インフルエンザ治療に画期的な薬といわれるタミフルは、よいことばかりではありません。

猛威を振るうインフルエンザ対策に作られたものなので、
副作用などの大きな不安材料も・・・「タミフルを服用して異常行動」といった報道もされました。

ここではそんなタミフルの副作用による子供の異常行動について紹介していきます!

<Sponsored Link>

タミフルの副作用とは?

tamiflu02

タミフルは、服用した患者の異常行為などがニュースで報道されたこともあるので
今でもタミフルはどこか「不完全な薬」と思っている方もいると思います。

タミフルが発売される前には、きちんと治験が行われており、
そこでわかった副作用としては以下のものです。

  • 腹痛(6.8%)
  • 下痢(5.5%)
  • 吐き気(3.9%)

%表示は発生頻度の数値を示しています。

以上がタミフルの服用による副作用で、これは多くの薬でも見られる副作用なのです。
したがって、タミフルだけに見られる副作用ではないのです。

しかしながら、ニュースで話題になっている異常行動
これを最も気にしている方が多いと思います。
この異常行動については、
発生頻度のわからない副作用」として位置づけられているようです。
内容については、薬の詳しい説明書(薬剤添付文書)にきちんと記載されているとのことです。

異常行動が果たしてタミフルと関係性があるのかどうかは、
今現在まだはっきりとわからない状態のようです。
しかし、タミフルを服用した患者の異常行動があったことは
紛れもない事実なので、究明してほしいものです。

タミフルを何かと一緒に摂取すると、異常行為に繋がる、
もしくは体調が影響しているなどいろいろな憶測があるようですが、
いずれきちんと明らかにされることでしょう。

また、タミフルの副作用にはこの他にも、肝機能障害をはじめ、
ショック症状や肺炎、急性腎不全などを起こす可能性もあるとのことです。
これらも全て頻度が不明となっているようで、細かな点まではまだ解明されていないようです。
こちらも説明書などに記載されているようなので、きちんと確認するようにしましょう。

いずれにしても、きちんと服用していてば問題はないと医師は言っているので、
何か誤った服用の仕方が異常行為に繋がった可能性も考えられます。

タミフルの副作用による子供の異常行動について

20130116kawaguchi01

タミフルは、インフルエンザに非常に効果のある薬なのですが、
上でも紹介したように問題視される「異常行動」との関係性が高まっています。
このように効果的な反面、タミフルは一部では疑われており、
医療現場では一刻も早くどうにかして欲しい!という声もあるようです。


タミフルの服用による異常行動によって、混乱が見られることもしばしばで、
一刻も早い結論が待たれているところなのです。
しかしながら、タミフルと異常行動についての関係性はまだ不確定な部分が多く、
決定的な答えが出せていないのが現状です。

タミフルの取り扱いなどに関するマニュアルには、以下のような文が記載されているようです。

精神・神経症状(妄想、せんもう、けいれん、嗜眠)が現れることがある。

これは明らかにニュースなどでも報道されている「異常行動」を意味しているかと思われます。
ただ、その頻度については不明とのことなので、
はっきりとした答えではないようです。
異常行動はタミフルに原因があるとも考えられるのですが、
例えば子供が高熱を出したときは、異常行動とまではいかないものの、
普段とは違う行動を起こすことがあります。

特にインフルエンザにかかった場合は高熱が出る可能性が高いので、
熱性せんもう」と呼ばれる幻視幻覚幻聴などを見ることがあるようです。
これらの症状と現実との区別ができず、異常行動をとってしまうことがあるようです。
実際の例としては、自分の好きなキャラクターがそこにいる!や
小さい動物がいっぱいいる!などと言ったりするそうで、本人には実際に見えているのです。

また、意味もなく笑ったりすることも、熱性せんもうの症状の特徴で、
意味不明な言葉を発することもあれば、急に叫び出すというケースも見られるようです。

タミフルが原因で異常行動が必ず起きるとは限りませんが、
どうしても心配な場合は漢方を飲むという手もあります。

昔は漢方を飲んでインフルエンザを治していたようです。
麻黄湯はタミフルと同等の効果があるとされているので
タミフルの服用に不安がある方は、こちらをもしもの時のために
常備しておくといいかもしれません。

まとめ

最後になりますが、タミフルの副作用によって起こされる異常行動なのですが、
タミフルだけが異常行動の引き金とも限らないのです。

ですから、タミフルを服用したときにはすぐ駆けつけられる距離に誰か1人いるようにしましょう。
異常行動があってからでは遅いので、きちんと観察するように心がけましょう。

また、異常行動が起きたら、焦らず早めに病院へ行くようにしましょう。
これが最適な方法であり、対処法でしょう。