代表的な花粉症の原因の一つに、スギ花粉があります。
他にも様々な種類の花粉がありますが、
これらは粒径の大きさによって症状が異なるとされています。

この粒径は、粒子の直径を表していて、
ここに注目してみることで他のウイルスなどと比較したり、
花粉症の正しい対策の仕方を知って頂きたいと思います。

<Sponsored Link>

スギ花粉とは

スギ花粉は一般的に
2月~4月頃をピークに飛散していると言われています。

この時期になると花粉症の患者が急増するのですが、
すでに日本人の約2500万人もの人が
スギ花粉にアレルギー症状を持っているほど
日本で一番患者数の多い花粉症なのだそうです。

スギは他の花のように鳥や虫を使ってではなく、風の力を借りて受粉します。

さらに、スギ花粉はとても軽いので、
一度飛散すると数十キロメートル~500キロメートル以上も
遠くの場所まで飛んで行ってしまうそうです。

これがピーク時になると、
大量のスギ花粉で作られた『花粉雲』と呼ばれる
大きな黄色い霧のような姿になって現れます。

こちらの動画はスギ花粉が飛散している様子の映像なのですが、
見ているだけでもくしゃみが止まらなくなりそうです。

粒径について

粒径とは、個々によって形が整っていない粒子を完璧な球体であると
仮定したときに出てくるもので、
粒子の大きさなどを計算する際に
直径として使えるとても便利なものになります。

スギ花粉の場合、形が楕円形で先端が少し尖っている
紡績型(某ゲームソフトに出てくるスライムのような形)をしています。

このように、綺麗な円形ではない粒子の大きさや重さなどを
知るために粒径が必要になるのです。

ちなみに、それぞれの粒子の粒径を小さい順に比較すると、
インフルエンザウイルスが0.1㎛、
PM2.5が2.5㎛、黄砂が4~7㎛、
ダニの糞が20㎛、スギ花粉が30㎛、髪の毛が70㎛となります。

粒径が小さいほど、肺の奥まで入り込んでしまうため、
呼吸器系や循環器系に悪い影響を与えます。

一見スギ花粉の大きさは、PM2.5や黄砂よりも粒径が大きく
鼻水やくしゃみ、涙などで
体内に入るのを防ぐことができると思われがちですが、
大気汚染によって傷つけられた花粉は砕けやすく、
壊れたスギ花粉は元の大きさの30分の1であるわずか0.1㎛以下にもなります。

この小さなスギ花粉を吸いこんでしまうと、
喘息や気管支炎、肺や心臓疾患を発症してしまう危険性が
さらに高まると言われているのでPM2.5や黄砂以上に厳重な対策が必要ですね。

春だけではなく、秋にも飛散するスギ花粉

スギ花粉にアレルギー反応を起こす人は、
春になると花粉症に悩まされると思いますが、
もしかしたら、一年中鼻水やくしゃみなどといった症状に悩まされていませんか?

なぜなら、スギ花粉は住んでいる地域によっては、
秋にも飛散するのでほぼ一年中スギ花粉の影響を受けているということになります。

時期的には、春から夏にかけて飛散し、
一旦納まったスギ花粉は夏の暑さが静まった9月頃にまた現れるのです。


秋の花粉は、イネ科やブタクサ、
ヨモギなどが原因とされていましたが、
最近では秋でもスギ花粉が飛んでいるみたいです。


近年では、春だけでなく秋の花粉も飛散する量が
年々増えてきているようなので
天気予報でスギ花粉情報を必ずチェックし、
きちんと事前に予防対策を行うようにしましょう。


花粉症患者としては、ほんとに勘弁してほしいですよね。

薬だけじゃない予防・対策

花粉症の症状を抑えるために、
耳鼻咽喉科に通う人も少なくないと思います。

ですが、花粉症の薬を毎月もらいに行くのも手間ですし、
薬代も安くはありませんよね。

そこで、薬を使わない予防・対策法をご紹介します。

まず、代表的なのはマスクやうがい、
花粉症用のメガネを使うなどがあります。

マスクは先ほど述べたように、このような
PM2.5や黄砂を防げる高性能のマスクをの使用をオススメします。

また、うがいは喉だけでなく、
鼻うがいも行うとさらに効果的です。
鼻うがいをする際は、自己流ではなく必ず正しい方法で行ってください。

どうしても不安で薬を服用される場合は、
花粉が飛び始めてから飲むのでは
遅すぎなので、花粉がまだ飛んでいない時期から飲むと症状が抑えられるそうです。

花粉症には早めの徹底した予防対策を心掛けましょう。

まとめ

2015-11-07c

実は、私も花粉症持ちなので、かんでもかんでも出てくる鼻水や
メイクがボロボロになるほど止まらない涙などの症状に
嫌気がさす気持ちがとてもよくわかります。

今回、スギ花粉の粒径に着目して花粉や他のウイルスなどを
比較してみましたが、スギ花粉は大気汚染の影響で壊れやすく、
砕けてしまうとインフルエンザウイルスと同じ大きさになってしまうことを知ってとても驚きました。

今までは、普通のマスクや症状が悪くなった時に
病院でお薬を頂いたりしていましたが、
スギ花粉が一年中飛散しているとなると、
薬にばかり頼ってはいられませんよね。

年中薬を服用することのないように、
食事や生活習慣などで根本的な体質改善を行っていくことも大切だと思いました。