チアシードって聞いた事があるでしょうか?
豊富な栄養素を持ったスーパーフードとして注目を浴びています。

このチアシードは健康だけじゃなく、ダイエットも出来ると言われています。
いつの間にかお腹辺りがスッキリになっちゃうって話題の、
チアシードを紹介しますので、そのビックリ効果を知ってくださいね。

チアシードって何?

2015-04-16b

チアシードは、マヤやアステカなど古い時代から、
中南米で栽培され食べられている果実の種で、シソ科のミントの一種なんです。

黒っぽいブラックチアシードと白いホワイトチアシードがあり、
どちらも栄養が豊富で「水とチアシードさえあれば生きられる!」
って言われているほどです。

サラサラした小さな粒ですが、水を入れるとプルプルッ♪とゼリー状になります。
またプチプチした食感も残っていて、今までにない新食感なんですよ。

チアシードは、たんぱく質やミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富です。
また必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸や、
人の身体の中では作る事が出来ない必須アミノ酸、9種類の中の8種類も含まれています。

これって凄い事なんですよ!アミノ酸ってたんぱく質の事。
だから肉や魚、卵や乳製品には多いんですが、植物系には少ないんです。

ですが、チアシード1日分とされる量に含まれる8種類の必須アミノ酸は、
人が1日に必要とする量をちゃんと満たしているんです(^^)


チアシードでいつの間にか痩せられるって?

チアシードって食餅繊維も豊富に含まれています。100gで考えると、34gもあります。
これって他の穀物何かに比べるととっても多いのがわかります。

また不溶性の食物繊維が多く含まれているので、便秘の解消が出来るんです。
また、このチアシードの特徴が、プルプルゼリー状になるだけじゃなく、膨張するって事です。

水を入れて混ぜ放っておくと10倍にも膨らむそうです。
ですから、ここまで膨らませない間に食べても、
胃の中で膨らんで満腹になれちゃうんですね。

これはグルコマンナンという食物繊維のおかげなんですが、
こんにゃくなどにも含まれている物です。まだあります。

オメガ3という脂肪酸は、体脂肪を減らすのを手助けしてくれるんです。
最後大きな魅力が、チアシードはカロリーがとても低い事♪

カロリーを抑える為に食べないのではなく、
食べていながら食事量を抑える事が出来、便通も良くなり、
体脂肪も減る事で、いつの間にか痩せてた!って事になるんです。

これは、無理にカロリーを抑えたりしない、
理想のダイエットの仕方じゃないでしょうか。

チアシードの効果的な食べ方は?

チアシードって味がないんです。
無味なので、料理などに使っても、味を損なう事はありません。

チアシードの産地であるメキシコでは、
レモネードなどに入れて飲まれているようですが、その他にも食べ方はいろいろあります。

ただ、40℃以上のお湯だと、栄養分が逃げちゃうようなので、
チアシードに混ぜるのは水にする方が良いようです。

普通にご飯にふりかけたり、パンに入れて焼いたりも出来ますが、
ダイエットとして効果的な食べ方があります。

ヨーグルトと混ぜると、乳酸菌の働きで便通がもっとよくなります。
また寒天やゼラチンを使うのも、食物繊維をこれでもか!と摂れるのでお勧めです。

ジュースや低脂肪の牛乳にチアシードを混ぜて、寒天で固めます。
またフルーツや野菜で作るスムージーに混ぜても、
ビタミンや食物繊維が増えるので良いようですよ。

チアシードで理想的なダイエット

2015-04-16c

いかがでしたか?
チアシードでいつの間にか痩せる事が出来るって、わかってもらえたでしょうか?

またチアシードは、ダイエットだけでなく、健康にも良いのです。
疲労を回復し、コレステロールを下げる働きや、
貧血を改善する働きもあるようです。

まさにスーパーフードですよね。
ただ、チアシードを売っている店がまだ少なく、
海外から輸入する場合などもありますが、
粗悪な物が出回って、カビが混入していた事があったようです。

これは、チアシードの問題ではなく、商品の管理の問題なんですが、
輸入品を買う時は注意が必要ですね。

それに、充分膨らませないでたくさん食べると、
胃の中でかなり膨張してしまう事になるので、胃痛などが起こる場合があるようです。

膨らむ事を考えて、食べすぎには注意しましょう。
短期間で無理なダイエットをするより、
いつの間にか痩せる事が出来たという方が、身体には負担がなく長く続けられます。

チアシードを使って、理想的なダイエットをしましょう!