低気圧になると雨が降ります。
雨が降ると体調が悪くなるという方は意外と多いようです。

昔から雨が降ると古傷が痛むという方がいますよね。
このような体調不良は人間の身体の仕組みと関係しています。

そのため、身体の状態がそのまま状態の良し悪しに直結するうつにも
低気圧は悪い影響を与えてしまうのです。

<Sponsored Link>

低気圧の日に体調不良になるのはなぜ?

2016-06-30b

低気圧の時の身体の状態で最もわかりやすいのは体内の水分や空気の状態です。
低気圧になると気圧が低い、つまり大気が全体的に薄く軽い状態になります。

そうなると周囲の大気がその外側から低い方へとなだれ込んできます。
これが人間の身体の中からも起こるのです。
人間の身体の中の流動的な液体である血液や肺の中の空気が
体内より薄い状態の大気中へと引っ張られる事になります。

そのため、血管は膨張して低血圧気味に、気道や肺も膨らみがちになる訳です。
身体中にエネルギーを運んでいるのは血液ですから
その循環効率が下がれば当然疲れやすく、
更には気道や肺が普段と違っているせいで身体の内側に圧迫を感じようになります。

これだけでも十分に身体にとっては辛いというのは分かりますよね。
更には人間には周囲の環境に身体をなじませようとする機能があるので、
身体は低気圧を感じ取るとさっそく身体を低気圧仕様に切り替えにかかります。

つまりわざと身体の機能を変化させ始めるのです。
このためいつも通りではない身体の状態を感じ取って体調不良となってしまうのです。

低気圧とうつの関係は?

低気圧になると身体の機能が低下してしまうのは先に述べましたが、
この時自律神経が低気圧に合わせて非活性状態に心身のトーンを落とします。

つまり自律神経の内の副交感神経の方を優位にして休眠状態に身体を近づけるのです。
そうなると当然人は何かをやろうと思えなくなります。


こんな風に大勢の方がうつ状態に陥ったという事をTwitter上でも呟いていますね。
これはなんら異常な事ではありません。
そもそも身体が休めと言っている訳ですから開き直って休んでしまう事も1つの手ではあるでしょう。

また、逆にこんな状態だからちょっと身体にカツを入れてやる!と思う方もいるかもしれません。

この状態は特に急激な変化で発生した低気圧であればあるほど顕著になるようです。
その場合は決してそれがおかしな状態ではなく、
自然な変化であるという事を理解して身体の変化を受け止める事が大切です。

低気圧アレルギーとは

低気圧による身体の状態変化にアレルギーに対する変化もあります。
花粉症やアレルギー体質に悩んでいる方にとっては
「いい加減にしてくれ!」と言いたいのではないでしょうか。

実は低気圧になるとヒスタミンの分泌が増えるのだそうです。
ヒスタミンは免疫活動を活性化する物質なので当然過剰に分泌されるとアレルギー反応が活性化されます。

つまりほんのちょっとした事で過剰にアレルギー反応を起こしてしまうのです。
雨が降れば花粉が飛ばないからと安心してたら
ヒスタミンのせいで全然安心出来ない事になっている訳です。

もちろん花粉症だけでなく、他のアレルゲンへの反応も強くなっているので、
アレルギー持ちの方は低気圧の時はよりいっそうの注意が必要です。

また、何かにアレルギー反応を起こしている訳でもないのに
鼻水が出たり頭痛がしたりする場合もあります。
これについては諸説ありますが、
低気圧ならではの身体の反応と思っておけば良いでしょう。
最近はこれらを総じて低気圧アレルギーと呼んでいるようです。

低気圧の体調不良に効果的な薬

2016-06-30c

実はこの低気圧で発生する体調不良に効果的な薬があるとされています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

それが乗り物酔いの薬です。

なぜかと言うと、この乗り物酔いという症状は
平衡感覚を司る内耳の感覚器官のストレスによるものなのですが、
低気圧を感じる器官の1つが正にこの内耳の感覚器官で、
低気圧でもストレスを感じてそれを脳に伝える役割をします。

つまり乗り物酔いと低気圧の体調不良とは原因が極めて似ているのです。
そのため、低気圧による体調不良を解決するのに乗り物酔いの薬が効くという訳です。


アネロン ニスキャップのお求めはこちら

実際に乗り物酔いの薬で乗り切っている方もけっこういるようです。
ただし、他の薬を服用されていたり、
現在進行形で何かの治療を受けているという場合は、
例え乗り物酔いの薬であろうともなんらかの影響があるかもしれませんので
掛かり付けのお医者さんに相談した上で服用してくださいね。