とびひ」という皮膚疾患をご存知ですか?
お子様にかかりやすいと言われているので、
子育て世代の方なら一度は耳にしたことがありますよね。

この皮膚の病気の症状や仕組みは、一体どのようなものでしょうか。
とびひの概要や、家庭でできる対処法についてお話しします。

<Sponsored Link>

とびひってどんな病気?

2016-09-23c

「とびひ」というのは通称で、正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」。
皮膚にぽつぽつと広がる様がまるで「飛び火」のようだということから、
こんな通称が定着しました。

主な症状としては、全身のあちこちに化膿した水疱やただれができること。
これは、皮膚の表面から黄色ブドウ球菌などの細菌に感染することにより生じます。

原因は、擦り傷や虫刺され、あせもなどのちょっとした外傷です。
小さな外傷が細菌感染し、
この感染した部位を掻きむしることで手指に細菌が付き、
その手で更に健康な皮膚に触れて、病巣部が広がっていくのです。

病院でのとびひの治療としては、
抗菌薬かゆみ止め抗炎症薬が配合された塗り薬を塗って完治を待つことになります。

細菌によって症状が異なる

とびひには、水ぶくれができる「水疱性膿痂疹」と、
炎症が強くかさぶたができやすい「痂皮性膿痂疹」の二種類があります。
この二つの違いは、感染する細菌が異なることです。

水疱性膿痂疹は黄色ブドウ球菌に感染することにより起こる症状で、
痂皮性膿痂疹は溶連菌に感染することで起こります。

日本で見られるのは水疱性膿痂疹の方が圧倒的に多く、
こちらは子供に多いとされています。
数は少ないですが、痂皮性膿痂疹については、
子供よりも大人の方がかかりやすい傾向があるのだそうです。

これらの細菌はどこにでもいる常在菌のため、
健康な人なら少し触れたくらいで感染を起こすことはありませんが、
抵抗力が弱っていると皮膚のバリア機能が低下し、とびひを起こしやすくなります。

つまり、バリア機能が正常に働いている人に
とびひが伝染することはあまりありませんが、
相手も弱っていると、うつる可能性があるということですね。

とびひになる前に痒みを止めよう

とびひがなぜ夏によく見られるかというと、
夏はあせも虫刺されが多くなるためです。

では、虫刺されやあせもがとびひに進行する前に治してしまえば、とびひ被害は抑えられますよね。

虫刺されでおなじみのムヒシリーズには、
赤ちゃんにも使えるムヒベビーがあります。

これを使って虫刺されが大きくなる前に痒みを抑えておけば、
掻きむしりを我慢できない赤ちゃんやお子さんのとびひを予防することができるでしょう。

また、大人でもとびひしやすい体質の人なら、
痒み止め成分が強力なムヒアルファEXがよく効くようです。


強力ゆえとてもしみるため、お子様には使わない方が良いかもしれません


大人でもかなりしみるという声がちらほら聞かれますね。

馬油やワセリンが効くって本当?

よく、とびひ治療に馬油やワセリンを塗って保湿すると効く、
という話がありますよね。
この真偽はどうなのでしょうか。

馬油といえば、ドラッグストアなどでよく見るこちらが有名ですね(*^^*)

ワセリンといえばこのパッケージが思い浮かぶのではないのでしょうか?
こちらは黄色ワセリンという種類のワセリンです(*^^*)
白色ワセリンよりは精製度が低いので肌荒れなどが心配な場合は
こちらの白色ワセリンをお使いくださいね。
パッケージに白色ワセリンと書かれているのでわかりやすいです。
ドラッグストアなどで手軽にお買い求めできます(*^^*)

とびひになる前のあせもや、
広範囲に広がっていないごく軽いものなら、
これらの油脂類を使って保湿することで自然治癒力が働き、
そのまま放置するよりも治りを早めてくれます。

方法としては、患部に馬油やワセリンを薄く塗り、
食品保存用のラップフィルムを巻いて保護します。
そして、毎日ラップを剥がして患部を洗い、
新たな馬油やワセリンを塗る、というのを続けるのです。

この方法で患部が常に潤った状態になり、
原因菌に対する抵抗力が上がってとびひが治るというメカニズムだそうです。

ただ、この方法は、痒さを我慢できない小さいお子さんや、
とびひが悪化している人には向きません。
この場合は、何も塗らずに皮膚科の診察を受けるようにして下さい。

まとめ

2016-09-23b

いかがでしたでしょうか。
とびひの症状や原因、治療法についてお伝えしました。

とびひは一度かかるとなかなか治らない病気としても知られています。
そのため、発症後に治療するよりも、予防に努めた方が早いとも言えます。

とびひ予防のためにできることと言えば、
その大元となる虫刺されやあせもを予防することが一番です。

例えば、虫に刺されないように虫よけ剤や蚊取り線香などを上手に活用したり、
あせもにならないように皮膚を清潔に保ち、通気性の良い服を着るなどが有効です。

また、あせも、虫刺されができても掻きむしらないようにして迅速に治したり、
痒み止めを塗ることもとびひ予防になりますね。

小さいお子さんに掻かないようにさせるのは難しいものですから、
お母さんが上手に対処してあげることが大切なのです。