宴会シーズンの強い味方として有名なウコンですが
飲むタイミングはどうしていますか?
お酒の前、それとも後、どちらが正解なのでしょうか。

これからウコンのお世話になる機会が増えるという人も、きっといると思います。
そんな人のために、今回はウコンについてお話しします。

<Sponsored Link>

ウコンのおさらい

2016-12-01b

ウコンは、ショウガの仲間の生薬の一つ。
ショウガの仲間らしい形をした、根の部分を利用します。

使い道としては漢方薬として使用されるほか、
インドではスパイスにも用いられます。

ウコンと一口に言ってもいくつか種類があり、
春に花が咲くものを春ウコン
秋に花が咲くものを秋ウコン
の部分が紫色をしたものを紫ウコンと言います。

漢方薬や健康食品に使われるのは
春ウコンと秋ウコンの2つで、
これらには成分に大きな違いがあります。

黄色みが強い秋ウコンは英語でターメリックと呼ばれ、
苦みが強くないためカレーやお菓子に使われます。
この黄色成分はクルクミンと言って、
肝機能を強化してくれる働きを持ちます。

春ウコンはとても苦みが強いため、
料理などには使われずに漢方薬が専門になります。

それほど黄色が強くないことからわかる通り、
クルクミンの含有量は秋ウコンより少ないですが、
たくさんの精油成分が含まれているため、
健康効果は秋ウコンに劣りません。

この成分や特徴の違いから、使い方も全く異なってきます。
肝機能を強化するクルクミンが豊富な秋ウコンは二日酔い対策に、
そして春ウコンは胃を丈夫にしたり
内臓全体を健康にする精油成分が摂れるため、
日ごろの健康増進に用いられます。

効果的な飲み方は

効果的な飲み方は、どんな効果を得たいかによって変わってきます。

二日酔い対策としてウコンを飲む場合は、
お酒の前に飲むことをおすすめします。

前もって身体にウコンを入れておくと、
その後に入ってきたアルコールを効率よく分解できるからです。

また、クルクミンは脂溶性の成分なので、
油ものと一緒に摂るとより良いとされています。
飲み会の前に少し油ものをつまんで、
その後にウコンを飲んでからお酒を飲むと良いですね。

胃の調子を整える目的で飲む場合は、食後が良いとされています。
ウコンの中でも特に春ウコンは、
消化を促進するだけではなく、口臭予防などにも効果を発揮します。

普段の健康づくりのためにはいつ飲んでも良いので、
自分が飲みやすいタイミングで飲むと良いでしょう。

副作用ってあるの?

さて、気になるのはやはり副作用ですよね。

まず、元々肝臓病を患っている人や、
妊婦さんはウコンの服用を控えるべきです。

肝臓の働きを増進するウコンは、
疾患のある肝臓には負担が大きいことがありますし、
妊婦の場合は流産や早産を招く可能性があるからです。

また、ウコンに対してアレルギーがある人や、
お腹に刺激が強すぎて下痢などを引き起こす体質の人も中にはいるようです。

そんな人は、ウコンの摂取自体を控えた方が良いでしょう。

誰にでも出る副作用はありませんが、
やはり健康食品なので人によって合う合わないがありますね。

二日酔い対策はこちらの記事もご参考に♪

おすすめウコン飲料

ここで、あまり名前は知られていないけれど
おすすめのウコン飲料をご紹介します。

翌ケロゴールドという名前の飲料で、
沖縄産のウコンを生絞りして瓶に詰めたという商品です。

「翌日ケロッとしている」という意味のネーミングなのでしょうか、
これはいかにも効きそうですよね。


「効く」という口コミ多数です!


飲みやすさなんて考えてないというのがまた、効果を期待させますよね。


残念ながら、実店舗では
沖縄の一部店舗でしか取り扱いが無いのですが、
楽天市場の琉球フロントOnlineShopなどの沖縄系セレクトショップや、
ケンコーコムなどの大手通販ドラッグストアを利用すれば、全国どこでも配送してもらえます。

まとめ

2016-12-01c

いかがでしたでしょうか。
これからのシーズンに出番が多くなりそうな、
ウコンの効能などについてご説明しました。

「カレーが食べたくなるのは風邪の前兆」
という話を聞いたことがありませんか?

これは、免疫力が低下して風邪を引きそうになると、
それを正常化するために無意識に身体がクルクミンを欲するからだそうです。

ウコンに豊富に含まれるクルクミンは、
抗酸化作用があり免疫力を高めてくれます。

日常的にカレーを食べている私たちの身体は、
カレーにそんな効果があることをちゃんと知っているということですね。

ウコン=二日酔い、というイメージがありますが、
お酒を飲まない人にとっても嬉しい効果をもたらしてくれるということがわかりますね。

このように、確かに身体に良いと実感できるウコンを、
サプリメントドリンクなどで上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。