低体温はインフルエンザを患いやすくさせてしまう原因
となってしまうことがあるので、注意しなくてはいけません。
また、低体温は頭痛の原因になってしまうこともあるので、
頭痛に悩んでいる人は一度体温について確認してみても良いでしょう。

ここでは低体温とインフルエンザ、頭痛の関係性について紹介していきます!

<Sponsored Link>

インフルエンザと低体温の関係性

teitai3

低体温の人は体が冷えた状態になっていて、
平熱の人よりも免疫力が低下しているということがあります。
低体温になってしまうと免疫機能の中心となっている白血球の働きが弱まってしまうということが原因です。

白血球の働きが低下してしまうことで、
風邪などの感染症に対する免疫が低下してしまい、感染しやすくなってしまうのです。

人の体温と免疫力には密接な関係があり、あるデータによると、
体温が1℃下がると免疫力が30%ぐらい下がるといわれています。

風邪は普通感冒インフルエンザなどの流行性感冒の2種類にわけることができます。
普通感冒は喉や鼻、気管支の痛み、咳、鼻水、発熱、下痢、嘔吐などの症状があらわれます。
これに対してインフルエンザをはじめとする流行性感冒は、
39度以上の高温での発熱、筋肉の痛み、倦怠感などの症状があらわれます。

これらはどちらも低体温の状態では感染しやすくなってしまうのです。

熱がある場合で、無理に熱を下げようと体を冷やしてしまうと、
活性化している血球の動きを止めてしまうことになってしまいます。
よって、あまり熱が高くない場合、特に低体温の人は無理に熱を下げないということが対処としては理想的です。

インフルエンザ治療薬と低体温の関係性

インフルエンザの治療薬としてタミフルなどの薬があるのですが、
これらの治療薬の副作用の1つとして低体温があげらます。

インフルエンザの治療薬を服用した後、39℃以上あった高熱が急激に下がり、
35℃台、場合によっては35℃以下にまで体温が下がってしまったという例が数多く報告されています。
人は体温が35℃以下になってしまうと、死の危険性が高まります

また、インフルエンザの治療薬を服用した後、呼吸困難心肺停止を起こしたり、
異常行動を起こしたりすることが数年前から問題となっているのですが、
これは高熱から急に体温が下がり、低体温状態に陥ったことが原因の1つではないかと言われています。

低体温は免疫力を低下させるだけではなく、命にも関わる症状なのです。
特に、インフルエンザの治療薬のように、薬の力で高熱を急に下げてしまうことは、
体にとって大きな負担になります。
服用するときは副作用である低体温についてよく考えて服用するようにしましょう。

インフルエンザの治療薬を使わなくても、インフルエンザを完治することはできるので、
医師と相談した上で最善の治療法を行うようにしましょう。

まずは風邪やインフルエンザにかからないよう、免疫力を高めておくことをおススメします。
平熱が35℃台の人は、風邪やインフルエンザにかからないためにも体温を上げる努力をしましょう。
普段から適度な運動をするようにして、朝食をきちんと食べるこ
とで低体温を防ぐことができます。

また、体を温める根菜類や冬野菜などを積極的に食べるようして、
体を冷やす食べ物や飲み物を控えましょう。

体を温める野菜として定番なのは生姜ですね。
生姜湯を寝る前に一杯飲むと、足が冷たくてなかなか眠れないなどの
症状が和らいで、ポカポカして眠りにつけそうですね。

生姜湯が苦手な場合は生姜紅茶や
蜂蜜入りのものがオズズメですよ(*^^*)

低体温と頭痛の関係性

73672802_20

低体温で平熱が36度未満の状態の人は、頭痛が起こりやすいとされています。
これは低体温の場合、血行がとても悪いという特徴があるからです。

体が冷えてしまっていることで血行が悪く、
肩や首などの筋肉がこってしまい頭痛を引き起こすというケースと、
体が冷たいということそのものが原因となって頭痛が慢性化しているというケースが考えられます。

筋肉がこってしまっているという場合は、筋肉への血液不足が起きている状態です。
そしてこれ以外の場合は脳へ酸素や栄養を血液が十分に届けることができなくなっているという状態です。

また、女性の場合は生理中に頭痛を起こしてしまうということもあるのですが、
この頭痛も低体温と関係していることがあるので、一度体温を確認してみるようにしましょう。

低体温が原因で頭痛が起きている場合の対処として、
頭痛薬などの鎮痛剤を使うということはおススメできません
鎮痛剤には交感神経を刺激する働きがあるのですが、
この効果が逆に低体温を進行させてしまうという恐れがあるからです。

したがって、低体温の人の頭痛への対処法として、
まずは体温を上げるという低体温そのものの対処が重要になります。

そして、血行を良くするようにしましょう。低体温が改善されることで血行が良くなり、
自然と頭痛も治まってくるでしょう。

まとめ

最後になりますが、低体温は風邪やインフルエンザ、
頭痛だけではなくいろいろ病気の原因になり、命にも関わってくるです。

体温は36.5℃の平熱を維持するようにし、ウィルスに負けない健康な体を作るようにしましょう。