに効くとされる食べ物がたくさんあります。

それらをできるだけ食事に取り入れて、
根本から花粉症を撃退してみてはいかがでしょうか。