春になると辛くなる花粉症。
日本国民の4人に1人が花粉症が発症していると言われています。

これだけ花粉症が多い原因は日本にスギの木が増えたからです。
全国に木材用のスギが多く植えられましたが、価格の安い輸入品に頼るようになり、
手付かずのスギ林が増えたため花粉症になる方が多くなったそうです。

今回は花粉症に効く飲み薬、点鼻薬の中から即効性のあるモノをご紹介しています。

<Sponsored Link>

花粉症の薬はどんなものがある?

花粉症の薬は飲み薬や点鼻薬があります。
代表的な飲み薬はアレジオンアレグラ、クラリチンなどがあります。

アレジオン

アレジオンは花粉症を含むアレルギー性鼻炎全般に効く薬です。
鼻炎の症状はアレルギー物質を吸い込んだときに
体内にくしゃみの原因となる物質が放出されることで発症します。

アレジオンに含まれているエピナスチン塩酸という成分が原因物質の作用を阻害し、
放出を抑えることで鼻炎に効果を発揮します。

アレグラ

アレグラもアレジオンと同じく花粉症やハウスダストなどのアレルギー性鼻炎に効果がある薬です。

アレルギー物質が体内に入るとくしゃみの原因となるヒスタミンが放出されます。
薬に含まれるフェキソフェナジン塩酸塩がこの原因物質の作用を遮断し、鼻炎を抑えることができます。

クラリチン

クラリチンもヒスタミンに対抗する成分の入った飲み薬です。
他の2種類とは異なり、ロラタジンという成分が入っています。

クラリチンは鼻炎の始まりに服用することで、悪化する前に対処することができます。

点鼻薬で人気のモノは?

点鼻薬の種類はステロイド薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、血管収縮薬の4種類あります。
この中で即効性が強いのは血管収縮薬が入ったものになります。

代表的な処方薬としてプリビナナービルがあります。

プリビナ

強い血管収縮作用で即効性のある薬です。
鼻の腫れが取れることで、鼻通りがよくなります。

この薬の効果は一時的なものであるため、
鼻炎の病気そのものを治療するものではないので要注意です。

ナービル

プリビナと同じく血管収縮作用の強い薬です。
この効果で鼻炎、目の赤みに即効性があります。

こちらの薬も効果は一時的で鼻炎の根本的な治療をすることができません。

フォレストはどう?

アレルギーの治療方法に減感作療法というものがあります。
これはアレルギー作用を起こす物質を少量ずつ体内に入れて
徐々に摂取量を増やしていき、過激な反応を減らす治療法です。

花粉症でも同じ治療法ができるのではないかと考えられ、
スギの葉とスギ花粉を煎じた飲み物「フォレストが販売されています。

減感作療法は注射で実施する方法口径摂取で行う方法があります。
この2つの方法では体内でできる抗体の種類が異なります。

口径摂取で治療を行うとアレルギー症状が発症しない抗体を得ることができます。
この治療法を行える飲み物がフォレストなのです。

通常、減感作療法は個人に合わせてアレルギー物質の量を調整しますが、
製作者の方が長年の研究で適量を詰め込んでいるそうですので今まで副作用の報告もないようです。

こちらの記事でもスギ花粉について詳しく説明しています。

市販で入手しやすい点鼻薬で人気のモノは?

血管収縮薬が入った代表的な市販の点耳薬としてコールタイジンパブロン点鼻クイックがあります。

コールタイジン

血管収縮薬とステロイド2種類の成分が配合されています。
これらの成分は鼻炎に即効性がありますが、根本的な治療ができる薬ではありません。

パブロン点鼻クイック

抗アレルギー薬と血管収縮薬2種類の成分が配合されています。
鼻炎に即効で効く血管収縮薬とヒスタミンの作用を抑えるケトチフェンフマル塩酸という成分が含まれています。

血管収縮薬は使いすぎると血圧の上昇、不整脈などの症状がでることもありますので、
適度な使用回数で薬を使うことが大切です。

実際にお医者さんから注意を受けることもあるようです。

その他花粉症に効果的な薬

細菌では飲み薬や点鼻薬以外にもコルゲンコーワ鼻炎フィルムというものがあります。

服用方法はフィルムを舌の上に乗せて溶かすだけです。

鼻水の改善涙目の防止、鼻づまりを解消する効果がありますよ(*^^*)

日頃から常備しておくならどれ?

日頃から常備しておく薬はアレグラかアレジオンがオススメです。
どちらもランキングでの評価が高く、特にアレグラは眠気などの副作用が出にくいのが特徴です。

効果が強すぎる薬では眠気に襲われることがあるようです。


また、鼻炎フィルムは財布などのスペースに入れて持ち運ぶことができるので携帯性が高いので常備しやすいでしょう。

おわりに

花粉症の薬は飲み薬、点鼻薬、フィルム形状のものなど様々な種類があることがわかりました。

また、薬の成分も治療の方向性によって変えることですぐ症状を抑えたり、
症状を緩和したりすることができます。

少し調べただけでも花粉症の薬はたくさん出てきますので、
オススメのモノから服用を始めて自分に合う薬を探してみてください!
薬のランキングや口コミもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。