恵方巻きに使われている具材を、あなたは知っていますか?
なんとなく見ている恵方巻きにもいろんな決まりがあるんです。

そして、今流行っているのが「ヴィーガン」なのですが、
絶対菜食主義のヴィーガンをどこまで知っていますか?

今回は恵方巻きの決まりと、ヴィーガンについてをご紹介。
さらにヴィーガンでも食べられる恵方巻きもお教えします!

簡単なレシピと、それから2017年の方角もお伝えしていきますから、
次の節分はこの記事を読んでヴィーガン恵方巻きを食べてみませんか?

<Sponsored Link>

恵方巻きにはどんな具材が使われてる?

恵方巻きには決まりがあって、7種類の具材が使われています。
この7という数字の由来は七福神からきているんですよ。
福が来るように」と太巻きで作るのも恵方巻きの決まりです。

具材の種類は7つと決まっていますが使うものに決まりはありません。
ただ、やはり縁起の良いものを使うことの方が多いですね。

一般的には、しいたけ、うなぎ、かんぴょう、えび、だし巻き、
でんぶ、きゅうり、他にツナやレタスが使われることもあります。
頭の中で具材を組み合わせてみると恵方巻きらしい色合いになりますね。
鮮やかな彩りで日本らしい食べ物の雰囲気を感じるでしょう。

もちろん、上に書いたもの以外を具材として使うのもアリですよ。
時にはカニカマ、油揚げ、マグロ、サーモンが入っていることも。
ウナギの代わりにアナゴを使っているところもあるほどです。

シャキシャキ感を出すためにレンコンを入れたりしますし、
恵方巻きはおいしく食べられるよう日々考えられているんです。

こちらの記事もどうぞ♪

今流行りのヴィーガンが食べられる恵方巻きって?

今、日本でも話題になっているのが絶対菜食主義のヴィーガン
ベジタリアンは野菜が好きで野菜中心に食べている人ですが、
ヴィーガンは絶対菜食主義という文字通り野菜だけを食べます。x

しかも、ヴィーガンはベジタリアンより食べられるものが少ない上、
着るものさえ限られてくるのでもっとハードルが高いんですよ。

ヴィーガンはとにかく菜食主義を追求していて、卵も食べません。
動物を食べなくても生きていかれるという考え方をしているからです。
肉や魚も当然食べませんし、乳製品や蜂蜜も口にしないんですね。
動物だけじゃなく動物が作り出すものも食べないということ。

着るものにまでこだわっている、というのも特徴のひとつ。
ウール、毛皮、革製品、これらは一切身につけません。

ここでSNSに投稿されているヴィーガンのメニューを見てみましょう。
https://twitter.com/tkchan_s2/status/806094234415570944

そんなヴィーガンの人たちが恵方巻きを食べるには…。
“野菜だけを入れて作ったものを食べる”しかないですよね。
野菜だけですので、もちろんだし巻きやカニカマもNGです!

さきほど挙げた具材の中で食べられるのは、しいたけ、きゅうり、
レタス、油揚げ、それからかんぴょうくらいですね。

オススメレシピはコレ!2017年の方角は北北西!

ヴィーガン恵方巻きを作るには具材選びが大切になります。
具材で縁担ぎをするのは難しいので数にこだわりましょう。

それでは、ヴィーガン恵方巻きでよく使われる具材を紹介します。

しいたけ、にんじん、かんぴょう、高野豆腐、大根、三つ葉、
きゅうり、きぬさや、大根、紅しょうが、大豆、などです。
ここから好きな具材を7種類選び、恵方巻きを作りましょう!

野菜だけだと味気ないので、少し炒めるとおいしいですよ。
この時にちょこっと調味料をふりかければよりおいしくなります。


あとはうまく巻ければ完璧ですから、動画を参考にしましょう。
慣れないうちは焦らずゆっくり巻いていって下さいね。
きれいに巻ければ野菜だけの恵方巻きでもかなりきれいに見えますよ!

恵方巻きを食べるなら、2017年の方角は北北西です。
北北西のやや右がベストなので、その方角に向かって食べましょう。

方角がわからない!という場合はコンパスがオススメですよ。
今は100円ショップでもコンパスが気軽に買えますから、
あらかじめ買って準備しておけば方角に悩むことはありません。

まとめ

何気なく見ている恵方巻きにもいろいろな決まりがあったんですね。
7種類の具材は七福神から、太巻きなのは福が来るから。
知らないことばかりで驚かされますし、勉強にもなります。

縁担ぎの具材が使えないのは残念ですがヴィーガンでも、
恵方巻きを食べられるというのは嬉しい話ではないでしょうか。
すでにヴィーガン恵方巻きを何度か経験している人もいますし、
ヴィーガン恵方巻きを販売しているお店もあるので要チェックです!

あとは当日、使える具材を7種類使って恵方巻きを作ったら、
北北西からやや右寄りに向かって一気に食べていきましょう。

恵方巻きは、喋らず一気に食べるのが決まりなんです。
味わって食べられないのは残念ですが決まりなので仕方ないですね。
再び注目を浴び始めている恵方巻きをヴィーガンでいただきましょう!