ここ最近、花粉症対策の薬として人気があるのがザイザルという薬で、
花粉症によって引き起こされるいろいろな症状を和らげてくれます。

しかし、どんな薬にも副作用のリスクはあるもので、
やはりザイザルにも眠気や倦怠感などの副作用のリスクが多少なりともあるのです。
今回は、ザイザルの眠気や倦怠感といった副作用について詳しく紹介していきます!

ザイザルの眠気や倦怠感など副作用とは?

140131_1

ザイザルという薬は、24時間その効果を発揮するといわれていて、
基本的に1日1回の服用でよく、副作用が少ないので医師から処方されることが多い薬です。

しかし、どんな薬にも副作用はあるもので、ザイザルの副作用の1つとして、
ザイザルに含まれる抗ヒスタミン薬が眠気を引き起こす可能性があるようです。
人によっては眠気をつよく感じる場合があるので、
自動車を運転するときなど危険を伴う機械の操作は避けなくてはいけないのです。

また、飲酒によっても副作用の眠気倦怠感などがつよくあらわれることもあるようなので注意しましょう。

ザイザルの眠気や倦怠感の副作用

ザイザルの副作用は比較的少ないと言われているのですが、
やはり全くないということはなく、ザイザルにも副作用はあるようです。

ザイザルの主な副作用としては、眠気倦怠感疲労頭痛
口の乾き吐き気食欲不振めまいなどが報告されています。
このような症状があらわれたら、担当の医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ザイザルには副作用としてこのような症状も含め、以下のような症状があらわれることがあるようです。

  • 眠気、だるい、頭痛、頭重感
  • 口の渇き、吐き気、食欲不振
  • 倦怠感、めまい、浮遊感、不眠
  • 動悸、血圧上昇、不整脈

そして、ザイザルには重大な副作用があらわれることがまれにあり、以下のものが報告されてるようです。

ショック、アナフィラキシー様症状

  • 気持ち悪い
  • 冷汗
  • 顔面蒼白
  • 手足の冷え
  • しびれ
  • じんましん
  • 全身発赤
  • 顔や喉の腫れ
  • 息苦しい
  • めまい
  • 血圧低下
  • 呼吸困難
  • 目の前が暗くなり意識が薄れるなど

けいれん

  • 筋肉の痙攣
  • ふるえ
  • 白目
  • 硬直
  • 全身の痙攣
  • 意識の低下や消失など

重い肝臓の症状

  • だるい
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 発熱
  • 発疹
  • かゆみ
  • 皮膚や白目が黄色くなる
  • 尿が褐色
  • 全身の倦怠感など

血小板減少症

  • 血豆・青あざなどの皮下内出血
  • 歯肉出血
  • 血尿
  • 血が止まりにくい
  • 鼻血
  • 歯ぐきの出血
  • 皮下出血など

ザイザルを服用して、以上のような症状があらわれた場合、
すぐに担当の医師に連絡するようにしましょう。

また、まれにですがいかのような症状があらわれることもあるようなので、
この場合は服用をやめてすぐに病院へ行って診療を受けるようにしましょう。

  • 呼吸困難、血圧低下、蕁麻疹・・・
    ショック、アナフィラキシーの初期症状の可能性があります。
  • 筋肉の部分的な痙攣・・・けいれんの初期症状である可能性があります。
  • 全身の倦怠感や食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる・・・
    肝機能障害や黄疸の初期症状である可能性があります。
  • 鼻血、歯ぐきの出血、皮下出血・・・
    血小板減少の初期症状である可能性があります。

このような症状以外でも何か気になる症状があらわれた場合、すぐ医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、ザイザルの主な副作用としては眠気や
倦怠感があらわれる人が多いようなのですが、
人によって眠気があらわれない人もいるようです。

ザイザルという花粉症の薬は、よく「ジルテック」と比較されることが多いのですが、
ザイザルは「ジルテック」と比べて眠気や倦怠感などの副作用が少ないと言われています。

ザイザルを飲んでも全く眠気を感じないという人もいるようで、
抗ヒスタミンの効果や副作用はやはり個人差があるようです。
抗ヒスタミン薬を服用して眠くなるという人、寝る前に飲むようにするなど
工夫して副作用によって生活に支障を来たすことがないようにしましょう。

ザイザルは市販では手に入れることができません。

ドラッグストアなどで買えるザイザルの代わりとなる薬としてアレグラが挙げられます。
通販でも購入が可能なので運が良ければドラッグストアよりお得に買えちゃうチャンスありかも!?