蓄膿症は鼻にだけ症状があらわれると思われているようのですが、
蓄膿症によって頭痛が起きる場合もあるのです。

蓄膿症による頭痛は、いったいいつまで続くのでしょうか?

ここでは蓄膿症による頭痛はいつまで続くのかや蓄膿症になってしまう理由、
そして注意しなくてはいけない蓄膿症の再発について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

蓄膿症による頭痛はいつまで続くの?

ID-10070268

蓄膿症による頭痛は、人によって数日間続いて長引く場合もあれば、
1日に何回も激しい痛みが襲ってくることもあるようで、
ほとんどの場合は1日中頭痛が続くようです。

蓄膿症の症状の中でもとくに厄介な症状が頭痛で、
蓄膿症による頭痛は激しい痛みを伴うので、仕事などにも悪い影響が出てしまい、
寝不足疲労につながるのです。

場合によっては、すぐにでも頭痛がおさまって欲しいときもあると思いますし、
頭痛がひどくて集中できなくなることもあるでしょう。

頭痛を和らげる方法はいろいろとあるのですが、
少しずつ和らげるためにツボを刺激することが効果的です。
ですから、少しでも早く和らげたいときはツボを指圧してみるようにしましょう。

そして、一般的に激しい痛みを伴う頭痛は急性の蓄膿症によるものです。
蓄膿症は慢性化してしまうと、神経が麻痺して痛みをあまり感じなくなる恐れもあるので気をつけましょう。
あまり痛みを感じなくなってしまうとかなり重症化していて、
常に鈍い痛みを感じているので、頭が正常に働いてくれません。
いきなり頭が痛くなることもあるので、鎮痛剤が手放せなくなるってしまと思います。

蓄膿症による頭痛は蓄膿症を治療をすることで緩和できるので、
病院へ行ってまず抗生物質を処方してもらいましょう。
抗生物質は炎症を和らげる効果があるので、
毎日きちんと飲み続ければ2~3日で頭の痛みも少しずつ引いていくでしょう。

ただし、蓄膿症が重症化してしまっていると、
抗生物質でもほとんど効果がない場合があります。
このような場合は手術をして治療するという方法しかなく、
市販の鎮痛剤も効果がなくなってしまうので、
頭痛がひどくなる前に病院へ行くことをおススメします。

頭痛も起きる蓄膿症になってしまう原因とは?

蓄膿症は、主に風邪による体の免疫力の低下ウイルスの感染などが原因で発症する病気です。
しかしながら、風邪は誰でも一度はなってしまったことがあるのに対して、
蓄膿症になる人は限られているのです。

この理由は、生まれつき蓄膿症になりやすい人とそうでない人は体質に差があるからです。

そして、蓄膿症になりやすい体質ができてしまう理由としては、
遺伝などの先天的要素と生活習慣や食生活などの後天的要素で変わってきます。
この他にも、姿勢が悪いといった日常生活のちょっとしたことが原因で
蓄膿症が発症するきっかけになるとも言われています。

このような要因がすべて蓄膿症なってしまう原因となるものなので、
病気への抵抗力が低い人は特に注意しなくてはいけません。

蓄膿症は再発してしまうことも多いので要注意!?

o-JOB-WORRIED-WOMEN-JAPAN-facebook

蓄膿症は一回治療することで完治する方もいるのですが、
何年か経ってから再発してしまう場合もあるのです。
特に慢性化してしまうと定期的に発症するため、
その度に耳鼻科へ行って治療を受けて薬 を処方してもらうことになります。

実は、蓄膿症は治療することで完治するという方よりも、再発してしまう方が多いのです。
蓄膿症は慢性的な病気と言うこともできるのですが、
再発する度に嫌な思いをすることになり、急性の蓄膿症から
慢性化してしまう場合も多いので気を付けなくてはいけません。

蓄膿症が再発した場合、また今までと同じような治療を受けることになります。
再発したら症状が重症化している恐れもあるので、そのまま放置することは絶対にやめましょう。
過去と同じように耳鼻科へ行き、治療として抗生物質を飲んだり
バキュームで鼻水を吸い出して症状を和らげていきます。

すでに何回か再発している場合は、薬の効き目が弱くなっている可能性があるので、
漢方を飲むようにすすめる病院もあります。
何回も蓄膿症の再発を繰り返していると、炎症が慢性化していることもあるので、
手術で治療に当たることもあるでしょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

自宅でできる対処法は鼻うがいです。
決まった濃度の塩水を専用のポットで鼻に流し込みます。
鼻の中に入ったホコリやウイルスも流してくれるので風邪予防にもなりますよ。
ネティポットの詳細はこちら

治療による完治が難しいという場合、再発を防ぐために定期的に耳鼻科で薬を処方してもらうか、
蓄膿症にかかりにくい生活リズムを作ることが大切になってきます。
したがって、ウイルスに対する抵抗力を高めることがポイントになってきます。

喉や鼻の粘膜に影響を与える行動や食べ物をなるべく控えるようにして、
栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。
免疫力を高めることができれば、風邪や鼻炎にかかる機会が少なくなるので、
蓄膿症が再発するリスクも減らすことができるでしょう。

まとめ

最後になりますが、蓄膿症による頭痛は人によって数日間続いて長引くこともあれば、
1日に何回も激しい痛みが襲ってくることもあるようで、
ほとんどの場合は1日中頭痛が続くようです。

また、蓄膿症は再発してしまうことが多い病気のようなので、
普段の生活習慣や食生活を見直して体の免疫力を高めて
少しでも蓄膿症の再発するリスクを減らすようにしましょう。