うつ病とは、見た目にはわかりにくい精神的な病気なので、
その分治療も難しいものです。

服薬での治療はもちろんありますが、効果が出るのに時間がかかるうえに、
特に他の病気等でも服薬していると、薬の副作用なども気になります。

そんなうつ病には、実は食事療法が効果があるのです。
自然の力を利用して、食事の改善でうつ病が改善されれば手軽で安全ですね。

今回はそんなうつ病に効く食事療法についてお伝えします。

うつ病とは

2015-05-28b

うつ病は誰もがかかる可能性がある
日本ではゆうに100万人を超える人がうつ病と診断されており、
その他にも潜在的なうつ病患者を考えると数百万人が該当すると言われています。

この数字を見ると、いかにうつ病が
誰にでも起こりやすい病気かがわかりますね。

うつ病は、誰もがいつでもかかる可能性のある病気です。
あなたがもし「うつ病かも?」と思ったときは、
それは何もおかしいことではなく、まずは素直に受け止めるようにしましょう。

 どんな人に起こりやすいの?
うつ病は誰にでも起こるとはいえ、なりやすいタイプの人はいるのでしょうか。
もちろん、どんな性格の人にでも起こる可能性はありますが、
一般的には「真面目・几帳面」「責任感が強い」「気が弱い・優しい」
「相手に気を配る・繊細」なタイプの人がうつ病になりやすいと言われています。

あなたが周囲からのプレッシャーやストレスを
敏感に感じ取ってしまいやすかったり、
仕事や家事・育児など何にでも完璧を求めるような責任感の強いタイプだと要注意です。

 うつ病ってどんな症状?
うつ病には様々な症状がありますが代表的なものとしては、
理由もなく気分が落ち込んで悲しい気分になったり、
倦怠感がとれず何に対しても無関心、更には生きていることにも
意味が見出せなくなる、というものが挙げられます。

また、頭も冴えず仕事の効率も落ち判断力も鈍ったり、
食欲がなくなって睡眠不足睡眠過多に陥ったりすることもあります。

これらは脳の中にある神経伝達物質の中で、
特に感情や意志を伝達する物質がストレスや
プレッシャーによって減ってしまうことが原因と考えられています。

うつ病だなと思ったら

まずは受け入れる
上記のような症状が現れ、うつ病かもしれないと思ったら、
医者に行きしっかり見てもらいましょう。

そして、うつ病は誰にでもなり、治すこともできるものですので
うつ病を受け入れ、治療に専念しましょう。

食事療法の方法
うつ病の原因となる、減ってしまった脳の神経伝達物質を
増やしてあげることで、元通りの気持ちや考え方に戻すことが出来ます。

気持ちをつかさどる神経伝達物質は、
セトロニンという物質ですが、これらはアミノ酸からできています。

つまり、アミノ酸を多く摂ることでセトロニンの量を増やし、うつ病が改善されるのです。

アミノ酸を多く含む食品は
アミノ酸はタンパク質に含まれていますので、
肉や魚などの動物性タンパク質と、豆腐や納豆などの植物性タンパク質をバランスよく摂取しましょう。

更に、バナナやヨーグルト、牛乳などもアミノ酸が含まれていますので摂取がおススメです。

ヨーグルトにバナナを添えるとGOODですね!

食事は一日三回バランスよく摂るようにしましょう。
特に朝食は三食の中でも最も吸収が良いので、必ず食べるようにしましょう。

無理は禁物
アミノ酸がうつ病に効くとはいえ、
あまり考えすぎずに可能な範囲で実行しましょう。

うつ病の時は、あまり無理をするとそれが精神的により
大きな負担となり逆効果です。

食事も、一日に一回はタンパク質の多く含まれる食品を摂るのが
ベターですが、他の食事では好きなものを食べたりその日の気分によって調整しましょう。

まとめ

2015-05-28c

うつ病には、アミノ酸を多く摂ることで
脳の神経伝達物質を増やし改善できることがわかりました。

しかし、ストレスやプレッシャーがうつ病の最大の敵です。
食事療法も、無理をせず楽に摂りいれられる量からスタートするようにしましょう。